みずほ第一フィナンシャルテクノロジーみずほ第一フィナンシャルテクノロジー

One MIZUHO 未来へ。お客さまとともに

サステナビリティ関連

サステナビリティ関連

サステナビリティについて

企業の経営においては、環境や社会への貢献を意識し、事業活動を進めていくことが必要です。また、投資家においても同様です。近年、こうしたサステナビリティ(持続可能性)の観点から、SDGs/ESGにおけるリスク評価や、TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)などの開示における取組みが重要度を増してきております。

当社のソリューション

TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)定量化アドバイザリー

事業会社における移行リスクに関わる定量分析の支援や、金融機関における移行リスク及び物理的リスクの定量化アドバイザリーを行います。
特に地域金融機関向けには、地域特性やお客さまポートフォリオを考慮した業種毎のシナリオ分析(移行リスク)及び気温上昇における各種災害の定量評価(物理的リスク)を元に、気候変動が与信ポートフォリオに与える影響額を試算いたします。

サステナビリティスコアモデル

SDGsに関する各種データを基に独自のスコアリングモデルの開発を手掛けております。内外の同業種比較や、業種間比較による事業ポートフォリオ戦略のご検討などに、ご活用頂くことができます。

投資・運用におけるESG

ESGなど、投資・運用におけるESG取組みの支援を行っております。
また、ESGに付随するリスクヘッジ関連の先行研究にも取り組んでおります。

スマート農業分野での取組み

当社は脱炭素化社会の実現に向けて、イノベーションの取組に果敢に挑戦する企業として「ゼロエミ・チャレンジ企業」リスト(経済産業省)に掲載されております。詳しくはスマート農業におけるデータ分析・AI活用をご覧くださいませ。

ページの先頭へ