ページの先頭です

電子決済等代行業者との連携及び協働に係る方針

株式会社みずほ銀行(以下、「当行」といいます)は、2017年5月26日に成立した「銀行法等の一部を改正する法律」に基づき、下記の「電子決済等代行業者との連携及び協働に係る方針」を制定し、公表いたします。

電子決済等代行業者との連携及び協働に係る基本方針

<みずほ>は、外部企業とのオープンイノベーションを積極的に推進し、新規ビジネス創出や先進的なサービスの提供に努めてまいりました。

API*1の提供は、電子決済等代行業者との間で、適正な条件のもと、セキュリティ・お客さま保護等を確保したうえで、システム接続・データ連携を行うことにより、預金者向けに多様なサービスを提供することをさします。APIが提供されることにより、「お客さまの安全・安心の確保」「サービスの利便性」の両面での高度化が期待されることから、<みずほ>はAPIの提供についてもオープンイノベーションを推進するための必須なインフラと捉えております。主に個人や事業会社等に対してインターネットを通じて各種預金取引サービスを提供しているグループ会社は、銀行法等の趣旨に従いAPI接続にかかる基準等を内閣府令公布後すみやかに策定・公表のうえ、電子決済等代行業者との連携及び協働に努めてまいります。

当行は、上記方針に則り、以下の通り電子決済等代行業者との接続にかかる体制整備及びシステム構築を行っております。

*1 Application Programming Interface の略。
外部のサービス等とシステム連携をするためのプログラムやインターフェース。

更新系API・照会系APIを活用して接続できるような整備を行うかどうかの別及びその理由並びに当該整備を行う場合は整備の完了を予定する時期

当行は、更新系・照会系APIのいずれについても電子決済等代行業者との間でお客さまの安全・安心を確保したうえでのシステム接続・データ連携ができるよう、銀行法等を踏まえ、所定の体制整備を行ってまいります。

現在、当行が提供を行っているAPIは以下の通りとなっております。

  種別 提供するAPI 完了時期
個人チャネル 1号(更新系)
  • 振替取引(普通預金口座、貯蓄預金口座、当座預金口座)
  • 登録振込取引(普通預金口座、貯蓄預金口座、当座預金口座)
  • カードローン借入・返済取引(普通預金口座、貯蓄預金口座、当座預金口座、カードローン口座)
整備済み
2号(照会系)
  • 残高照会取引(普通預金(円貨・外貨)口座、定期預金(円貨・外貨)口座、積立定期預金口座、グローバル口座、貯蓄預金口座、カードローン口座)
  • 入出金明細照会取引(普通預金(円貨・外貨)口座、貯蓄預金口座、カードローン口座)
整備済み
法人チャネル(みずほe–ビジネスサイト) 1号(更新系)
  • 総合/給与・賞与振込依頼取引(普通預金口座、当座預金口座)
整備済み
2号(照会系)
  • 残高照会取引(普通預金口座、当座預金口座、貯蓄預金口座、定期預金口座、積立定期預金口座、通知預金口座)
  • 入出金明細照会取引(普通預金口座、当座預金口座、貯蓄預金口座、定期預金口座、積立定期預金口座、通知預金口座)
整備済み
法人チャネル(みずほビジネスWEB) 1号(更新系)
  • 総合振込取引(普通預金口座、当座預金口座)
  • 振込振替取引(普通預金口座、当座預金口座、貯蓄預金口座)
整備済み
2号(照会系)
  • 残高照会取引(普通預金口座、当座預金口座、貯蓄預金口座、定期預金口座、積立定期預金口座、通知預金口座)
  • 入出金明細照会取引(普通預金口座、当座預金口座、貯蓄預金口座)
整備済み

なお、2017年5月26日に成立した「銀行法等の一部を改正する法律」においては、電子決済等代行業者との接続にかかる基準の作成・公表等が求められているため、内閣府令が公布後速やかに対応、整備してまいります。

システムの設計、運用及び保守を行うか又は第三者に委託して行わせるかの別その他の当該整備を行う体制にかかるシステムの構築に関する方針

当行は、システムの構築に関するセキュリティ対応にあたっては、一般社団法人全国銀行協会が公開している「オープンAPIのあり方に関する検討会報告書–オープン・イノベーションの活性化に向けて–」と同等基準に従うものとします。

また、当行が提供を行っているAPIにおいては、以下を採用しております。

アーキテクチャー・スタイル REST
通信プロトコル HTTPs
データ表現形式 JSON
認可プロトコル OAuth2.0

当行の一部の法人向けインターネットバンキングは、銀行共同利用型センターを利用します。

電子決済等代行業者との連携及び協働に係る業務を行う部門の名称及び連絡先

電子決済等代行業者との連携及び協働に係る業務を行う部署は、その対象となるチャネル毎に以下の通りとなっております。

チャネル 部署名
個人チャネル 個人マーケティング推進部
法人チャネル e–ビジネス営業部

電子決済等代行業者との連携及び協働に係る業務に関するお問い合わせは、以下の入力フォームよりご入力ください。

お問い合わせ内容の入力はこちら(入力フォーム)

電子決済等代行業者が当行との連携及び協働を検討するにあたって参考となるべき情報

当行は、先行してAPI連携サービスの提供を開始しており、引き続き安全・安心の確保に十分留意しながらサービス継続に努めてまいります。
なお、当行と電子決済等代行業者との連携及び協働の主な実績としては、以下のものがございます。

みずほ銀行APIの提供を通じたオープンイノベーションのさらなる推進について~マネーフォワード、Moneytreeの各アプリとの連携開始~(PDF/160KB)

ページの先頭へ