ページの先頭です

デビットカードのおすすめポイントを紹介!クレジットカードとの違いや注意点も解説

キービジュアル

デビットカードは、口座残高が利用金額の上限となるため、クレジットカードと比べて使いすぎを防止できます。

この記事では、デビットカードの基本概要、クレジットカードやプリペイドカードとの違い、おすすめする理由などを解説します。

キャッシュレスでスマートにお支払いしたい方は、ぜひ参考にしてください。

デビットカードとは?

デビットカードは、支払と同時に代金が銀行口座から引き落とされるカードです。多くのカードは満15歳以上(中学生を除く)がお申し込みでき、基本的に審査は行われません。

デビットカードには、国際ブランドが付いているものがあります。国際ブランドとは、世界中で使える決済カードのブランドで、JCBやVISA、MasterCardなどがあります。

国際ブランド付きのデビットカードはクレジットカードと同じように、国内・海外問わず、世界中の国際ブランドの加盟店でお支払が可能です。

デビットカードの種類

デビットカードは、国際ブランドの種類やキャッシュカード機能の有無により分類できます。

デビットカードで使われる主要な国際ブランドは、JCB、VISA、MasterCardなどです。

JCBデビットカードはJCBの加盟店、VISAデビットカードはVISAの加盟店というように、それぞれの国際ブランドの加盟店であれば世界中で利用できます。

また、デビットカードにはキャッシュカード機能付きと単体型があります。キャッシュカード機能付きのデビットカードであれば、ATMで現金を引き出すなど、キャッシュカードとしての利用も可能です。

一方、単体型はデビットカードとしての機能に特化しており、現金の引出などには対応していません。

デビットカードとクレジットカード、プリペイドカードの違い

デビットカードに興味はあるものの、クレジットカード、プリペイドカードとの違いが分からない方も多いのではないでしょうか。3種類のカードの違いを解説します。

項目 デビット
カード
クレジット
カード
プリペイドカード
支払
方法
即時口座引き落とし 後払い 事前にチャージ
発行対象年齢 満15歳以上(中学生を除く) 満18歳以上(高校生を除く) 原則年齢制限なし*
支払
回数
1回払いのみ 1回払い
分割払い
リボ払い
ボーナス払い
1回払いのみ
申込時の審査 原則なし あり 原則なし
ポイント還元
(キャッシュバック)
原則あり 原則あり カードによってはあり
  • *発行会社によっては6歳以上(小学生以上)などの制限あり

上記3種類のカードの大きな違いは支払方法です。また、クレジットカードは分割払いやリボ払いに対応しており、デビットカードとプリペイドカードの支払回数は1回払いのみとなっています。

それぞれの特徴や違いを把握し、うまく使い分けましょう。

デビットカードの基本情報について詳しくはこちら

デビットカードのおすすめポイント

イメージ

キャッシュレスでスマートにお支払ができるデビットカードですが、ほかにも様々なメリットがあります。そこで、デビットカードのおすすめポイントを以下で紹介します。

  • 使いすぎを防げてお金の管理がしやすい
  • ポイントや現金が還元される
  • 国内外のブランド加盟店で利用できる
  • 基本的に審査なしで中学生を除く満15歳から発行可能
  • 付帯保険や不正利用の補償がある

使いすぎを防げてお金の管理がしやすい

デビットカードは、銀行口座残高の範囲内でのみ利用できるため、クレジットカードのように資力を超えた使いすぎを防げます(「思ったよりカード利用代金が高かった」という事態にはなりません)。

即座に口座から代金が引き落とされるため、現金と同じように使えてお金の管理がしやすい点が大きなメリットです。

ポイントや現金が還元される

デビットカードは、利用額に応じてポイントや現金による還元が受けられます。現金感覚で使えるうえに、現金よりお得です。

貯まるポイントの種類やキャッシュバック率はデビットカードにより異なります。

国内外の国際ブランド加盟店で利用できる

デビットカード(ブランドデビット)は、国際ブランド加盟店でクレジットカードと同じように使えます。国内はもちろん、インターネットショッピングや海外の加盟店でも利用可能です。

近年は、コロナ禍で増加したネットショッピングの購入代金をデビットカードで支払っている方も多く、デビットカードで支払えるサブスクリプションサービス*も増えてきています。

日常の買い物や毎月発生する料金をデビットカード払いにすれば、効率よくキャッシュバックやポイントの還元を受けられるでしょう。

  • *月額制など一定の料金を支払うことで利用できるサービス

基本的に審査なしで満15歳から発行可能

デビットカードの多くは、満15歳以上(中学生を除く)の方が発行できます。後払いではなく、口座残高の範囲内での利用になるため、基本的に審査は不要です。そのため、収入のない学生などの方も気軽にお申し込みいただけます。

実際のお申込条件は発行会社により異なります。条件を満たしているかどうかをあらかじめ確認しましょう。

付帯保険や不正利用の補償がある

デビットカードによっては、クレジットカードのように海外・国内旅行傷害保険やショッピング保険、不正利用の補償などが付帯されます。

ショッピング保険があれば、購入した商品に破損や盗難などの損害が起きた場合に補償が受けられます。また、不正利用の補償とは、カードが盗難などに遭い第三者に使われてしまった場合に補償されているものもあります。*

