ページの先頭です

詐欺メール(フィッシング詐欺)にご注意ください

(2021年4月23日更新)

宅配便の不在通知を騙る偽ショートメッセージ(SMS)(2020年8月4日)

現在、以下の偽SMSが大量に配信されています。

以下のようなSMSを受信した場合は、すぐに削除し、記載されたリンクへのアクセスやお客さま情報の入力は絶対にしないでください。

宅配便を装ったSMSのイメージ

一見、宅配便を装ったSMSですが、リンク先の偽画面へ誘導し、みずほ銀行のインターネットバンキングのログインパスワード、第2暗証番号等のお客さまの情報を入力させ、盗み取って不正に送金する手口です。

不審なSMSを受け取った、リンク先へ入力してしまったなどの場合は、以下のお問い合わせ先までご相談ください。

みずほダイレクト[ヘルプデスク]

  • 0120–3242–99(フリーダイヤル みずほに ダブルクリック)
    海外からのご利用などフリーダイヤルをご利用いただけない場合は[通話料有料]03–3211–9324
  • 0120–3242–99(フリーダイヤル みずほに ダブルクリック)
    海外からのご利用などフリーダイヤルをご利用いただけない場合は[通話料有料]03–3211–9324
  • <受付時間>
    平日 9時00分~21時00分
    土・日曜日、祝日・振替休日 9時00分~17時00分
    *1月1日~2日はご利用いただけません。
    *12月31日、1月3日の受付時間は9時00分~17時00分です。

各種電話によるお取引、お問い合わせ窓口(インフォメーションダイヤル、みずほダイレクトヘルプデスク等)のご利用時間変更のご案内

みずほ銀行を騙り、偽サイトへ誘導しお客さま情報の窃取を試みるSMS(2020年6月19日)

銀行からのご本人さま確認依頼を装い、偽サイトへ誘導する不審なSMSが確認されています。
通帳記帳最終残高、みずほダイレクト第2暗証番号をすべて入力させるような画面は不正画面ですので、ご注意ください。

【見本】送付が懸念される不審なショートメール

以下のようなショートメールのリンク先ページは、不正画面の可能性があり、個人情報を入力することは危険です。リンク付メールにて個人情報の提供を求められる場合は、検索サイトで調べる等して、正規のサイトかご確認のうえ、慎重に入力をお願いいたします。

不審なショートメールのイメージ

不正画面のURLは左記の通り「mizuho」を含む文字列になっている等、みずほ銀行の正規サイトと思わせるようにされているケースが大半です。

(画面はイメージです。)

詳しくは一般社団法人日本サイバー犯罪対策センターのウェブサイトの注意喚起をご確認ください。
インターネットバンキングの不正送金の被害に注意(一般社団法人日本サイバー犯罪対策センター)
https://www.jc3.or.jp/topics/banking/phishing.html

みずほ銀行からの送信を騙り、みずほダイレクト[インターネットバンキング]の偽サイトへ誘導しお客さま情報の搾取を試みる電子メール(2020年2月26日)

みずほ銀行からの送信を騙り、お客さま情報の更新を入力させるみずほダイレクト[インターネットバンキング]の偽サイトへ誘導する不審な電子メールが確認されています。

【見本】確認されている不審な電子メール

みずほ銀行は以下のような電子メールを送信しておりません。
以下のような電子メールに記載されているリンク先ページは、不正画面でありお客さま情報を入力することは危険です。ご対応なさらず削除ください。万一、不審なメールのリンク先のサイトにて、お客さま情報を入力してしまったお客さままたはご不明な点がございましたら、みずほダイレクトの利用停止等のお手続きを行いますので、みずほダイレクトヘルプデスク(0120–3242–99)まで直ちにご連絡ください。

みずほ銀行は以下のような電子メールを送信しておりません。
以下のような電子メールに記載されているリンク先ページは、不正画面でありお客さま情報を入力することは危険です。ご対応なさらず削除ください。万一、不審なメールのリンク先のサイトにて、お客さま情報を入力してしまったお客さままたはご不明な点がございましたら、みずほダイレクトの利用停止等のお手続きを行いますので、みずほダイレクトヘルプデスク(0120–3242–99)まで直ちにご連絡ください。

