ページの先頭です

掲載日:2023年9月22日

便利なアプリ・サービス

ライフプランはどう作る?FPへの相談やツールを活用するメリットを解説

ライフプランはどう作る?FPへの相談やツールを活用するメリットを解説

人生には、結婚や出産、マイホームの購入など様々なライフイベントがあり、大きなお金が必要になることもあります。今後のライフイベントに備え、ライフプランを作っておくことで将来への見通しを立てることもできます。そのため、ライフプランの作成や相談を検討している人も多いのではないでしょうか。

本稿では、ライフプランの概要やライフプランを作るメリット、ライフプランの作り方などを解説します。あわせて、シミュレーションツールの活用や、FP(ファイナンシャルプランナー)に相談するメリットなども詳しく解説するので、ライフプラン作りを検討している方はぜひ参考にしてください。

ライフプランとは?

ライフプランとは、将来のライフイベントや環境の変化などを予想して、どう生きていくかを計画することです。例えば、結婚や出産、マイホームの購入、退職などライフイベントの種類は様々です。

ライフイベントはライフスタイルに変化をもたらすだけでなく、お金がかかります。そのため、ライフプランを作成し、将来にわたって必要となる資金をある程度把握することで、余裕をもって資金の準備ができるようになります。

ライフプランを作るメリット

ライフプランを作ることでどのようなメリットが得られるのでしょうか。ここでは、ライフプランを作るメリットを3つ解説します。

将来必要になるお金を把握できる

具体的なライフプランを作っておくことで、将来必要となるお金を具体的に把握できるというメリットがあります。ライフイベントには様々な種類があり、その都度お金がかかります。いつ、どのくらいのお金が必要になるのかを把握することができるため、将来に備えて資金を準備しやすくなる点は大きなメリットでしょう。

また、将来に向けた適切な行動がしやすくなり、ライフイベントが実際に起こった際に資金が足りなくなるという問題も発生しにくくなります。

ライフイベントを計画通りに実現しやすくなる

ライフプランは絶対的な目標ではありません。しかし、ライフプランを作っておくことで事前にライフイベントのためのお金の準備ができます。そのため、計画通りにライフイベントを実現しやすくなるというメリットがあります。

やりたいことや目標、夢を実現させるためには、お金が必要になることも多いです。ライフプランを立てることで、計画したイベントのために必要な金額・時期が把握できます。多額の費用が必要となることの多いライフイベントには、ライフプランを作ることが重要です。

お金に対する不安の解消につながる

ライフプランを作ることにより、将来的に必要となるお金をしっかりと数値化できるため、お金に対する漠然とした不安の解消につながる点も大きなメリットです。ライフプランを作ることで、将来に向けて何をすべきかが明確になるため、アクションを起こしやすくなります。

また、将来の資産が可視化されることで、課題を数字として把握できるため、将来の展望が描きやすくなることもメリットです。将来が見通せるようになるため、未来への不安やプレッシャーを軽減できるでしょう。将来やお金への不安を解決する方法としても、ライフプランの作成は有効です。

記事イメージ

【年間1,000件以上の家計相談からみえた!】20代・30代・40代のライフプランと人生が変わる資産形成術

ライフプランニングは日本語にすると「人生設計」で、長い人生の中で、いつ、どのようなライフイベントがあり、お金がいくら発生するのかを考えていくことになります。

続きを読む

ライフプランを作らないことの影響

逆に、ライフプランを作らないことで、以下のような影響が考えられます。

必要のない出費が増えてしまう

ライフプランを作っていない場合、将来どのくらいのお金が必要になるのかを把握しにくくなります。ライフイベントに向けてどの程度のお金を準備しておけば良いのかが分からないため必要な時にお金が足りなくなってしまったり、無駄な出費が増えてしまったりする可能性があるでしょう。

必要のない出費が増えて十分な資金を準備できなかった結果、やりたいことが実現できないというケースもあります。また、老後の資金が不足してしまい充実したセカンドライフを送れないなどの結果を招いてしまう場合もあるため、まずは、ざっくりとでも良いのでライフプランを作ることが重要です。

漠然とした不安を抱え続けてしまう

ライフプランを作らないことで、漠然とした不安が解消できないという影響もあります。例えば、「いついくら必要になるのか分からない」「将来に向けて何を実践すればいいのか分からない」といった不安を抱えている人もいるでしょう。ライフプランを作らずにいると、漠然とした不安が解消できず抱え続けることになるため、精神的にもよくありません。

