ページの先頭です

みずほ銀行の「フィデューシャリー・デューティーの実践に向けた取組方針」について

~お客さま本位の業務運営の徹底~

株式会社みずほ銀行(以下「当行」)は、<みずほ>グループの一員として、株式会社みずほフィナンシャルグループ(以下「FG」)が定める『<みずほ>の企業理念』を採択しております。
『<みずほ>の企業理念』においては、「お客さまの中長期的なパートナーとして、最も信頼される存在であり続ける」ことをグループのビジョンとして定めるとともに、同ビジョンの実現に向けて、「お客さま第一」をはじめとした5つの価値観・行動軸(みずほValue)を全ての役員と社員が共有することとしており、当行をはじめとするグループ各社は、幅広い金融サービスを持つエキスパート集団として、フィデューシャリー・デューティー*を全うすべく、お客さまの多様なニーズへの的確な対応や、最高水準のソリューションを提供する取り組みを行っております。

  • *他者の信認に応えるべく一定の任務を遂行する者が負うべき幅広い様々な役割・責任の総称

みずほフィナンシャルグループは、「フィデューシャリー・デューティー・アドバイザリー・コミッティ」における外部有識者の方々からのご提言や、<みずほ>グループにおけるアクションプランの実施状況等も踏まえ、お客さま本位の業務運営のさらなる徹底を目的に、資産運用関連業務における「<みずほ>のフィデューシャリー・デューティーに関する取組方針」を策定・公表しております。グループの資産運用関連業務のうち販売機能を担う当行は、<みずほ>グループの一員として、当該取組方針にのっとり、今後もお客さまの立場に立った施策を実践してまいります。取組方針の内容を踏まえた当行の具体的な施策につきましては、以下の「アクションプラン」をご覧ください。

『<みずほ>の企業理念』「<みずほ>のフィデューシャリー・デューティーに関する取組方針」についてはみずほフィナンシャルグループのウェブサイトをご覧ください。

なお、当行は、金融庁が2017年3月30日に公表した「顧客本位の業務運営に関する原則」の7つの原則全てについて、採択をしております。

ページの先頭へ