ページの先頭です

掲載日:2023年8月7日


無担保ローンとは?種類や特徴から知っておきたいポイントまで分かりやすく解説

PC用アイキャッチ画像 SP用アイキャッチ画像

無担保ローンとは、担保がなくてもお金を借りられるローンです。無担保ローンはいくつかの種類があり、どれを選べば良いか迷う方もいるのではないでしょうか。


本記事では、無担保ローンの種類や特徴、使うときに知っておきたいポイントを分かりやすく紹介します。無担保でお金を借りたいとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。


無担保ローンとは担保なしでお金を借りられるローン

無担保ローンとは担保なしでお金を借りられるローン

無担保ローンは契約時に担保を必要としないローンです。担保が必要なローンは有担保ローンと呼ばれます。


「担保」とは返済が困難になった場合への備えとして、債務者(借りる側)が債権者(貸す側)へあらかじめ差し出すもののことです。債務者が返済できなくなった場合、担保から資金回収されるため、債権者は貸し付けた資金が回収できなくなるリスクを防げます。


また、担保には人的担保と物的担保が存在します。


人的担保は保証人をさし、債務者が返済できなくなった場合、保証人が債務者に代わり支払をします。


物的担保には不動産や有価証券等があり、返済できなくなった場合は物的担保が金融機関等に提供され、支払にあてられます。


無担保ローンの種類

主な無担保ローンにはカードローンやフリーローン、目的別ローンがあります。また、クレジットカードのキャッシングも無担保ローンの一種です。


無担保ローンを種類別に解説します。


カードローン

カードローンは銀行や消費者金融等の金融機関が提供する、個人向け融資サービスです。カードローンで借りたお金は原則として使い道が制限されず、契約時に定められた利用限度額の範囲内ならば繰り返し借り入れできます。


また、利用限度額は審査によって個々に設定され、利用限度額が大きいほど金利は低く、小さいほど金利は高くなる傾向があります。


フリーローン

フリーローンも原則として、借りたお金の使い道が自由なローンです。ただし、カードローンと異なり、多くの場合は資金使途を確認されます。事前に使い道を決めて、請求書や契約書等資金使途を確認する書類が必要です。


また、お金を一括で借り入れて、一定額ずつ返済する点もカードローンとの大きな違いです。フリーローンで追加融資を希望する場合、新しく借りる金額を決めてローン契約をします。


目的別ローン

目的別ローンは住宅ローンやマイカーローン、教育ローン等、特定の目的で使うためにお金を借りるローンです。借入時には資金使途を確認され、請求書や契約書等の資金使途を確認する書類の提出が必要になる場合があります。


なお、多目的ローンはカードローンやフリーローンと比べると、金利が低い傾向がある点も特徴です。


クレジットカードのキャッシング

クレジットカードのキャッシングは、代金の支払決済に使うショッピング枠とは別で設定されるキャッシング枠を使ってお金を借りる方法です。クレジットカードにキャッシング枠の設定があれば、提携するATM等でお金を借りられます。


クレジットカードにキャッシング枠が設定されていない場合は、申込をし、審査に通過するとキャッシングが利用可能になります。


カードローンやフリーローン、目的別ローンと比べて借りられる上限が低く、金利は高い傾向にあります。


無担保ローンの特徴とは?

無担保ローンの特徴とは?

ローンを申し込む際は、ローンの特徴を理解して自分の目的に合ったローンを選ぶことが大切です。ここでは、無担保ローンの特徴を紹介します。


有担保ローンよりも早く借りられる傾向がある

無担保ローンは、有担保ローンと比較すると審査が早く済む傾向にあります。


有担保ローンの場合は審査時に本人の返済能力だけでなく、担保の価値や保証人の返済能力も確認するため、時間を要するケースが多くなります。


無担保ローンは、担保や保証人に関する手続きがないため、有担保ローンと比べると早く借りられます。急な出費があった場合等、急ぎの際にも利用できます。


ローン申込者の信用力や返済能力が審査で重視される

無担保ローンは担保が不要な代わりに、ローン申込者本人の信用力や返済能力が審査時に重視されます。


金融機関は信用情報機関へローン申込者の信用情報を照会し、他社からの借入状況や今までの返済履歴・滞納歴等を考慮して審査を実施します。


信用力や返済能力に問題があると判断されれば、審査通過が難しくなります。過去の滞納歴が信用情報に残っている場合等は、特に注意が必要です。


金利が高めに設定されている

無担保ローンは担保を設定しない代わりに、金利が高く設定される傾向にあります。


返済が滞り、回収できない事態に陥っても、無担保ローンは債権回収に使える担保がありません。金利を高くすることで、金融機関が貸したお金を利用者から回収できなくなるリスクに備える仕組みです。