また、老後の不安があるというケースもあるでしょう。一般的に、老後は現役時代のような収入を得ることが難しくなるため、年金で足りない分を手元の資金を切り崩したりして生活する場合も少なくありません。豊かな老後を過ごすためにはどのくらいの資産が必要なのか、そのために今のうちから何をすれば良いのかなど、多くの不安や疑問を抱えている人も多いでしょう。

このように、ライフプランを作っていないと将来のライフイベントにどの程度のお金が必要なのかが把握できません。今後、お金に関する悩みを抱え続けて精神的に追い詰められないためにも、ライフプランを作ることが大切です。

ライフプランの作り方

では、どのようにライフプランを作成すれば良いでしょうか。ライフプランの作り方は大きく分けて2つです。ここでは、ライフプランの作り方について詳しく解説します。

FPに相談する

まずは、FPに相談してライフプランを作る方法です。FPとは「ファイナンシャルプランナー」を略した言葉で、将来のライフプランニングに合わせた資金計画やアドバイスを行ってくれるお金の専門家を指します。FPの仕事内容としては、個人の収支・負債・家族構成や資産状況をもとに、ライフプランニングのアドバイスや家計に関するアドバイスなどを行うことがメインです。その他にも、不動産や税金、資産運用、相続などに関わる相談やアドバイスも行います。

FPは大きく、企業系FPと独立系FPの2種類に分けられます。企業系FPとは銀行や生命保険会社などの金融機関に勤務しているFPです。企業系FPは自社の商品の提案や販売を目的としており、原則として無料で相談を受け付けています。独立系FPはFP事務所を経営して相談サービスを提供するFPです。独立系FPの場合は基本的に相談料金がかかります。

シミュレーションツールを活用する

シミュレーションツールを活用して自分でライフプランを作ることも可能です。シミュレーションツールとは、現在の収支状況やライフイベントを入力して、将来の資産状況を具体的にシミュレーションできるツールです。

みずほ銀行では資産形成のシミュレーションツールとして、「ライフデザイン・ナビゲーション」を無料で提供しています。現在の収支状況や実現したい夢、趣味ややりたいことなどを入力することで将来のお金の動きが明確になるだけでなく、実現に向けた対策の提案もしてくれるなど、気軽にライフプランを作ることが可能です。

ライフプランの相談をFPに依頼するメリット

FPにライフプランの相談をするメリットは何なのでしょうか。ここでは、2つのメリットを解説します。

プロの視点から客観的なアドバイスをもらえる

お金の専門家でありライフプランを作るプロでもあるFPに相談することで、客観的なアドバイスがもらえるというメリットがあります。プロの視点から見た正確な現状把握や診断、分析を行ってくれるため、主観や感覚ではなくデータに基づいたアドバイスが受けられる点は大きなメリットでしょう。

さらに、分析をもとにした適切なアドバイスがもらえるため、ライフプランを実現するために必要なものや不要なものの判断がつきやすくなります。具体的なアクションプランの提示などもしてくれるため、将来に向けて行動を起こしやすくなる点もメリットです。

自分では気付けない課題や解決策が見つかる

また、自分ではなかなか気付けない課題が見つかったり、問題の解決策を提示してくれたりすることもFPに相談するメリットです。例えば、現状のお金の使い方などは自分で見直しが難しいでしょう。FPに相談することでお金の使い方など、自分では見えない問題点をFPが見つけ出してくれます。

また、課題や問題を解決するための具体的な方法も教えてくれるため、今後すべきことや取るべき行動が明確になります。今まで気付けなかった課題を見つけ出し改善することができるため、気付かないうちに損をしていたということも防げるでしょう。

ライフプランの相談をFPに依頼する際の注意点

ライフプランの相談をFPに依頼する際には、注意したいポイントもあります。ここでは、2つの注意点を解説します。

相性が良いFPを探すのに時間がかかる可能性がある

FPと一口にいっても、それぞれ経験や専門分野などが異なります。人それぞれに相性があるように、FPと顧客間にも相性があるので、相性の良いFPと出会うのに時間がかかってしまう可能性があることは視野に入れておきましょう。