不審な電子メールのイメージ

【見本】不審な電子メールからのリンク先であるみずほ銀行の偽サイト

<スマートフォン画面>

スマートフォン画面 不審な電子メールからのリンク先であるみずほの偽サイトのイメージ

みずほ銀行からの送信を騙り、みずほダイレクト[インターネットバンキング]の偽サイトへ誘導しお客さま情報の搾取を試みる電子メール(2019年12月10日)

みずほ銀行からの送信を騙り、お客さま情報の更新を入力させるみずほダイレクト[インターネットバンキング]の偽サイトへ誘導する不審な電子メールが確認されています。

【見本】確認されている不審な電子メール

みずほ銀行は以下のような電子メールを送信しておりません。
以下のような電子メールに記載されているリンク先ページは、不正画面でありお客さま情報を入力することは危険です。ご対応なさらず削除ください。万一、不審なメールのリンク先のサイトにて、お客さま情報を入力してしまったお客さままたはご不明な点がございましたら、みずほダイレクトの利用停止等のお手続きを行いますので、みずほダイレクトヘルプデスク(0120–3242–99)まで直ちにご連絡ください。

みずほ銀行は以下のような電子メールを送信しておりません。
以下のような電子メールに記載されているリンク先ページは、不正画面でありお客さま情報を入力することは危険です。ご対応なさらず削除ください。万一、不審なメールのリンク先のサイトにて、お客さま情報を入力してしまったお客さままたはご不明な点がございましたら、みずほダイレクトの利用停止等のお手続きを行いますので、みずほダイレクトヘルプデスク(0120–3242–99)まで直ちにご連絡ください。

不審な電子メールのイメージ

【見本】不審な電子メールからのリンク先であるみずほ銀行の偽サイト

<スマートフォン画面>

スマートフォン画面 不審な電子メールからのリンク先であるみずほの偽サイトのイメージ

<PC画面>

PC画面 不審な電子メールからのリンク先であるみずほの偽サイトのイメージ

矢印

PC画面 不審な電子メールからのリンク先であるみずほの偽サイトのイメージ

詐欺メール(フィッシング詐欺)の例

不審なメールが届いた場合は安易にリンク先にアクセスしたり、添付ファイルを開いたりせず削除してください。
万一不審なメールのリンク先に誘導されたり、添付ファイルを開いた場合でも、みずほダイレクト等のお客さま番号・パスワード・合言葉、キャッシュカード暗証番号、預金口座番号、クレジットカード番号等を入力しないようお願い申しあげます。

【参考1】詐欺メール(フィッシング詐欺)の例(その1)

みずほ銀行からのお知らせです。
みずほダイレクトのご使用有り難うございます。

<パターン①>
この度、外部からのウイルス攻撃などによってみずほダイレクトに登録されている情報が流失した可能性がありますので、ただ今、緊急で流失の可能性のあるお客さまの情報を確認し、認証作業を行っていますので申請ページよりお必要事項を記入し手続きを行ってください。
<パターン②>
最近、外部からみずほダイレクトに侵入される事件がおきています。セキュリティー強化の為、定期的にお客さまの情報を確認させて頂いているところです。お客さまの情報を確認し認証作業を行っていますので申請ページよりお手続きを行ってください。
<パターン③>
最近、外部からのウイルス攻撃などによってみずほダイレクトにログインできなくなるエラーのお問い合わせが増えています。セキュリティー向上の為、攻撃対象になったサーバーに登録されているお客さまの情報を確認し認証作業を行っていますので申請ページよりお手続を行ってください。
<パターン④>
この度、外部からお客さま情報の保存サーバーに侵入された形跡があり、みずほダイレクトに登録されているお客さま情報が書き換えられた可能性があります。緊急で可能性のあるお客さまの情報を確認し、認証作業を行っていますので、申請ページよりお必要事項を記入し手続を行ってください。

申請ページ>http://xxx.xxxx.xxxx.com/
この手続きを怠るとみずほダイレクトのご使用ができなくなる事がありますので早急に手続きを行ってください。ご協力有り難うございます。
みずほ銀行

