ページの先頭です

掲載日:2023年8月7日


カードローンとは?基本概要や選び方等を分かりやすく解説

PC用アイキャッチ画像 SP用アイキャッチ画像

カードローンは、金融機関が提供する個人向けローンの一つです。


急な出費でお金が足りないとき等に役立ちますが、よく理解して計画的に利用しないと思わぬ失敗につながる場合もあります。


カードローンをうまく活用するためにも、まずは基本概要をしっかり押さえておきましょう。カードローンの選び方や利用時の注意点も紹介するので、ぜひ参考にしてください。


カードローンとは?

カードローンとは?

カードローンとは、銀行や消費者金融、信販会社等が提供している個人向けローンで、次のような特徴があります。


  • 利用限度額の範囲内で繰り返し借入ができる
  • 借りたお金の使い道は原則として自由
  • 保証人や担保がいらない
  • 金利は利用限度額や審査によって決まる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

カードローンは利用限度額の範囲内で繰り返し借入ができる

カードローンは、契約時に設定される利用限度額の範囲内であれば繰り返し借入ができます。


利用限度額とは、カードローンで借りられる上限額です。利用するカードローンによって異なるほか、契約時の審査によって利用者ごとに設定されます。


カードローンで借りたお金の使い道は原則として自由

カードローンで借りたお金の使い道は原則自由で、生活費や趣味等幅広い用途に使えます。


これに対し、住宅ローンやマイカーローン、教育ローン等、目的別ローンでは使い道が決められており、多くの場合、契約時に資金使途を証明する書類の提出を求められます。カードローンなら、このような証明書類の提出も不要です。


ただし、事業性資金には利用できない場合が多いので、注意しましょう。


カードローンは保証人や担保がいらない

カードローンの契約には、一般的に保証人や担保は不要です。


ただし、保証人や担保が不要な代わりに、多くのカードローンは保証会社の保証を受けることを契約条件としています。


保証会社とは、カードローン利用者が返済できなくなった場合に、金融機関への返済を一旦肩代わりしてくれる会社です。保証会社が返済を肩代わりした場合、カードローン利用者は保証会社に対して返済義務を負います。


契約時には保証会社の審査があり、審査の結果によってはカードローンを利用できないケースもあります。


カードローンの金利は利用限度額や審査によって決まる

カードローンの金利は、一般的に利用限度額が大きくなるほど低くなります。


金利とは、借入金額に対して支払う利息の割合です。利息とは、お金の借り手が貸し手に「利用料」として支払うお金のことです。


利用限度額は審査結果によって決まるため、適用される金利も利用者ごとに異なります。


審査の結果、利用者の返済能力が高い、つまり貸したお金を返してもらえる可能性が高いと判断されれば、利用限度額は大きく設定されやすく、より低い金利でお金を借りられる仕組みです。


カードローンを提供する金融機関は主に3つ


カードローンを提供しているのは、主に次の3つの金融機関です。


  • 銀行
  • 消費者金融
  • 信販会社

それぞれ詳しく見ていきましょう。


銀行

銀行カードローンは、消費者金融や信販会社の提供するカードローンに比べて、上限金利が低めに設定されている傾向があります。


例えば、消費者金融の上限金利の相場が年18.0%ほどであるのに対し、銀行カードローンの上限金利の相場は年14.0%〜15.0%ほどです。


住宅ローンの契約がある等、その銀行のサービスを利用しているとカードローン金利が引き下げられる場合もあります。


みずほ銀行カードローンの場合、みずほ銀行の住宅ローンを契約中の方はカードローン金利が基準金利より年0.5%引き下げられます。


消費者金融

消費者金融は、貸金業法に基づき主に個人向けのローンを取り扱う金融機関です。


消費者金融のカードローンの上限金利は、一般的に銀行カードローンよりも高めに設定されています。しかし、カードローンによっては、初回利用時に一定期間利息がかからない無利息期間が設けられているものや、最短即日融資を受けられるものもあります。


また、消費者金融のカードローンは、貸金業法の総量規制の対象です。


総量規制とは、過度な借入から消費者を守るためのルールで、すべての貸金業者を合わせて、利用者の年収の3分の1を超える貸付が原則禁止されています。


銀行は貸金業者に該当しないため、銀行カードローンに総量規制は適用されません。しかし、消費者保護の観点から、多くの銀行は総量規制に準じた自主規制を設けており、利用者の返済能力を超える貸付は制限されています。


信販会社

信販会社とは、主に販売信用取引を行う会社です。主にショッピングローンやカードローンの提供、クレジットカードの発行等を行っています。会社によって保証業務等を行なっている場合もあります。


信販会社のカードローンの上限金利の相場は年15.0%〜18.0%ほどで、消費者金融の提供するカードローンより低いものもあります。信販会社は貸金業者に該当するため、信販会社の提供するカードローンは総量規制の対象です。