FPの選び方について詳しくは後述しますが、自分に合ったFPを探すためには専門分野や経験をチェックしておくことが大切です。依頼する前に、専門分野などを確認しておき自分が求める経験やスキルを持っているかをチェックしておきましょう。また、すべてのFPがそうではありませんが、顧客視点に立ったアドバイスではなく、売ることを重視するFPもいるため注意が必要です。

相談料金がかかる

FPに相談する場合には費用がかかるケースもあります。前述したように企業系FPは無料で相談を受け付けているケースも多いですが、独立系FPの場合には基本的に相談料金がかかることも考慮しましょう。

相談料金はFPによって異なります。相談料金の相場をしっかりと確認し、相場と比較した際に高すぎたり安すぎたりしないかをチェックしておくと良いでしょう。一般的に、1時間あたりの相談料金の相場は5,000~20,000円程度です。

ライフプランをシミュレーションツールで作るメリット

先ほどライフプランをシミュレーションツールで作ることも可能であると解説しましたが、ここでは、シミュレーションツールを使うメリットを解説します。

自分の資産や収入に関する個人情報を他人に知られない

シミュレーションツールなら、自分の資産や収入といった個人情報を他人に知られずに済むというメリットがあります。シミュレーションツールでは、現在の収支状況などをツールに入力するだけで簡単にライフプランが作れます。すべてを自己完結できるため、個人情報を他人に開示する必要がありません。

ライフプランを作りたいけれど、FPとはいえ他人に資産状況を明かすのに抵抗があるという人もいるでしょう。シミュレーションツールであれば、自分1人でライフプランが作れるため、気軽に試せるというメリットがあります。

場所や時間を選ばずにシミュレーションできる

シミュレーションツールは、場所や時間を選ばずに利用できることも大きなメリットです。パソコン等を利用して簡単にシミュレーションできるため、インターネット環境があれば24時間どこからでも利用可能です。

普段仕事や家事などで忙しくて、なかなかFPに相談できないという場合もあるでしょう。シミュレーションツールなら、ちょっとした隙間時間や夜間等でも利用できるため、普段忙しい人であっても手軽にライフプランを作ることができます。いつでも手間なくシミュレーションできるため、誰にでも使いやすいツールです。

自分のライフプランや資産状況に変化があった場合、その都度気軽にプランの修正・見直しができる

資産状況に変化があった場合などは、ライフプランの見直しが必要となります。FPと相談しながらライフプランを作っている場合には、FPに相談する時間を作らなければならないため、気軽な修正や見直しが難しいでしょう。

一方、シミュレーションツールであれば、自分で現時点の収支状況や資産状況などを入力してシミュレーションすることが可能です。そのため、資産状況に変化があった場合でも、その都度気軽にシミュレーションできます。ライフプランの修正や見直しが気軽にできるため、自分の現状に合ったライフプランを作りやすいという点はメリットです。

ライフプランをシミュレーションツールで作る注意点

シミュレーションツールで自作した内容が正しいのかどうか判断が難しいケースもあるでしょう。その場合には、FPへの相談と併用するのもおすすめです。また、シミュレーションツールを利用する際には年金や保険などの金額をあらかじめ把握して、正しい数値を入力する必要もあります。

ライフプランを作るタイミング

ライフプランはいつ作れば良いのでしょうか。ここでは、ライフプランを作るタイミングについて解説します。

20代・30代の人生の早い段階

ライフプランを作るタイミングとしては、まず20代・30代などの早い段階があげられます。人によって異なりますが、20代・30代は結婚や出産などの大きなライフイベントが起こりやすい時期です。そのため、大きなライフイベントに備えてあらかじめライフプランを作っておくと良いでしょう。

20代・30代という早い段階でライフプランを作り、準備を始めておくことで、大きなライフイベントが起こった場合にも対応しやすくなります。

環境や収入が変化したとき

例えば、起業・独立、転職や退職などによって、収入や環境に大きな変化が起こる場合もあるでしょう。そのタイミングで、ライフプランを作ることは大切です。ライフプランは収入や環境などに左右されるため、収入に大きな変化があった場合はライフプランを作り直しましょう。

