ページの先頭です

がん団信

みずほ銀行のがん団信は所定のがんと診断されたら住宅ローンのお借入残高が0<ゼロ>に!

商品の概要

正式名称

がん保障特約付リビング・ニーズ特約付団体信用生命保険

対象ローン
  • みずほ住宅ローン
  • みずほネット住宅ローン
  • みずほ借り換え住宅ローン
  • みずほネット借り換え住宅ローン
  • みずほ買い替えローン*1
ご利用いただける方

融資実行日現在20歳以上、46歳未満の方

  • *過去の疾病暦等により、ご加入いただけない場合がありますので、あらかじめご了承願います。
  • *中途加入・中途脱退できません。
  • *1一部の提携ローン等について対象とならない場合がありますので、対象ローンの詳細につきましては、お近くのみずほ銀行店舗までお問い合わせください。
  • *詳しい内容につきましてはみずほ銀行店舗までお問い合わせください。

商品の特徴

死亡・高度障害等の保障

  • 死亡または所定の高度障害状態に該当したら
  • 余命6ヵ月以内と判断されたら*1

プラス

がんの保障

所定のがん*2と診断されたら

 住宅ローンのお借入残高が0<ゼロ>になります!

 一定期間の就業不能状態などの条件がありません!

 金利に0.2%上乗せすることで、ご加入いただけます。


平均月額負担額 1,978円

<前提>
借入金額2,000万円(ボーナス返済なし)
借入期間35年、金利年率1.5%
返済方法:元利均等返済

2019年6月1日現在

  • *1余命の判断は、医師の診断に基づき、生命保険会社が行います。
  • *2「所定のがん」にかかり、医師により診断確定されたとき
    ただし以下の場合は対象となりません。
    • 責任開始日前に悪性新生物に罹患したと医師によって診断確定されていた場合
    • 責任開始日からその日を含めて90日以内に悪性新生物と診断確定された場合
    • 上皮内がんの場合、および皮膚の悪性黒色腫以外の皮膚がんの場合
  • (注)リビング・ニーズ特約は、がん団信にのみ付加される特約です。

おすすめする理由

①おおよそ2人に1人が一生のうちに「がん」と診断されると言われています*

「がん」総患者数のうち3人に1人が責任の重い現役世代(20歳~64歳)です。厚生労働省/「平成26年患者調査」

大切なご家族のために、「万が一への備え」に加えて、「がん」へのリスクにも備える住宅ローンをおすすめします。

おおよそ2人に1人が一生のうちに「がん」と診断されると言われています。*

男性は1.6人に1人、女性は2.1人に1人が一生のうちに「がん」と診断されると言われています。

一生のうちでがんにかかる確率 男性 62% 女性 46%

  • *(公財)がん研究振興財団/「がんの統計'16」年齢階級別罹患リスク(2012年罹患・死亡データに基づく)

がんにかかるリスクは増大しています。

がん総患者数は増加傾向にあり、長生きする時代の中で備えが必要なリスクです。

がんの総患者数 2002年 128万人 2014年 162万人 1.2倍増加している

厚生労働省/「患者調査」

②がんの総患者数は年齢とともに増加します

がんの総患者数は年齢とともに増加しています。

がんの総患者数は、年齢の高まりとともに増加します。
例えば40代・50代男性のがん総患者数は、それぞれ20代の8.3倍・21倍と多くなっています。
若くて健康なうちに、がんに備えておく必要があります。

20代を基準とした場合(*)の年代別がん総患者数の倍率 (*)20代男性の総患者数:3千人 20代女性の総患者数:4千人 男性 30代2.6倍 40代8.3倍 50代21.0倍 女性 30代6.0倍 40代19.2倍 50代28.5倍 特に女性は、年齢とともに倍率が高まります!

厚生労働省/「平成26年 患者調査」をもとに算出

③女性の皆さまにぜひ、おすすめします

女性の場合は、女性特有のがんの罹患が多くなっています。
罹患数の1位の部位は「乳房」です。
男性の方はもちろん、女性の皆さまにぜひ、おすすめします。

がん罹患数が多い部位(男女別) 【男性】 1位胃 2位大腸 3位肺 4位前立腺 5位肝臓 【女性】 1位乳房 2位大腸 3位胃 4位肺 5位子宮(全体)

公益財団法人 がん研究振興財団「がんの統計'16」 部位別がん罹患数(2012年)

この資料はがん団信に関するお支払事由の概要を記載したものであり、ご契約にかかるすべての事項を記載したものではありません。お申し込みにあたっては所定の「団体信用生命保険重要事項に関するご説明(契約概要・注意喚起情報)」を必ずお読みいただき、詳細をご確認ください。

(登)C18E6244(2018.12.25)

ページの先頭へ