ページの先頭です

掲載日:2023年9月29日


お金を借りたいときに使える方法とは?検討したい方法や注意点を解説

PC用アイキャッチ画像 SP用アイキャッチ画像

手持ち資金が不足する場合、何らかの方法でお金を借りたいと考える場面もあるでしょう。


家族に頼んだり、ローンを利用したりと、様々な方法が検討できます。ただし、申込要件や金利等がそれぞれ異なるため、お金を借りる方法はご自身の状況に合わせて選択する必要があります。


本記事ではお金を借りる方法や、借りる際の注意点を解説します。お金を借りたいと思っている方は、ぜひ参考にしてください。


即日お金を借りたいときに検討できる方法

まず、すぐにお金が必要で、即日借りたい場合の選択肢を紹介します。


  • 家族や友人・知人に相談する
  • クレジットカードのキャッシング機能を使う
  • 質屋に物品を預けて借りる
  • 消費者金融のカードローンを利用する

家族や友人・知人に相談する

頼れる家族や友人・知人に事情を話せば、即日お金を借りられるかもしれません。しかし、借りられるかどうかは相手次第です。


お金を借りられる場合でも借用書を用意し、借りた金額や返済期日等を明確化しましょう。お金の貸し借りは、トラブルに発展しやすい事柄です。借用書を交わすことは、親しい間柄でもトラブルを避けるために重要です。


クレジットカードのキャッシング機能を使う

クレジットカードのキャッシング機能とは、クレジットカードに付帯するお金を借りられる機能です。


手持ちのクレジットカードにショッピング枠とは別にキャッシング枠が設定されていれば、クレジットカードを使ってお金を借りられます。既にキャッシング枠が設定されていれば、申込や審査不要で、出先でもすぐにお金を用意できます。


ただし、借りられる金額は設定されているキャッシング枠の範囲内に限定されます。また、一般的にキャッシング枠で利用した分だけ、ショッピング枠も減少します。


なお、即日借りられるのは、クレジットカードにキャッシング枠が付いている場合のみです。キャッシング枠がない場合は新たに申込をし、審査を受ける必要があるため、すぐには借りられません。


クレジットカードのキャッシングは金利が割高な傾向にあり、長く借りれば負担が大きくなる点にも注意しましょう。


質屋に物品を預けて借りる

ブランド品や貴金属、宝飾品等を質屋に持ち込めば、即日お金を借りられます。持ち込んだ物品の価値をその場で査定され、価値に応じた金額が借りられます。


そのため、所持品の価値が低いと希望する金額を借りられないことも考えられます。高価な品物を持っている方におすすめの方法です。


質屋でお金を借りる場合は、質料(利息・保管料)がかかります。預けた物品は、所定の期日までに質料を支払えば取り戻せますが、支払ができない場合は質流れとなります。その場合、預けた物品の所有権を失うことになるので注意が必要です。


質料は質屋の店舗等に記載されていますが、一般的なローンと異なり月利で表示されているケースが多く、比較的高い利率である傾向です。必ず利用前に確認しておきましょう。


消費者金融のカードローンを利用する

カードローンとは、契約時に設定された利用限度額の範囲内で繰り返し借入ができる個人向けローン商品です。保証人や担保不要で、数万円程度の少額から利用できます。


カードローンは主に、消費者金融や銀行、信販会社が取り扱っているサービスです。中でも消費者金融のカードローンは、即日融資に対応している場合もあり、即日お金を借りたいときの手段として検討できます。


