ページの先頭です

人事担当役員メッセージ

代表取締役常務 門利剛の写真

代表取締役常務 門利剛

当社は、最新の金融理論やIT、データ分析技術を駆使し、お客さまであるユーザーにとって真に役に立つ金融技術を開発し、その直面する課題へのソリューションを提供し、付加価値を創造することを使命としています。単なる金融工学や金融技術の研究機関ではありません。

当社の使命を果たすには、理論と実務の架け橋となり、グローバルに通用する技術を創造し、ノウハウを蓄積していくことが求められます。一方、当社は、銀行業務、保険業務、資産運用業務といった金融の各分野において、世界の舞台で通用し飛躍する技術ノウハウを開発し実践することと同時に、事業会社向けのコンサルティングの分野でも活用が期待される等、当社の保有する技術やノウハウを多様な側面で社会発展に貢献できるユニークな機能を持っていると考えます。株主であるみずほフィナンシャルグループ、第一生命、損保ジャパン日本興亜の各業務実務現場との連携もスムーズに行われ、事業会社や金融機関を対象としたリスク管理や業務管理の高度化等、様々なお客さまのニーズに対応したコンサルティングや、刻々と変動する市場や投資環境に対応した効率的な資産運用手法の開発など、株主グループやお客さまが、不透明な環境の中でグローバル競争に勝ち抜くために必要なソリューションの提供の一翼を担う金融技術開発会社と自負しております。

このため当社では、常に、自ら広くグローバルな情報ネットワークを構築し、最先端の金融理論やAIを含めたテクノロジーに敏感で、常に実務の中でSomething Newを創造しようとする強い意欲と才能のある人材を求めています。立ち止まることなく日々努力して新しいものにチャレンジする精神を持ち、お客さまのニーズに応えることのできる高いコミュニケーション能力を持った有為な人材に、当社は国内海外を問わずドアを広く開けています。

フラットで風通しのよい組織と、各人の個性と創造力の発揮を尊重し、社員お互いが切磋琢磨できる明るい働き甲斐のある職場環境と高度な社内インフラのもとで、それぞれの技術を磨いたプロフェッショナルがチームワークでしっかりとした仕事をすることを大切にする会社です。海外留学制度など自己研鑽を積むための環境整備にも留意していますし、もちろんプロフェッショナルとして不足のない処遇が用意されています。

<みずほ>のグループ会社

<みずほ>のブランド戦略

ページの先頭へ
ページの先頭へ