ページの先頭です

掲載日:2021年4月30日

基礎編

みずほ銀行で始める積立投資

みずほ銀行で始める積立投資

「投資というと数十万円、数百万円以上のまとまったお金が必要なのでは…?」と考える方もいらっしゃるでしょうが、実はもっと少額から始められます。それが積立投資です。

資産運用について「まとまった資金がない」・「何に投資したらいいか分からない」・「いそがしくて運用できない」とお考えの方に、無理なく始められる「積立投資のキホン」を紹介します。

積立投資とは?

積立投資とは、毎月一定の金額をコツコツと積み立てる投資方法です。少額から投資できるため、いつでもすぐにスタートできます。

投資に興味があるけど、「まとまったお金を持っていない」「いつ買ったり、売ったりしていいのか分からない」といった方にもおすすめの投資方法といえるでしょう。

積立投資のメリット

積立投資には、以下のようなメリットがあります。

少額から始められる

先ほどご紹介したように、積立投資は少額から始めることができます。例えば、みずほ銀行のみずほ積立投信では毎月1,000円から積み立てが可能です。

手軽に継続できる

積立投資は、購入する金融商品についてあらかじめ「毎月○日に△円買う」と決めておくことで、その後は自動で買付が行われますので、ご自身で情報を収集したり、売買取引を行ったりする時間・手間をかけることなく、手軽に投資を続けることができるのです。

安定した運用ができる

積立投資の投資方法は、「長期投資」と「分散投資」が基本になります。長期投資とは、金融資産を数年単位の長い期間にわたって保有し続ける投資方法です。分散投資とは、投資する資産やタイミングを分散する投資運用の方法です。この2つの投資方法を実践することで、大きな損をすることなく、安定して資産を伸ばすことができます。

また、「複利」という利息の効果があるので、積立投資をはやく始めれば始めるほど、お得になるのです。「長期投資」「分散投資」「複利」についてもっと詳しく知りたい!という方は、「関連記事」からご覧ください!

関連記事

劇的に差がつく複利運用の効果!単利との違いは?

資産を運用していくうえで、欠かせないのが「複利」の力です。この「複利」をどう運用に活かすか次第で、将来の資産が大きく分かれるといっても過言ではありません。

時間を味方につける「長期投資」とは?メリットとともに解説!

資産運用について、「毎月のお金に少し余裕が出たら考えよう」・「まとまったお金ができたらやってみよう」という方は多くいます。しかし、運用元本(金額)と同じように「運用する期間(時間)」は大切です。

「分散投資」で賢く投資!

投資に興味を持ちながら投資未経験の方のほとんどが「やってみたいけど、失敗したくないな…」と考えているのではないでしょうか?しかし運用期間中に商品価格が値下がりするリスクは避けて通れません。

ページの先頭へ