ページの先頭です

商品説明動画

以下の投資信託の商品説明動画をご覧いただけます。

  • 各動画内で紹介されております「みずほダイレクト[テレホンバンキング]」のサービスは現在終了しております。
  • 各動画は作成日時点の内容であり、以降の制度対応等は反映されておりません。

フィデリティ・ロイヤル・コア・ファンド

世界屈指の運用会社であるフィデリティの徹底した企業調査に基づくマルチアセット運用ファンドです。
王道の資産配分(債券75%:株式25%)と戦略的な配分調整により中長期での安定的なリターンをめざします。

ピクテ・プレミアム・アセット・アロケーション・ファンド

プライベート・バンクとして210余年の歴史を紡いできたピクテ・グループによる、資産保全のためのマルチアセット運用ファンドです。
世界の株式、債券、リート、金をはじめとするコモディティなど様々な資産に分散投資し、中長期での安定的なリターンをめざします。

ティー・ロウ・プライス 米国オールキャップ株式ファンド

柔軟な運用で企業規模やスタイルに縛られず、長期的な目線を持ちながら幅広く投資機会を捉える
オールキャップ&オールスタイルなファンドです。

  • オールキャップは幅広い時価総額規模の企業、オールスタイルはグロース株からバリュー株までを投資対象とする運用

ファンドスミス・グローバル・エクイティ・ファンド

世界の株式から持続的かつ安定的なキャッシュフローの成長が見込まれる優良企業銘柄を厳選し、長期的な値上がり益の獲得をめざして運用を行います。
ファンドスミス社が運用する同種戦略のファンドは英国最大級であり、同社が日本で初めて商品提供するファンドです。

グローバルESGハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)(愛称:未来の世界(ESG))

ESGの課題に取り組むハイクオリティ成長企業の株式を割安時に購入するという考えに基づき運用を行うファンドです。

  • ESGとは、環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)の略称です。

投資のソムリエ

様々な局面に対応する低リスク型ファンドです。基準価額の変動リスク年率4%程度を目標に運用し、資産価格の下落の危険性が高まった際は、安定資産や現金等へ入れ替えます。

みずほインターネット専用投信
グローバル・プロスペクティブ・ファンド(愛称:イノベーティブ・フューチャー)

既存の技術やノウハウの価値を破壊し、全く新しい商品やサービスを生み出す「破壊的イノベーション」を起こし得るビジネスを行なう企業の株式を実質的な投資対象として運用を行うファンドです。

みずほインターネット専用投信
グローバル・エクスポネンシャル・イノベーション・ファンド

SDGs(持続可能な開発目標)を地球規模での社会課題としてとらえ、その社会課題解決への寄与が期待される破壊的イノベーション関連企業の株式を実質的な投資対象として運用を行うファンドです。

HSBCインド債券オープン(毎月決算型)(愛称:実ゾウ)

主にインド共和国の債券等に投資するファンドです。毎月決算型と1年決算型の2ファンドからお選び頂けます。

HSBCインド債券オープン(毎月決算型)(愛称:実ゾウ)
  • *HSBC投信株式会社は、2021年11月1日付で「HSBCアセットマネジメント株式会社」に商号変更いたしました。

投資信託ご購入にあたってのご注意事項

  • 投資信託は預金・金融債・保険契約ではありません。
  • 投資信託は預金保険・保険契約者保護機構の対象ではありません(ただし、設定前にお預かりした円資金は、預金保険の対象となります)。
  • みずほ銀行が取り扱う投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
  • みずほ銀行は投資信託の販売会社であり、投資信託の設定・運用は委託会社(外国籍投資信託の場合には管理会社)が行います。
  • 投資信託の運用による利益および損失は投資信託をご購入されたお客さまに帰属します。
  • 投資信託については、元本の保証はありません。
  • 投資信託は、その信託財産に組み入れられた株式・債券・リートなどの価格が、金利変動・為替変動、その発行者に係る信用状況の変化などで変動し、基準価額(外国籍投資信託の場合は1口あたり純資産価格)が下落することにより、投資元本を割り込むことがあります。なお、外国籍投資信託については上記に加え、外貨建てでは投資元本を割り込んでいない場合でも、為替変動により円換算ベースでは投資元本を割り込むことがあります。
  • 投資信託の購入から換金・償還までの間に直接または間接的にご負担いただく費用には次のものがあります(みずほ銀行で取扱中の追加型投資信託の上限を表示しています)。
    • *購入時手数料(購入金額、口数等に応じ、基準価額に対して、最大3.575%(税抜3.25%))
    • *運用管理費用(信託報酬)(純資産総額に対して、最大年率2.31%(税抜2.1%))(ただし、運用成果に応じてご負担いただく実績報酬は除きます)
    • *信託財産留保額(換金時の基準価額に対して最大0.50%)
    • *監査費用・売買委託手数料等その他費用
      実際の費用の種類・額および計算方法はファンドにより異なります。また、その保有期間・運用状況等により換金時および期中の手数料等が変動するファンドもございます。その詳細は各ファンドの「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」、「商品基本資料」でご確認ください。
  • 一部の投資信託には、信託期間中に中途換金できないものや、換金可能日時があらかじめ制限されているものもあります。
  • 投資信託をご購入の際は必ず最新の「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」、「商品基本資料」の内容をご確認のうえ、ご自身でご判断ください。「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」、「商品基本資料」はみずほ銀行の支店および出張所等(一部を除きます)の店舗にご用意しております。なお、みずほインターネット専用投信については、店舗等でのご相談や商品に関するご説明等は行っておりません。そのため、みずほインターネット専用投信の「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」、「商品基本資料」は店舗にはご用意しておりませんので、みずほダイレクト[インターネットバンキング]の電子交付サービスにより各書面をお受取のうえ、内容をご確認ください。投資信託の詳細な情報が記載されている「請求目論見書」をご希望の場合は、みずほ銀行ウェブサイトよりご確認ください。

(2024年2月26日現在)

ページの先頭へ