ページの先頭です

これからのおかねのはなし

あなたの人生にはいつ、どのくらいのお金が必要になるでしょうか。
毎日の生活はもちろん、結婚や子育て、マイホーム購入など、ライフイベントではまとまったお金が必要となるため、計画的に準備しておくことが大切です。

人生100年時代を生きるために。

現代は「人生100年時代」。あなたの人生に、いつ、どのくらいのお金が必要になるのかを確認しましょう。

ライフステージとライフイベント 20代、就職、結婚。結婚にかかる費用、約470万円。30代、お子さまの誕生。出産費用、約49万円。育児費用、約50万円(1歳~3歳/年間)。住宅購入。マンション購入、約4,250万円。建築住宅購入、約3,320万円。住宅リフォーム工事費、約301万円。40代、お子さまの成長。中学〜大学までの10年間の教育費用、約752万円〜約1,395万円。すべての国公立の場合、約752万円。全ての私立の場合、約1,395万円。50代、お子さまの独立。お子さまの結婚援助、約189万円。60代、退職・セカンドライフ。老後のゆとりのための毎月の不足額、約14.5万円。25年間で、約4,350万円。70代~、お孫さまの成長。育児用費の援助、約50万円(1~3歳/年間)。

出所はこちら

<世代別>お金の準備の始め方

働きながらこれからお金を準備していく世代はまず自分がいくら貯めればよいのかを知ること、蓄えてきたお金でこれからを生きていく世代は自分の持っているお金が足りるかを知ることから始めましょう。

<20代~40代のお金の準備>
お金をいくら貯めればよいかを知る
<20代~40代のお金の準備>
お金をいくら貯めればよいかを知る

20〜40代のお金の準備イメージ

  • (※1)ゆとりのあるセカンドライフを送るための毎月の不足額を約14.5万円とした場合の25年間の不足額
  • (※2)日本経済団体連合会「2016年9月度退職金・年金に関する実態調査結果」

ただし、上の例はあくまで老後資金のために必要な準備です。実際は並行して住宅資金や教育資金、日々の生活費も考え、マネーライフプランをたてることが大切です。
つみたてNISAやiDeCo(個人型確定拠出年金)など、資産づくりを応援するさまざまな制度も活用し、目標に向けて計画的に準備しましょう。

積み立てについてもっと知りたい方はこちら

よくわかる!積み立てのポイント!

「人生100年時代」…貯金はもちろん必要だけど、計画的な資産運用も当然考えるべき。「でも何からはじめたらいいのかわからない」という方が、積立投資の基礎から学べます。

つみたてNISA(積立ニーサ)とは

長期の積立・分散投資を通じた資産形成を後押しするために創設された税制優遇制度です。

個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)について

公的年金に上乗せして自分で老後資金を準備できる制度です。掛金の額が所得控除の対象になるなどの税制メリットが魅力です。

資産運用に関するご相談

店舗でのご相談

お近くの店舗をお探しの方

ATM・店舗のご案内

<50代からのお金の準備>
自分のお金が足りるかを知る
<50代からのお金の準備>
自分のお金が足りるかを知る

50代からのお金の準備イメージ

(※3)夫婦・パートナー2人のゆとりある生活費/月((公財)生命保険文化センター平成28年度「生活保障に関する調査」)から夫婦・パートナー2人の公的年金(厚生労働省 平成27年度「厚生年金保険・国民年金事業の概況」)を除いた不足額

ただし、上の例はあくまで生活費に必要な金額で、実際は自宅のリフォームや趣味の旅行などのお金も必要になることがあります。また、インフレが起これば、将来思っていた金額でモノが買えなくなることもあります。
準備した金額で不足する場合には、いまあるお金を「ふやす」ことを検討することも必要かもしれません。NISA(少額投資非課税制度)など、個人の投資をサポートする制度を上手に活用して必要資金を準備しましょう。
また、手元にまとまったお金があったとしても、あえて積立投資を活用する方法もあります。一度に大きなお金を投資するよりも投資するタイミングを分散することで、リスクを抑えることができる場合もあります。

資産運用に関するご相談

店舗でのご相談

お近くの店舗をお探しの方

ATM・店舗のご案内

資産運用についてもっと知りたい方はこちら

資産運用のポイント

これから資産運用をはじめる方に知っていただきたい情報を集めました。

少額投資非課税制度(NISA(ニーサ)・つみたてNISA(積立ニーサ)・ジュニアNISA)

金融機関に投資収益が非課税となる口座を設定し、その口座で「公募株式投資信託」「上場株式」等に投資すると「配当所得」「譲渡所得」が非課税となる制度です。

基礎から学ぶ投資信託講座

はじめて資産運用を行う方にもわかりやすいよう、投資信託を基礎から解説します。

基礎から学ぶ外貨預金講座

通貨によって異なる金利によって運用する外貨預金。基本的なしくみと注意点などを解説します。

積み立てについてもっと知りたい方はこちら

<出所>
<結婚>ゼクシィ結婚トレンド調査2016<出産>厚生労働省「第78回社会保障審議会医療保険部会配布資料(平成26年)」<育児>一般財団法人こども未来財団「平成17年度子育て家族の経済状況に関する調査研究」<住宅>住宅金融支援機構「2015年度フラット35融資利用者の主要指標」<学費>文部科学省「平成26年度子供の学習費調査」日本政策金融公庫(国民生活事業)「教育費負担の実態調査結果(平成28年度)」<リフォーム>国土交通省「増改築・改装等実態調査結果」(平成20年公表)より住宅の内装の模様替え工事と、屋根・外装の塗り替え工事の平均費用の合計額<結婚への援助>ゼクシィ結婚トレンド調査2016<老後>(公財)生命保険文化センター平成28年度「生活保障に関する調査」厚生労働省平成27年度「厚生年金保険・国民年金事業の概況」公益社団法人全国有料老人ホーム協会「平成25年度有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅に関する実態調査研究事業報告書」(平成26年3月)

その他のお役立ちコンテンツ

50代から考える、これからの暮らしとおかねのはなし

ページの先頭へ