ただし、申込時間によっては審査が翌日以降の対応となり、即日借りられない場合もあるでしょう。即日融資が可能な申込時間は限られている点には、注意が必要です。


また、カードローンや利用者によって適用金利が異なります。利用限度額が低いほど金利が高くなる傾向にあるため、適用金利を事前に確認しましょう。


低金利でお金を借りたいときに検討できる方法


低金利でお金を借りたいときに検討できる方法を紹介します。


  • 公的な融資制度を利用する
  • 民間金融機関の目的別ローンを利用する
  • 住宅ローンを組んでいる銀行のカードローンを利用する

比較的低金利で借りることができる方法ですが、審査にある程度の時間を要する場合があります。急ぎの際は注意しましょう。


公的な融資制度を利用する

日本政策金融公庫では事業向け融資や国の教育ローン等、各種融資制度を用意しています。


制度ごとに利用対象者や資金用途、融資限度額、期間、金利は異なり、大きな金額を長期間・低金利で借りられるものが多く存在します。


ただし審査には時間がかかり、事業用の融資なら2週間程度の時間が必要です。教育ローンは10日程度、入学シーズンにはさらに長くかかる場合もあります。


また、国の教育ローンには所得制限があり、所得が多い家庭では利用できないケースもあるため、注意が必要です。


民間金融機関の目的別ローンを利用する

民間の金融機関では、住宅ローンや教育ローン、ビジネスローン等、目的別のローン商品を用意しています。


目的が限定されるローンは、幅広い目的で使えるローンよりも金利が抑えられる傾向です。


審査時には、資金用途を確認するため、見積書や注文書等の資金使途証明書の提出を求められるケースがあります。例えば、住宅ローンの場合、購入する不動産の資料が審査時に必要です。



住宅ローンを組んでいる銀行のカードローンを利用する

銀行のカードローンによっては、その銀行で住宅ローンを組んでいる場合にカードローンの金利が優遇されるケースがあります。


カードローンは公的融資や目的別ローンと比べると金利はやや高くなりますが、金利の優遇を受けられれば負担を抑えることが可能です。


申込から借入までの時間は、公的融資や目的別ローンよりも早い傾向にあるため急ぎの際は、銀行のカードローンが利用しやすいでしょう。



生活難でお金を借りたいなら自治体や国から借りられる制度もある

生活に困っていてお金を借りたい場合は、公的な貸付制度の利用を検討しましょう。


公的な貸付制度である生活福祉資金貸付は、所得の低い世帯や障がい者世帯、高齢者世帯を対象に必要な資金を貸してくれます。


資金の種類 資金の概要
総合支援資金 生活支援費 生活を再建するまでに必要な生活費用
住宅入居費 敷金・礼金等住宅の賃貸契約に必要な費用
一時生活再建費 生活再建のため一時的かつ日常生活費でまかない難い費用
福祉資金 福祉費 生業を営むための経費や病気療養、自宅の増改築・補修、福祉用具等の購入、介護サービスや障がい者サービスを受ける経費等
緊急小口資金 緊急かつ一時的に生計維持が困難な場合に貸し付ける少額費用
教育支援資金 教育支援費 低所得世帯の子供が高校や高専、大学等へ修学するための経費
就学支度費 低所得世帯の子供が高校や高専、大学等へ入学するための経費
不動産担保型生活資金 不動産担保型生活資金 低所得の高齢者へ一定の居住用不動産を担保に生活資金を貸付
要保護世帯向け不動産担保型生活資金 要保護の高齢者世帯へ一定の居住用不動産を担保に生活資金を貸付

例えば生活を立て直すためにお金が必要なら、総合支援資金で生活再建までの生活費や住居を確保する資金を借りられます。


一時的に生計維持が困難な場合や病気療養や介護サービスにお金が必要な場合は、福祉資金が利用できるでしょう。所得が低い世帯の子供が高校や大学に行くための資金なら、教育支援資金が該当します。


高齢世帯で低所得あるいは要保護に該当する場合は、不動産を担保にお金を借りられる不動産担保型生活資金もあります。


お金を借りたいときの注意点

お金を借りたいときの注意点

お金を借りたいときの主な注意点は、以下の通りです。


  • ローンやクレジットカードのキャッシングには審査がある
  • 目的次第では借りられないこともある
  • お金を返せないとリスクがある
  • 返済計画を立てたうえでお金を借りる

それぞれ詳しく解説します。

ローンやクレジットカードのキャッシングには審査がある

各種ローンやクレジットカードのキャッシングの契約には必ず審査があり、通らなければ借りられません。審査基準は明示されていませんが、現在の収入や借入・返済状況、過去の履歴等で判断されます。


