ページの先頭です

掲載日:2023年8月7日


キャッシングとは?カードローンとの違いも比較して分かりやすく解説

PC用アイキャッチ画像 SP用アイキャッチ画像

急にお金が必要になった場合、キャッシングの利用も選択肢の一つです。


本記事では、キャッシングの意味やクレジットカードのキャッシングとカードローンの違い、どちらを選ぶ方が適しているかを解説します。


ご自身の状況やニーズに合わせて最適な方法を選択することが大切です。


キャッシングとは?

「キャッシング」とは、広い意味ではお金を借りることやお金を借りられるサービスを指す言葉です。


また、狭い意味では、クレジットカードのショッピング枠とは別に使える「キャッシング枠」を「キャッシング」と呼びます。


カードローンでお金を借りることもキャッシングと呼ばれるため、混同されやすいです。ここでは、クレジットカードのキャッシングとカードローンについて、それぞれ解説します。


クレジットカードのキャッシング

クレジットカードのキャッシングとは、クレジットカードに付帯するお金を借りられるサービスです。


クレジットカードには、代金の決済に使うショッピング枠の他に、キャッシング枠があります。既にクレジットカードにキャッシング枠が設定されていれば、新たな手続きは不要でお金を借りられるようになります。


キャッシング枠が設定されていない場合は申込をし、審査に通過すればキャッシング枠が設定され、お金を借りられます。


カードローン

カードローンは個人向けのローンで、主に銀行や消費者金融等が提供しています。利用限度額の範囲内なら、繰り返し借入可能なサービスです。


カードローンの利用限度額は審査で個別に決められ、利用限度額の設定が大きいほど、適用される金利が低い傾向があります。


クレジットカードのキャッシング機能とカードローンの違い


クレジットカードのキャッシングとカードローンを比較すると、カードローンの方が利用限度額は高い傾向にあります。


クレジットカードのキャッシングでは利用限度額が100万円以下の場合が一般的ですが、カードローンは1万円~800万円ほどです。


また、カードローンはクレジットカードのキャッシングより金利が低い傾向にあります。


クレジットカードのキャッシングでは金利の相場が年15.0~18.0%程度であるのに対し、銀行カードローンは年1.5〜15.0%、消費者金融カードローンは年3.0〜18.0%程度が相場です。

カードローンの申込から借入までの流れ

カードローンの申込から借入までの流れ

みずほ銀行カードローンのインターネットでの申込方法を例に、カードローンでお金を借りる場合の、申込から借入までの流れを解説します。


必要書類を準備

カードローンに申し込むと審査の際に、書類の提出を求められます。


みずほ銀行カードローンの場合、本人確認書類や本人の年収が確認できる書類が必要です(※)。


※利用限度額によっては不要の場合もあります。


申込・審査

みずほ銀行カードローンの場合、申込はインターネット、郵便、電話、店舗で受け付けています。インターネットなら24時間受付で、時間を気にせず申込可能です。


申込時に申告された情報等をもとに審査を行い、審査が完了したら、審査結果が通知されます。


審査に通れば借入可能

審査に通過し、ご契約手続きを完了すれば借入が可能です。設定された利用限度額の範囲内であれば繰り返し借り入れできます。


借り入れる前に返済計画を立てて、必要最低限のお金を借り入れましょう。


カードローンの利用方法

カードローンの利用方法を、借入と返済に分けて解説します。ご利用を考える方は参考にしてください。


借入方法

カードローンの借入は、口座振込やATMでの引き出し、インターネットバンキングでの振替操作等にて可能です。ただし、借入方法の中には手数料が発生するものもあるため、利用する金融機関で確認しましょう。


みずほ銀行カードローンでは、みずほダイレクトをご利用の方なら、パソコンやスマートフォンから24時間借入が可能です。


返済方法

カードローンの返済方法には、口座引き落とし、ATM・インターネットバンキングでの任意返済等があります。口座引き落としなら、毎回返済の手続きをする必要がなく、返済忘れを防止できます。


また、毎月決まった金額以上に返済したい場合、任意返済や一括返済ができるカードローンもあります。任意返済や一括返済を行うと、返済期間が短縮され、利息負担が軽減されます。


クレジットカードのキャッシングとカードローンどちらを選ぶ?

クレジットカードのキャッシングとカードローンどちらを選ぶ?

クレジットカードのキャッシング機能とカードローン、どちらをご利用になるかは借りたい金額や期間等を考えて決めましょう。


少しだけ借りたくて、すぐに返す予定があるなら、クレジットカードのキャッシング機能の方が適しています。既にキャッシング枠が設定されているクレジットカードなら、新しく審査を受ける手間がありません。


一方、長期的に大きな金額を借りたいなら、カードローンの方が適しています。カードローンの審査に通過すれば、百万単位の借入ができる場合があります。


返済期間が長い場合、適用される金利が低くなるほど支払総額は減らせます。クレジットカードのキャッシングより低い金利のカードローンであれば、利息の負担を軽減できる可能性があります。


お借入はみずほ銀行カードローンで

みずほ銀行のカードローンは、パソコンやスマートフォンから24時間、申込可能です。時間を問わず、店舗に出向く必要がないため、お時間に余裕がない方にもにもご利用いただけます。


また、みずほダイレクトで借入明細をいつでも確認でき、ATMへ行かなくても借入や任意返済ができます。


みずほ銀行で住宅ローンを契約している場合、カードローンの金利が基準金利から年0.5%引き下げられる特典もあります。


カードローンをご利用の際は、利用限度額や金利等の契約内容をしっかりご確認ください。また、過剰な借入は避け、無理なく返済できる金額をお借り入れください。


まとめ

キャッシングとは、お金を借りることやお金を借りるサービスを指し、狭い意味ではクレジットカードのキャッシング機能を意味します。


クレジットカードのキャッシングは、借りられる金額の上限が100万円程度で金利は高い傾向にありますが、手持ちのカードにキャッシング枠が設定されていればすぐに利用できます。


カードローンは審査によって返済能力があると判断されればクレジットカードでキャッシングするより多く借りられる可能性があります。また、利用限度額に応じて金利が低くなる傾向がある点もカードローンの特徴です。


監修者情報

監修者情報


内山貴博(うちやま・たかひろ)

大学卒業後、証券会社の本社で社長室、証券業務部、企画グループで5年半勤務。その後FPとして独立。金融リテラシーが低く、資産運用に保守的と言われる日本人のお金に対する知識向上に寄与すべく、相談業務やセミナー、執筆等を行っている。
日本証券業協会主催「投資の日」イベントや金融庁主催シンポジウムで講師等を担当。
2018年に日本人の金融リテラシー向上のためのFPの役割について探求した論文を執筆。


他の人が次に読んでいる記事

ページの先頭へ