金利が高いと利息の負担が大きくなるため、より計画的な利用が必要です。


インターネットから利用申込できるものもある

無担保ローンの中には、申込や契約・借入・返済等の手続きがすべてインターネットで完結し、窓口へ行かずに利用できるサービスも多くあります。


パソコンやスマートフォンからいつでも利用を申し込め、店舗へ出向く必要もないため、手間がかからないのも特徴です。


無担保ローンを利用する際に知っておきたいポイント

無担保ローンを利用する際に知っておきたいポイント

無担保ローンでお金を借りる際は、返済計画を立てて利用し、延滞時のリスクも把握しておきましょう。


お金を借りる目的によっては、有担保ローンの方が適しているケースもあるため、借りやすさだけで判断せず、最適な方法を選択しましょう。


返済計画を立てて利用する

お金を借りると、元本に利息を上乗せした金額を返済する必要があるため、返済計画を立てて利用することが重要です。


毎月いくらずつ返済していくか、いつまでに完済するか等、しっかり完済までの計画を立てておきましょう。


ローンを提供している金融機関では、月々の返済額や返済期間から返済総額をシミュレーションできる場合があります。お金を借りる前にはシミュレーションも活用し、返済計画を考える際に役立てましょう。


延滞すると利用停止や遅延損害金が発生する

期日までに返済をしない場合は延滞になり、利用限度額に達していなくても追加で借りることができなくなります。延滞分を支払わなければ、利用停止の解除がされません。


また、支払が遅れた日数に応じて遅延損害金も支払わなければならず、負担が増えてしまいます。遅延損害金は、一般的に通常の適用金利よりも高い利率に設定されているため、返済の負担が大きくなってしまいます。


延滞してしまうと信用情報に登録され、クレジットカードやローンの審査を受ける際に影響を及ぼす可能性があります。


利用目的によっては有担保ローンの方が良いこともある

利用目的によっては、無担保ローンよりも有担保ローンでお金を借りる方が適しているケースもあります。


無担保ローンで借りられるのは数十万から多くても1,000万円ぐらいまでですが、担保を設定する有担保ローンなら、より大きい金額・低い金利での借入が可能です。


例えば、住居取得が目的なら、その住宅を担保とする住宅ローンを契約すれば1,000万円以上のお金を20年・30年と、長期にわたって低い金利で借りられます。


様々なローンを比較して、目的に合ったローンを選択しましょう。


みずほ銀行カードローンも無担保ローンの一つ

みずほ銀行カードローンも無担保ローンの一つで、保証人も不要です。インターネットから申込や審査の結果確認が可能なため、窓口に出向く手間がかかりません。


インターネットからの申込なら、24時間いつでも手続きを受け付けており、お忙しい方にもご活用いただけます。


カードローンをご利用の際は、利用限度額や金利等の契約内容をしっかり確認しましょう。また、過剰な借入は避け、無理なく返済できる金額をお借り入れください。


まとめ

無担保ローンは、借入時に保証人や財産等の担保を必要としないローンで、カードローンやフリーローン、目的別ローン等が該当します。


借入時の審査が早く済み、インターネットから手続きが完結するサービスもあるため、便利です。しかし、金利は有担保ローンに比べて高い傾向があります。


お金を借りるときは返済計画を立てて様々なローンを比較し、自分の目的に合うものを選びましょう。


監修者情報

監修者情報


内山貴博(うちやま・たかひろ)

大学卒業後、証券会社の本社で社長室、証券業務部、企画グループで5年半勤務。その後FPとして独立。金融リテラシーが低く、資産運用に保守的と言われる日本人のお金に対する知識向上に寄与すべく、相談業務やセミナー、執筆等を行っている。
日本証券業協会主催「投資の日」イベントや金融庁主催シンポジウムで講師等を担当。
2018年に日本人の金融リテラシー向上のためのFPの役割について探求した論文を執筆。


他の人が次に読んでいる記事

ページの先頭へ