みずほ第一フィナンシャルテクノロジーみずほ第一フィナンシャルテクノロジー

One MIZUHO 未来へ。お客さまとともに

社長挨拶

代表取締役社長 武藤雅俊

新しいテクノロジー開発のスピードが加速する今日、各業態のビジネスモデルが変わりつつあります。「見える化」により事実の詳細な把握が可能になり、更に情報量の蓄積と分析手法の深化によって、これまで見えなかったものが見えるようになってきました。
みずほ第一フィナンシャルテクノロジー(以下、MDFT)は、数理科学をバックグラウンドとしたスペシャリストの専門集団です。金融工学を中心にスタートした会社ですが、その後のテクノロジーの進歩に対応してビッグデータ分析、機械学習、AI等の新たな技術も積極的に取り入れてきました。今では金融プロダクトのモデル構築やリスク管理手法の開発から、各種予測ビジネスや事業ソリューションの提供、資産運用技術の開発に至るまで、業務分野が大きく拡がってきています。

私たちMDFTの目指すところは「お客さまのビジネス判断に直結する、分析とモデルの提供」です。

これを実現するためには、金融工学や統計学のみならず、最新の分析技術を実践的に習得し、かつ目的に向かって最適な手法を選択することが必要です。MDFTには、それを可能とする高度かつ知識吸収力のある人材が揃っています。

更に重要なのは、「それらの分析技術を実世界のビジネスにおいて活かす技術」です。
MDFTは、日本を代表する銀行・保険会社を親会社として持つ他、そのグループ会社として証券会社・アセットマネジメント会社も抱えており、多方面に渡る金融関連ビジネスや、その他のお客さまの事業に関わる実践的な案件を数多く手掛けてきました。

私たちは、このような好環境を活用しつつ、これからもビジネス知識と日々進化する技術力を有機的に結び付けてお客さまのニーズを満たす、更にはそのニーズを越える結果を出すことを目標としていきたいと考えています。

ロボットやAIがこれまで人間がやってきた仕事や判断を代替する、という現実が既に始まりつつあります。現在はロボット化やAI化への過渡期であり、今後、データ分析力・予測力やモデル構築力の重要性はますます高まっていくでしょう。
私たちMDFTは、ビジネスにこだわるスペシャリストの専門集団として、これからも日々変化していくビジネスの発展に貢献していきます。

ページの先頭へ