現金では基本的に補償が受けられないため、デビットカードでのお支払に変えればより安心です。ただし、キャッシュカードと同様に暗証番号は誰にも知られないよう注意しましょう。

  • *補償の対象外となる場合もあります。詳しくはご利用のデビットカードの規約等をご確認ください。

デビットカードを利用する際の注意点

口座残高の範囲内で安心してご利用できるデビットカードですが、注意点もあります。ご利用前に確認しておきましょう。

  • 口座に残高がないと使えない
  • 支払方法は一括払いのみ
  • 使用できない店舗もある
  • ETCカードの発行ができない

口座に残高がないと使えない

デビットカードはお支払代金が即時に口座から引き落とされます。口座の残高が上限となるため、口座残高がお支払代金より少ない場合は支払ができません。

会計の際に残高不足で支払えない事態にならないためにも、口座管理ができるアプリなどを活用して口座の残高を把握しておきましょう。

支払方法は一括払いのみ

デビットカードのお支払方法は、一括払いのみです。分割払いやリボ払いなどには対応していません。クレジットカードとは違い、基本的にお支払を後払いにはできない仕組みです。

分割したい高額決済の際はクレジットカードを利用し、日常のお買い物ではデビットカード決済にするといったようにご利用シーンに応じて使い分けするといいでしょう。

使用できない店舗もある

デビットカードは国内外で幅広くご利用いただけますが、一部使えない店舗もあります。例えば、ガソリンスタンドや有料道路料金、飛行機の機内販売サービスなどは基本的に利用できない場合が多いです。ご利用の前にご確認ください。

デビットカードの利用可能店舗について詳しくはこちら

ETCカードの発行ができない

多くの場合、デビットカードにはETCカードを付帯することができません。

ETCカードが必要な場合は、ETCカードを発行できるクレジットカードに申し込む、クレジットカードがなくても発行できるETCパーソナルカードを発行するなどの方法を検討しましょう。

それぞれの特徴を理解し、様々な決済方法をうまく使い分けましょう。

こんな方はデビットカードがおすすめ

次に、どのような人がデビットカードの利用に向いているのか、について紹介します。デビットカードの発行をご検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

  • 現金の面倒から解放されたい人
  • 使いすぎが怖い人、収支の管理は分かりやすいほうがいい人
  • 少しでもお得に買い物をしたい人

現金の面倒から解放されたい人

デビットカードでの決済は支払代金が口座から即時引き落とされるため、現金を引き出して持ち歩く必要がありません。

持ち歩く現金が減れば手荷物が少なく身軽になり、ATMに出向いて現金を引き出す手間も省けます。

また、デビットカードはキャッシュレスでスマートにお支払ができるため、お支払時のストレスからも解放されます。

例えば、レジで小銭を出すのに時間がかかり、「後ろの人に迷惑をかけているのでは」とプレッシャーを感じることもありません。

使いすぎが怖い人、収支の管理は分かりやすいほうがいい人

デビットカードは、使いすぎが怖い人にもおすすめです。口座残高の範囲内でしか使えないため、クレジットカードと比べて使いすぎる心配がありません。

また、支払代金が口座から即時に引き落とされるため、利用日と支払日にずれが生じません。

収支の管理がシンプルでわかりやすいのも特徴です。

少しでもお得に買い物をしたい人

多くのデビットカードには、キャッシュバックやポイント還元があるため、現金よりもお得に買い物ができます。

普段のお買い物を現金払いからデビットカード払いに変えるだけで、キャッシュバックやポイント還元を受けられます。

みずほJCBデビットでは、月額利用金額に応じて0.2%~0.4%のキャッシュバックを行なっています。

少しでもお得に買い物をしたい方は、ぜひデビットカードの発行をご検討ください。

デビットカードの作り方を確認したい方はこちら

デビットカードをつくるならみずほJCBデビットがおすすめ

スマホ決済、カード決済、現金引出。あらゆる決済シーンと、ライフスタイルに寄り添う1枚。みずほJCBデビット一体型キャッシュカード

みずほJCBデビットは、国内・海外のJCB加盟店でご利用可能なデビットカードです。

デビットカードとしての機能に特化した単体型と、キャッシュカード機能がついた一体型のどちらも選択いただけます。一体型キャッシュカードであれば、現金の引出も可能です。

さらに「みずほWalletアプリ」とみずほJCBデビットを連携すればスマホのタッチ決済がご利用いただけ、カードを持ち歩くことなく、スマホ一つでスマートにお支払できます。

また、みずほWalletアプリでは、口座残高やみずほJCBデビットのご利用明細の確認も可能です。いつでも簡単に確認できるので、残高が足りず慌てる心配はありません。

毎月のご利用金額に応じて、0.2%~0.4%のキャッシュバックが受けられるのも特長です。

快適なキャッシュレス生活に、みずほJCBデビットをぜひお役立てください。

みずほJCBデビットの
新規ご入会はこちら

みずほJCBデビットのサービス内容についてはこちらをご確認ください。

デビットカード関連記事まとめ

デビットカードを作る

デビットカードの作り方

みずほJCBデビットのお申込(既にみずほ銀行口座をお持ちの方専用)

  • みずほ銀行口座をお持ちでない方は、こちらから口座開設いただき、同時にみずほJCBデビットをお申し込みいただけます。
ページの先頭へ