ページの先頭です

みずほ総合口座の商品内容

みずほ銀行では、順次、次期勘定系システム(以下「新システム」)へ移行しております。
新システムへの移行にともなう商品・サービスの変更内容につきましては、以下ページをご参照ください。

変更後の商品概要説明書につきましては、以下ページをご参照ください。

普通預金、定期預金、積立定期預金、総合口座貸越(自動融資機能)をセットでご利用いただけます。旧みずほコーポレート銀行の店舗ではお取り扱いしておりません。

みずほ総合口座商品内容

お支払い・お受け取り 普通預金で給料や年金の受け取り、公共料金の支払いができます。
ためる・ふやす 定期預金・積立定期預金で安全・確実にお金をふやします。
かりる
(総合口座貸越)

普通預金の残高を超えて払い戻しまたは各種料金等の口座振替の請求があった場合、総合口座定期預金(以下、「担保定期預金」といいます)があれば、不足額を自動的に融資(当座貸越)します。総合口座普通預金に入金があると、自動的に返済となります。

【貸越極度額】
担保定期預金の合計額の90%、または200万円のうちいずれか少ない金額(ただし1,000円未満は切り捨てます)

【総合口座貸越選択サービス】
店頭での事前の手続きにより、ご利用いただけます。

自動集計サービス 1ヵ月分のお預かり金額とお支払い金額の合計額が通帳に記入されます。
  • みずほ総合口座で取り扱う預金は、みずほ銀行が元本保証していますが、みずほ銀行の業務または財産の状況の変化を直接の原因として元本欠損が生じる場合があります。
    この預金は預金保険の対象として、同保険の範囲内で保護されます。くわしくは「預金保険制度について」をご覧ください。
    預金保険制度についてはこちら

総合口座貸越選択サービスについて

ATMやみずほダイレクトでの取引について、お客さまが総合口座貸越の利用を選択できるサービスです。総合口座貸越分を支払可能残高に含めないため、万一、預金の不正払い出しの被害に遭われた場合にも、被害を限定的にする効果があります。
「総合口座貸越選択サービス」をご利用いただくと、下記記載の【総合口座貸越の対象とならないお取引の種類】は、自動融資(貸越)とならず、普通預金の残高の範囲内での取引となります。

総合口座貸越の対象とならない取引の種類

ATM等での取引

ATMによる「引出し」「振込」「振替 *」、デビットカードサービス(J-Debit)、バンクPOSサービス、みずほJCBデビット、スマートデビット(Smart Debit)

みずほダイレクトでの取引

インターネットバンキング 「振込」「振替」「ネット振込決済サービス」「スーパーデビット」「カードローンのご返済」
モバイルバンキング 「振込」「振替」「ネット振込決済サービス」「モバイルSuica銀行口座チャージサービス」「カードローンのご返済」
テレホンバンキング 「振込」「振替」「カードローンのご返済」「投資信託のご購入」
  • *同一名義人間の振替取引の場合は、「総合口座貸越」の対象となることがあります(取引店が同一の場合)。

なお、以下の取引については、「総合口座貸越選択サービス」のお申し込み後も、「総合口座貸越」の対象となります。

総合口座貸越の対象となる取引の種類

店頭での取引

すべて

公共料金・クレジットカード等の口座振替

すべて

ローンのご返済

すべて

ATM等での取引

カードによる定期預金の預入、カードによる外貨預金の預入、ペイジー税金・料金払込みサービス、宝くじのご購入

みずほダイレクトでの取引

インターネットバンキング 定期預金・積立定期預金の預入、外貨預金の預入、投資信託のご購入、ペイジー税金・料金払込みサービス、宝くじのご購入、住宅ローン一部繰上返済
モバイルバンキング 定期預金の預入、外貨預金の預入、ペイジー税金・料金払込みサービス、宝くじのご購入
テレホンバンキング 定期預金・積立定期預金の預入、外貨預金の預入、特約付き外貨定期預金の預入、外国送金、国債のご購入、住宅ローン金利方式切換、住宅ローン一部繰上返済

上記の関係は、以下のとおりです。(○ …取引成立[支払可]、× …取引不成立[支払不可])

普通預金の残高の範囲内での取引 「総合口座貸越」を利用しての取引
総合口座貸越の対象とならない取引の種類 ×
総合口座貸越の対象となる取引の種類

ご注意いただきたい事項

  1. ATMやみずほダイレクトにおける預金口座の支払可能残高の画面等での表示は「貸越額を含んだ支払可能残高(普通預金の残高に総合口座貸越を加えた金額)」が表示されます。
    −たとえば−
    普通預金を10万円、総合口座定期預金を10万円お持ちのお客さまが「総合口座貸越選択サービス」を申し込んだ場合、
    • (お引き出しいただける金額)
      店頭でのお取引であれば最高19万円までお引き出しいただけますが、ATMでの取引であれば最高10万円までのお引き出しとなります(普通預金残高10万円+総合口座貸越9万円〔総合口座定期預金残高の90%〕)。
    • (ATMやみずほダイレクトの画面等のおける「預金残高」ならびに「支払可能残高」の表示)
      ATM画面等では、預金口座残高「10万円」、支払可能残高「19万円」と表示されます。
      表示される支払可能残高と実際にATM等でお引き出しいただける金額が異なりますので、ご留意ください。
  2. 本サービスを申し込んだ後、担保定期預金を総合口座に新たにお預け入れいただいても、上記の【総合口座貸越の対象とならないお取引の種類】については、普通預金の残高の範囲内での取引となります。

みずほ総合口座の口座を開設する

お問い合わせ先

みずほインフォメーションダイヤル<個人のお客さま専用>

0120–3242–86 [1][♯]

海外からのご利用などフリーダイヤルをご利用いただけない場合
042-311-9210[1][#][通話料有料]

受付時間
月曜日~金曜日 9時00分~21時00分
土・日曜日 9時00分~17時00分

*1月1日〜1月3日、祝日・振替休日はご利用いただけません。
*12月31日の受付時間は9時00分〜17時00分です。

(2018年9月10日現在)

ページの先頭へ