また、独立して個人事業主になった場合には、退職金などもありません。そのため、将来のライフイベントや老後などに備えて計画が必要になります。

ライフプランの相談をFPに依頼する際に知っておきたいポイント

ライフプランの相談をFPに依頼する場合は、FPの選び方や依頼する際の流れなどを把握しておきましょう。

FPの選び方

FPにライフプランを相談する際は、FPの選び方が重要です。ここでは、FPを選ぶ際のポイントを解説します。

FPの専門分野・資格を確認する

先ほど少し触れましたが、まずは、FPの専門分野や資格を確認しましょう。FPにはそれぞれ専門分野や得意分野があります。そのため、事前にどのような分野を専門にしているのかを確認しておくことが重要です。相談したい内容を専門にしているFPであれば、より具体的で的確なアドバイスを受けやすくなります。

また、FPの保有資格も確認しておくと良いでしょう。FPの資格としては国家資格であるFP技能士や民間資格であるAFP資格、CFP資格などがあります。1級資格などを持っているFPならしっかりとした知識やスキルがあると判断できます。企業系なら所属している企業も確認しておきましょう。

FPの実績を確認する

FPとしての実務経験年数を確認することも大切です。豊富な実績があるFPであれば相談対応件数が多いため、より分かりやすい説明やアドバイスをしてくれる可能性が高いです。

また、多くの経験を積んでいるFPなら、様々な視点から問題点を見つけ出してくれたり、アドバイスをしてくれたりする可能性も高いでしょう。FPへの相談が初めてという場合には、特に実務経験や実績が豊富で多くの相談を受けているFPを選ぶと安心です。実績はウェブサイトなどに記載している場合が多いため、あらかじめ確認しておきましょう。

相談料金を確認する

FPに相談する場合には、無料相談と有料相談があります。有料の場合には、相談料金を相場と比較してみましょう。相場と比較して高すぎる場合には注意が必要です。高いからといって優れているとは限らないため、相場と大きく乖離していないかを確認しましょう。1時間あたり5,000~20,000円程度が相場ですが、依頼を考えている複数のFPを比較して適正かどうか判断する方法もあります。

無料の場合にはコストをかけずに済むため手軽に相談可能です。ただし、相談内容によっては保険や金融商品など特定商品の勧誘や購入を、望んでいないのにしつこくすすめられる可能性もあります。

顧客視点でアドバイスをしてくれるか確認する

顧客視点でアドバイスをしてくれるFPかどうかも、FP選びの重要なポイントです。顧客の相談内容を正確に理解し、顧客のためのしっかりとしたアドバイスをしてくれるかどうかも確認しましょう。

思ったようなアドバイスや提案が受けられないと、適切なライフプランが作れない可能性もあります。自己中心的な解決方法を提示してくるFP、特定の商品をすすめてくるFPなどは避け、知識と経験・実績の豊富なFPを選ぶことをおすすめします。顧客目線に立てるFPを選ぶことで、最適なライフプランを作ることができます。

他の専門家とのネットワークを構築しているか確認する

他の専門家とのつながりがあるかどうかも重要です。ライフプランの相談をする際には、FP以外の専門家に協力してもらわなければいけないケースも出てきます。例えば、税金対策を行いたい場合には税理士と連携して対応してもらわなければいけません。または、遺産分割などなら弁護士というように、他の専門家に協力を依頼するケースも珍しくありません。

他の専門家との間にネットワークを構築しているFPなら、相談内容に合わせて柔軟な対応が期待できます。スムーズに連携が取れることで、最適なライフプランを作ることができるため、専門家とのネットワークがあるかどうかは必ず確認しましょう。

面談の形式を確認する

FP相談には、店舗型・訪問型・オンライン型の3つがあります。

店舗型とは店舗に出向いて相談をするタイプです。店舗型は予約なしでも相談を受け付けているため気軽に利用しやすくなっています。ただし、知識があまりない担当者にあたる場合もあるため注意が必要です。

訪問型はFPに自宅に来てもらって相談するタイプです。じっくり相談できるというメリットがありますが、担当者との調整が必要になります。

オンライン型はパソコンなどの画面越しで相談を受け付けるタイプです。ネット環境があればどこからでも相談できますが、オンラインですべて完結できないケースもあります。

FPに依頼する主な流れ

ここでは、FPに依頼する際の流れについて解説します。

1.相談先となるFPを探し依頼を行う

まずは、相談先となるFPを探して依頼する必要があります。FPを探す方法としては、インターネットで検索したり日本FP協会のホームページなどで探したりする方法があります。自分に合いそうなFP、相談したい内容に合っているFPを複数ピックアップしましょう。複数のFPをピックアップして、相談料金や得意分野などを比較します。

