ページの先頭です

運用時

確定拠出年金では、加入者・運用指図者が自らの判断で運用指図を行っていきます。

確定拠出年金の運用

運用商品

預貯金

金融債

信託会社への信託

有価証券

生命保険・共済

損害保険商品

その他政令で定める要件に適合しているもの

運用方法

上記「運用商品」の中から、一つもしくは複数の商品を自ら選んで、運用

課税関係

運用益は非課税

  • *ただし、年金の積立金に対して特別法人税(1.173%/年)が課税されますが、現在は凍結中です。

運用商品に関する注意事項

  • 運用関連業務を行う運営管理機関は、リスク・リターン特性の異なる3種類以上の商品を提示します。
  • 選定・提示する商品数の法令上限は35本です。
  • 運用商品には、お客さまにご負担いただく手数料ならびに元本割れのリスクなどがある商品も含まれており、そのリスクは、お客さまの自己責任となる点を十分ご理解いただきますようお願いします。

このウェブサイトは、みずほ銀行が信頼できると判断した2017年1月1日現在の諸データに基づいて作成しておりますが、その正確性、安全性を保証するものではありません。従って、表記された制度概要や想定される主なサービス等については、今後変更となる場合があります。

ページの先頭へ