【参考2】詐欺メール(フィッシング詐欺)の例(その2)

みずほダイレクトのご使用、有り難うございます。
このメールはみずほダイレクトご利用のお客さまに配信しております。

この度、新たなセキュリティーシステムの導入に伴い、お客さま情報の確認を行っています。ご面倒をお掛けしますが必要事項の記入をお願いします。

手続きを怠るとみずほダイレクト使用中にエラーなどの発生が生じる可能性がありますので大至急、手続きをお願いします。
以下URLより手続きにお進みください

<http://xxxx.xxxxx.xxxx.com/>

手続きを怠るとみずほダイレクト使用中にエラーなどの発生が生じる可能性がありますので大至急、更新手続きをお願いします。
ご面倒をお掛けいたしますがご協力お願いいたします。
みずほ銀行

操作にお困りの際は 0120-xx-xxxx 一般ダイヤル(通話料有料)東京:03-xxxx-xxxx 大阪:06-xxxx-xxxx
商品関連のご質問は 0120-xx-xxxx一般ダイヤル(通話料有料)東京:03-xxxx-xxxx 大阪:06-xxxx-xxxx

【参考3】詐欺メール(フィッシング詐欺)の例(その3)

本文:
みずほ銀行ご利用のお客さまへ
みずほ銀行のご利用ありがとうございます。
このお知らせは、みずほ銀行をご利用のお客さまに送信しております。
この度、みずほ銀行のセキュリティーの向上に伴いまして、ワンタイムパスワードを導入する事になりました。
ワンタイムパスワードとは、1回限りで無効となる使い捨てのパスワードであり、第三者によるパスワード悪用などのリスクは小さくなります。ワンタイムパスワードをお申し込みいただいたお客さまにはトークン(ワンタイムパスワード専用表示端末)をお届けし、インターネットバンキングおよびモバイルバンキングをご利用の際に、従来の第2暗証番号の代わりに、トークンに表示されるワンタイムパスワードをご入力いただきます。
ご面倒をおかけしますが発行手続きをお願いします。
 手続きをお願いします
トークンは後日郵送で届きますので到着までは現在の第二暗証番号をお使い下さい。
この手続きを怠ると今後のオンライン上での操作に支障をきたす恐れがありますので、一刻も素早いお手続きをお願いします。
みずほ○○○銀行

注意事項

送信元の電子メールアドレスについて、みずほ銀行を装っている可能性がありますのでご注意ください。

詐欺サイト(フィッシングサイト)の例

【参考1】詐欺サイト(フィッシングサイト)の例(その1)

アドレス(URL)はみずほ銀行のものとは異なります。

みずほダイレクトの正しいURLは以下となります。

お客さま番号入力画面 https://web.ib.mizuhobank.co.jp/servlet/LOGBNK0000000B.do
ログインパスワード入力画面 https://webX.ib.mizuhobank.co.jp/servlet/LOGBNK0000001B.doXXX・・・(略)・・・
または
https://webX.ib.mizuhobank.co.jp/servlet/LOGWRD0010001B.doXXX・・・(略)・・・
  • *Xはアクセス状況により変わります
  • *お使いのブラウザによっては、「~co.jp」の直後にポート番号「:443」が表示されます。

詐欺サイトのイメージ

詐欺サイトのイメージ

【参考2】詐欺サイト(フィッシングサイト)の例(その2)

詐欺サイトのイメージ

関連情報

みずほダイレクト[ヘルプデスク]

  • 0120–3242–99(フリーダイヤル みずほに ダブルクリック)
    海外からのご利用などフリーダイヤルをご利用いただけない場合は[通話料有料]03–3211–9324
  • 0120–3242–99(フリーダイヤル みずほに ダブルクリック)
    海外からのご利用などフリーダイヤルをご利用いただけない場合は[通話料有料]03–3211–9324
  • <受付時間>
    平日 9時00分~21時00分
    土・日曜日、祝日・振替休日 9時00分~17時00分
    *1月1日~2日はご利用いただけません。
    *12月31日、1月3日の受付時間は9時00分~17時00分です。

(2021年4月23日更新)

ページの先頭へ