ページの先頭です
本文の先頭です

窓口における一部の地方公共団体の納付書を使用した税公金収納業務の取扱終了について

株式会社みずほ銀行は、お取引のある地方公共団体との間で税公金の取扱に関する協議を踏まえ、2022年4月1日以降、順次、窓口における一部の地方公共団体の納付書を使用した税公金収納業務について、取扱を終了させていただくことになりました。

なお、口座振替やインターネットバンキング・ATM等を利用したペイジー納付は、引き続きご利用いただけます。

お取扱が終了となる地方公共団体については、「お取扱が終了となる地方公共団体一覧」をご参照ください。(PDF/1,259KB)

お取扱が終了となる地方公共団体の税公金をみずほ銀行窓口で受け付けする場合について

  • お取扱のできる金融機関へ取り次ぎをさせていただくため、別途手数料*が発生します。
    • *2024年2月現在の取次手数料は1件につき660円(税込)です。
      なお、地方税統一QRコード(※)の付加された税目の納付書については、手数料は発生いたしません。
  • また、お取扱のできる金融機関への取り次ぎには日数を要するため、早めのお手続きをお願いいたします(納付期限に間に合わない場合には延滞金が発生することがあります)。
  • 手数料が発生せずにお手続きいただける金融機関は、納付書記載内容または各地方公共団体へご確認いただきますようお願いいたします。
  • *QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です
  • *今回ご案内の地方公共団体のほかにも、従来よりお取扱が有料の地方公共団体もございます。
  • *協議継続中の地方公共団体もございますので、今後、対象先は順次増加となる予定です。

なお、お手持ちの納付書等に「納付できる場所」として「みずほ銀行」が記載されている場合でも、各地方公共団体のお取扱が終了となる時期以降は、上記のお取扱となりますのでご了承ください。

お客さまにはご不便をおかけいたしますが、より一層のサービス向上に努めてまいりますので、何卒ご理解とご協力を賜りますよう、お願い申しあげます。

窓口での税公金等の納付に関するよくあるご質問一覧へ

以上

ページの先頭へ