カードローンを選ぶポイント

カードローンを選ぶポイント

多くの選択肢の中から自分に合ったカードローンを選ぶには、しっかり比較検討することが大切です。


ここでは、申し込むカードローンを選ぶ際に注目すべきポイントを押さえておきましょう。


申込条件に当てはまっているか

カードローンを申し込みたい場合でも、申込条件を満たしていなければ申し込めません。


多くの場合、「安定かつ継続した収入のあること」という条件を設けていますが、年齢等の具体的な条件はカードローンごとに異なります。


利用したいカードローンがあれば、まず申込条件を満たしているかを確認しましょう。


金利の低さ

金利が高いと支払う利息が増えるため、なるべく金利の低いカードローンを選ぶことが大切です。


ただし、実際に適用される金利は、審査結果をふまえて設定される利用限度額に応じて決まります。下限金利が低いからといって、その金利で借り入れできるとは限らないため注意しましょう。


申込から借入までの時間

すぐにお金が必要な場合には、申込から借入までにどのくらい時間がかかるのかという点も重要なポイントです。


カードローンは、最短で即日融資を受けられる場合もあります。


借入方法や返済方法

借入方法や返済方法はカードローンによって異なります。自分に合った借入方法や返済方法ができるカードローンを選びましょう。


借入や返済に利用できるATMが近くにあるかどうかや、手数料がかからない方法があるか等もポイントです。


みずほ銀行カードローンは、全国の提携コンビニATMをご利用いただけるほか、みずほ銀行ATMであれば手数料は無料です。


みずほマイレージクラブに入会し、月末に利用残高があれば、月3回までコンビニ(イーネット)ATMの手数料も無料になります。


カードローン利用時の注意点

カードローンを利用する際には、次のような点に注意しましょう。


  • 契約内容をよく理解して利用する
  • 借りる前に返済計画を立てる
  • 必要以上に借りない

契約内容をよく理解して利用する

利用限度額や金利、毎月の返済額、返済日等、契約内容をよく理解して利用することが大切です。


特に毎月の返済額や返済日を把握していないと、返済の遅れにつながります。


返済が遅れると、他のローンやクレジットカードの審査に通りにくくなるおそれもあるため注意が必要です。


借りる前に返済計画を立てる

カードローンを借りる前に、無理なく返済できることを確認しておきましょう。


金融機関が提供している返済シミュレーションツールを使えば、返済期間(返済回数)や返済額(毎月返済額、利息額等)を簡単に確認できます。


必要以上に借りない

利用限度額まで借りられるからといって、必要以上に借りないようにしましょう。


利息は利用残高が多くなればなるほど増えるため、総返済額が増えてしまいます。


返済負担を軽減するには、家計に余裕ができたタイミングでの任意返済も有効です。


申込から借入・返済までの流れ

申込から借入・返済までの流れ

申込方法はカードローンにより異なりますが、インターネットや郵送、電話、店舗等で申込ができます。


申込から借入までの一般的な流れは、次の通りです。


  1. 申込
  2. 審査
  3. 審査結果通知
  4. 契約
  5. 借入
  6. 返済

また、カードローンによっては、本審査の前に仮審査が行われる場合もあります。


申込に必要な書類

カードローンの申込には、本人確認書類と収入証明書類の提出が必要です。


以下は必要書類の一例です。


本人確認書類 運転免許証、パスポート 等
収入証明書類 申込者本人の年収を確認できる書類のコピー
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書 等


収入証明書類は、希望する利用限度額が50万円以下の場合等、不要なケースもあります。申込前に確認しておきましょう。

みずほ銀行カードローンなら24時間来店不要でお申込が可能

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行に口座のある方もない方も24時間お申込が可能です。パソコンやスマートフォンからのお申込なら来店や郵送も不要です。


みずほダイレクト[インターネットバンキング]やATMから借入ができます。みずほマイレージクラブに入会されており、毎月月末時点でご利用残高がある方は、イーネットATM利用時の手数料が月3回まで無料になります。


また、みずほ銀行で住宅ローンを契約中の方には、年0.5%の金利引き下げ特典があります。


かんたん10秒診断」では、申込前に借入可能かチェックできます。ぜひ、ご活用ください。


まとめ

カードローンは、銀行や消費者金融、信販会社が提供する個人向けのローンです。利用限度額の範囲内なら繰り返しお金を借りられ、原則として使い道は自由です。


担保や保証人も不要で利用しやすい反面、目的別ローン等に比べて金利は高めに設定されている点には注意が必要です。


利用目的を明確にしたうえで事前に返済計画を立て、必要なときに必要なだけ利用するようにしましょう。


監修者情報

監修者情報


内山貴博(うちやま・たかひろ)

大学卒業後、証券会社の本社で社長室、証券業務部、企画グループで5年半勤務。その後FPとして独立。金融リテラシーが低く、資産運用に保守的と言われる日本人のお金に対する知識向上に寄与すべく、相談業務やセミナー、執筆等を行っている。
日本証券業協会主催「投資の日」イベントや金融庁主催シンポジウムで講師等を担当。
2018年に日本人の金融リテラシー向上のためのFPの役割について探求した論文を執筆。


他の人が次に読んでいる記事

ページの先頭へ