既に契約済みのカードローンやクレジットカードなら、限度額までは審査なしで借りられます。しかし、限度額をあげるには審査が必要です。


審査なしで契約できるとうたう業者はヤミ金等の違法業者の可能性があります。法外な利息の支払を請求される、悪質な取り立てにあう等のトラブルに巻き込まれる恐れがあります。審査なしでお金を借りたいと思っても、利用すべきではありません。


目的次第では借りられないこともある

目的別のローンは金利を抑えているものも多く存在しますが、利用目的が限定されます。異なる目的にお金を使うと、特別利率の取消や繰上返済を求められる可能性もあるため注意しましょう。


お金を返せないとリスクがある

借りたお金を返せないと、様々な不利益を被ります。


個人間の貸し借りでお金を返せないと、人間関係に影響しかねません。家族や友人からの信頼を失う原因です。


クレジットカードのキャッシングやローンの支払いが滞れば、延滞金が発生するほか信用情報にも影響を及ぼします。今後のローン契約や賃貸契約で不利に働く可能性もあります。


金利や返済方法を知っておく

ローンごとに金利や返済方法は異なります。また、同じローンでも固定金利と変動金利が用意されていたり、利用限度額に応じて適用金利が変わったりします。常に一番低い金利が適用されるとは限らないため、契約時に確認しましょう。


また、カードローンは毎月の約定返済のほか、ATMやネットバンキングから任意返済できるものもあります。


約定返済では毎月の返済金額が一定であることが多いです。支出管理しやすくなりますが、毎月の返済金額が少ないと利息の支払いだけで元金の返済は進みません。返済期間が長引くほど利息の支払いが増え、負担金額が多くなります。


毎月の約定返済と別に任意返済すれば、利息の負担を抑えられます。なお、任意返済する際、ATM手数料や振込手数料がかかる場合もあるので注意しましょう。


返済計画を立てたうえでお金を借りる

お金を借りたいと思ったとき、本当に今必要なお金か、借りてまで用意しなければならないかを十分に考えましょう。


借りる判断をした場合も、必要以上の金額を借りていないか、無理なく返済できるかを熟考します。返済日はいつか、返済日までにお金を用意するめどは立っているか検討し、支払利息も意識します。


お金は、返済計画を立てたうえで借りましょう。


お金を借りたいときに便利なみずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、インターネットからの申込なら24時間申込が可能です。


事業性資金にはご利用いただけませんが、原則として資金使途は自由です。


みずほ銀行の普通預金口座をお持ちの方であれば、キャッシュカードにカードローン機能が付与されるため、審査後すぐにキャッシュカードでお金を借りられます。


全国の提携コンビニATMが利用でき、金利は年2.0%~14.0%。みずほ銀行で住宅ローンをご利用中のお客さまは基準金利から0.5%引き下げた年1.5%~13.5%で借入ができる点もメリットです。


返済は毎月の自動引き落としのほかに、ATMやみずほダイレクトからの任意返済も可能です。余裕のあるときに任意返済すれば、支払う利息負担を抑えられます。


まとめ

お金を借りる場合、基本的には審査を受ける必要があります。即日お金を借りたいと思っても、選べる方法は限定されます。


低金利で借りられる方法では、資金用途の制限や審査に時間を要するものが多いでしょう。


銀行のカードローンは、原則として使途を問われず(※)、繰り返し利用できる融資商品の中では比較的金利が抑えられており、審査日数も短い傾向にあります。


どの方法でお金を借りる場合も安易な利用はせず、注意すべき事柄に留意して計画的に利用しましょう。


※事業性資金を除く


監修者情報

監修者情報


内山貴博(うちやま・たかひろ)

大学卒業後、証券会社の本社で社長室、証券業務部、企画グループで5年半勤務。その後FPとして独立。金融リテラシーが低く、資産運用に保守的と言われる日本人のお金に対する知識向上に寄与すべく、相談業務やセミナー、執筆等を行っている。
日本証券業協会主催「投資の日」イベントや金融庁主催シンポジウムで講師等を担当。
2018年に日本人の金融リテラシー向上のためのFPの役割について探求した論文を執筆。


他の人が次に読んでいる記事

ページの先頭へ