相談するFPを決めたら、依頼をしましょう。依頼の際には、相談料金やライフプランの作成料金、依頼する際に必要なものがあるかどうかなどを聞いておくと安心です。相談しに行ったのに必要な情報や書類がなくて、適切なアドバイスを受けられなかったとならないよう注意しましょう。

2.ライフプランの相談を行う

FPにライフプランの相談を行います。相談に行く前に、何を聞きたいのかをしっかりとまとめておくと良いでしょう。何に悩んでいるのか、将来の目標ややりたいことなどを具体的に話すことによって、より具体的で適切なアドバイスがもらえるようになります。

相談内容や資産、収支状況があいまい、今後の夢や目標などが具体的でないと、分析や評価がしにくくなります。そのため、悩みや将来の夢、収支状況などはできるだけ具体的にしておくことが大切です。

3.ライフプランを作る

ヒアリング内容をもとにして、FPが現状把握から分析を行い、ライフプランを作ってくれます。課題点や問題点を見つけ出し、改善策や解決策などを具体的に含めたプランをFPが提案してくれるため、相談しながらベストなライフプランを作っていきます。

この際、必要に応じて貯蓄のアドバイス等ももらえるため、思ったように貯蓄ができない、無駄を省いてお金を準備したいという場合には相談すると良いでしょう。

現状のライフプランの分析・実行支援

ライフプランは作って終わりではありません。ライフプランを実行することになりますが、この際、FPによるサポートが受けられます。例えば、課題点を解決するために各種手続きを代行してくれたり、他の専門家を紹介してくれたりするなど、スムーズにライフプランを実行できるようにサポートしてくれるため安心です。

また、定期的なライフプランの見直しなどにも対応してくれるため、収入や環境が変わった場合にも相談しやすいでしょう。

シミュレーションツールを使ってライフプランを作る場合のポイント・注意点

ライフプランを作るシミュレーションツールには、様々なものがあります。そのため、機能や使い勝手をチェックしておきましょう。簡単な操作でシミュレーションできることも重要ですが、必要な機能が揃っていることも重要です。

また、想定していなかったイベントが起こった場合には、その都度シミュレーションをやり直しましょう。ツールを使ってライフプランを作る場合は、自分で柔軟に修正や調整をする意識を持つことが大切です。定期的に見直すことも重要となるため、一度シミュレーションして終わりではなく状況に合わせて見直します。

作り方が分からない、使い方が難しいという場合には、FPやツールの提供元に相談してみましょう。

まとめ

ライフプランとは、将来のライフイベントや環境の変化などを予想して、どう生きていくかを計画することです。ライフプランを作ることで、将来必要になるお金を把握しやすくなり、お金に関する不安の解消につながります。

ライフプランを作る方法は、FPに相談する方法とシミュレーションツールを使う方法があります。シミュレーションツールは、気軽にライフプランを作ることができるため忙しい人にもおすすめです。シミュレーションツールとFPを併用する方法もあるため、自分に合った方法でライフプランを作りましょう。

(記事提供元:株式会社WACUL)

  • *本稿に含まれる情報の正確性、確実性あるいは完結性をみずほ銀行が表明するものではありません。
    また、個別の表現については、必ずしもみずほ銀行の見解を示すものではありません。
    最新の情報をご確認のうえ、ご自身でご判断いただくようお願いいたします。
  • *記事内の情報は、本記事執筆時点の情報に基づく内容となります。

関連記事

【初心者・年代別】おすすめの資産運用の方法や重要ポイントを解説

将来に備える目的で資産運用をしたいと考えている人も多いでしょう。しかし、資産運用の具体的な方法が分からなかったり、どのように始めれば良いか不安を感じたりしている人もいるのではないでしょうか。

ライフプランとは?ライフプランを作る目的やメリットを紹介!

ライフプランとは、住宅購入や教育費、働き方や、老後の過ごし方など、人生における様々な場面や生き方を、資金面を含めて具体的に計画することです。

ページの先頭へ