ページの先頭です

ハウスコイン

いつも利用している企業のアプリから決済が可能になる ハウスコイン

ハウスコインとは? スマホひとつでスマートなキャッシュレス決済が可能なキャッシュレスサービスです。企業や自治体が提供するアプリ上からいつも利用しているサービスを簡単に決済することができます。

事例紹介

  • 【事例1】にゃんPay

    事例1イメージ

    ヤマト運輸公式アプリでご利用いただけるキャッシュレス決済サービス
    にゃんPayで支払うと宅急便運賃が12%割引(一部対象外のサービスがございます)

    詳細はこちら

    みずほDXの事例紹介

  • 【事例2】everiwa wallet

    事例2イメージ

    パナソニックの「everiwa Charger Share」サービスにおける利用者間の決済プラットフォームサービス
    ※EV自動車保有者と、EV自動車充電用のコンセントなどの設備提供者をマッチングするサービスです

    everiwaの詳細はこちら

    特定商取引法に基づく表記について(PDF/42KB)

ご注意事項

  • ハウスコインサービスは、みずほ銀行が提供するキャッシュレスサービスであり、各協業企業が提供するアプリサービスなどから、利用規約に同意いただき、必要な情報を登録することでご利用いただけます。
  • ハウスコインサービスは日本国内でのみ利用できるものとし、国内居住者でない場合、ハウスコインサービスを利用できません。また、日本の携帯電話番号を有する端末向けサービスであり、本件端末が日本の携帯電話番号を有しなくなった場合には、サービスの利用は中止または中断されるものとします。
  • ハウスコイン各サービスのご利用には、各企業アプリごとからの申込から数営業日を要する場合がございます。
  • みずほ銀行は、ハウスコインユーザーがハウスコインサービスの利用にあたって適用される規約、約款、約定等(これらに限りません。)に違反しまたは違反するおそれがあると認めた場合(またはそのおそれがあるとみずほ銀行が判断する場合を含みますが、これらに限りません。)その他みずほ銀行が必要と認めた場合には、ハウスコインユーザーに事前に通知することなく必要措置を講じることができるものとします。
  • ハウスコインアカウント内のハウスコインの残高が長期間利用されない場合には、各利用規定の定めにより失効する場合があります。
  • みずほ銀行は、災害・事変等みずほ銀行の責に帰すことのできない事由、または裁判所等公的機関の措置等やむを得ない事由により、サービスの取扱が遅延または不能となった場合、それにより生じた損害について一切の責任を負いません。
  • ハウスコイン各サービスの利用規約は、日本法に準拠し、日本法に従って解釈されるものとします。
ページの先頭へ