ページの先頭です

みずほ変動金利定期預金

お預入期間中、6ヵ月ごとに適用金利が見直される定期預金です。
みずほ変動金利定期預金は店舗のほかATMでもお預入ができます(みずほダイレクトではご利用できません)。

商品内容

ご利用いただける方 個人および法人のお客さま(ただし、複利型は個人のお客さまのみとなります)
お預入期間 定型方式 2年、3年
満期日指定方式 2年超3年未満
(定型方式3年もの以外は店舗でのみ取扱ができます)
(お預入時のお申出により自動継続のお取扱ができます)
お預入方法 一括してお預け入れ
お預入金額・単位 1円以上(1円単位)
適用利率

適用利率は以下の算定方式で6ヵ月ごとに変更されます。(注)今日の金利

指標金利(*1) + スプレッド金利α(*2)

  1. (*1)指標金利は、預入日または利率変更日(預入日から6ヵ月ごと応当日)における以下の利率となります。
お預入れ金額 指標金利
300万円未満 みずほ銀行のスーパー定期(6ヵ月もの)の利率
1,000万円未満 みずほ銀行のスーパー定期(6ヵ月もの)300万円以上の利率
1,000万円以上 みずほ銀行の大口定期預金(6ヵ月もの)の利率
  1. (*2)スプレッド金利αの利率は預入日に決定され満期日まで一定となります。ただし、自動継続の場合、継続日にスプレッド金利αの利率が変更となる場合があります。

(お利息についてのご留意事項)
金融情勢の変化によっては、同日お申し込みいただいた同一期間の固定金利定期預金商品[スーパー定期、大口定期預金]よりも受取利息額が少なくなる場合があります。
スーパー定期、大口定期預金と比較した場合、常にスプレッド金利αの分だけ本商品のほうが金利は高くなります(*)が、期日前解約をした場合、本商品は預入日に遡って期日前解約利率が適用(期日前解約について、詳しくは下記ご参照ください)されるため、結果として受取利息額が少なくなる場合があります。

  1. (*)金融情勢によりスプレッド金利αが0%となる場合があります。

【金利イメージ】

約定利率=指標金利+スプレッド金利α

金利イメージ

お預入日または利率変更日に設定された指標金利(*1)にスプレッド金利α(*2)を上乗せし、利率変更日(預入日から6ヵ月ごと応当日)に利子をお支払いいたします(単利型の場合)。

  • グラフはイメージであり、今後の金利状況を予測するものではありません。
  • スプレッド金利αの利率は満期日まで一定となります。
利払い方法 【複利型の場合】
半年複利で計算し、満期日以後に一括してお支払いいたします。
【単利型の場合】
  • お預入日の6ヵ月ごとの応当日(中間利払日)および満期日以後に分割してお支払いいたします。
  • 中間利払日にお支払いする利息は、お預入日または前回の中間利払日からその中間利払日の前日までの日数および中間利払利率(約定利率×70%)により計算した金額をお支払いし、残額は満期日にお支払いいたします。
  • *複利型は個人のお客さまに限らせていただきます。
税金 <法人のお客さま>
  • 総合課税
<個人のお客さま>
  • 20.315%の源泉分離課税(国税15.315%、地方税5%)
  • マル優
  • *2013年1月1日~2037年12月31日までの期間は、復興特別所得税が付加されております。
  • *税制改正により、法人のお客さまがお受取をされる預金利息については、地方税の特別徴収が廃止となっています。
期日前解約時のお取扱
  • 満期日前に解約される場合は、期日前解約利率が適用されます。
    詳しくは商品概要説明書をご覧ください。
  • 期日前解約利率により計算した利息額が、既にお支払いした中間払利息額(中間利払日が複数ある場合は各中間払利息の合計額)より少額のときは、その差額をお支払いいただきます。
  • 期日前解約利率は、約定利率・預入期間等によっては0%となる場合があります。
備考 この預金は、みずほ銀行が元本保証していますが、みずほ銀行の業務または財産の状況の変化を直接の原因として元本欠損が生じる場合があります。
この預金は預金保険の対象として、同保険の範囲内で保護されます。詳しくは「預金保険制度について」をご覧ください。
  1. (注)満期日以降の利息は、解約日または書替継続日における普通預金利率により計算いたします。

関連情報

(2019年8月16日現在)

ページの先頭へ