ページの先頭です

暗証番号やログインパスワード等の管理について

最近、キャッシュカードの暗証番号や、インターネットバンキングのパスワード等を他人に不正に使用される被害が増加しています。
被害を未然に防ぐために、キャッシュカードの暗証番号や、みずほダイレクト[インターネットバンキング]・インターネット残高照会等のログインパスワード等は、生年月日、電話番号などを避け、他人に推測されにくいものをご利用ください。

暗証番号としてのご使用を避けていただきたい番号

  • 生年月日、自宅の住所・地番・電話番号、勤務先の電話番号、自動車などのナンバー、同一数字、連番。
  • みずほ銀行との取引以外で使用する暗証(ロッカー、貴重品ボックス、携帯電話など)と同じ番号。

推測されやすい番号をお使いの場合には、すみやかに変更をお願いいたします。
また、暗証番号やログインパスワードは、定期的に変更されることをお勧めいたします。

パスワード管理

「第1暗証番号」や「ログインパスワード」は、キャッシュカード暗証番号と異なる番号をお薦めいたします。また、単純な番号(「1111」「9999」など)や、生年月日、電話番号の下4桁など、他人に簡単に推測されるような番号は使わないでください。
また、一定期間毎、あるいは不定期に変更するようにしてください。

ご自身のパソコン以外でのご利用

インターネットカフェなどにある、お客さまがご自身で管理されていないパソコンをご利用いただく場合は、入力した内容がパソコンに残ってしまい、他人に悪用される可能性があります。みずほダイレクト[インターネットバンキング]をご利用いただく場合は、パソコンのセキュリティ設定などに十分ご留意のうえ、お客さまご自身の責任においてご利用ください。

変更方法は、みずほ銀行各店舗へご照会ください。

キャッシュカードの暗証番号変更は、みずほ銀行のATMやコンビニATM(イーネット・ローソン)でもお取り扱いしております(セブン銀行ATMでは、暗証番号変更をご利用いただけません)
みずほダイレクト[インターネットバンキング]のログインパスワードの変更方法は、下記よりご確認ください。

  • 現金の引き出しなどの際に、暗証番号を後ろから盗み見られたり、他人に知られたりしないようにご注意ください。
  • インターネットカフェやお勤め先などの共用パソコン等には、不正にパスワードを搾取するソフト等を仕掛けられている危険性もありますので、インターネットバンキング等のご利用については十分にご注意ください。
  • 暗証番号やログインパスワードをメモしたり、他人に教えるなどの行為は絶対に行わないでください(カード上に暗証番号を記入することは絶対に避けてください)。
    なお、銀行員、銀行協会職員、警察官などが、店舗外や電話などで暗証番号やログインパスワードをお尋ねすることはございません。不審な場合には、直ちにお取引店にご照会ください。
  • キャッシュカードやみずほダイレクトのご利用カードも通帳や印鑑と同様大切なものなので、第三者に渡すことなく、厳重な管理をお願いいたします。
  • ATMご利用明細票には、お客さまの口座番号・残高などが記載されています。かならずお持ち帰りいただきますようお願い致します(一部のお取引では、ATM操作時に「発行不要」をご選択いただくことも可能です)。
ページの先頭へ