ページの先頭です

外貨預金

外貨定期預金・外貨普通預金の口座開設やお預け入れなどができます。

外貨普通預金、外貨定期預金、特約付き外貨定期預金には、元本割れとなるリスクなどやお客さまにご負担いただく手数料などがあります。

インターネットバンキング

サービス内容 外貨普通預金の口座開設・振替
外貨定期預金の口座開設*・お預け入れ*・満期日取扱方法変更*
  • *みずほダイレクト[インターネットバンキング](パソコンサイト)のお取引となります。
取扱通貨
  • 外貨普通預金:米ドル、ユーロ、英ポンド、スイスフラン、オーストラリアドル、ニュージーランドドル
  • 外貨定期預金:米ドル、ユーロ、英ポンド、スイスフラン
外貨定期預金の
預入期間
1ヵ月、2ヵ月、3ヵ月、6ヵ月、1年
ご利用限度額

外貨定期預金の口座開設・預入

1回あたりのお取引金額

10万円相当額以上、10万米ドル相当額未満

  • *外貨定期預金と円預金との間のお振替金額は、全通貨合算で1日累計10万米ドル相当額未満となります。

外貨普通預金の口座開設・預入・振替

1回あたりのお取引金額

  • 預入通貨が円貨の場合:1円以上、1億円以下
  • 預入通貨が外貨の場合:10通貨単位以上、100万通貨単位以下
  • *外貨定期預金と円預金との間のお振替金額は、全通貨合算で1日累計10万米ドル相当額未満となります。
外貨定期預金の
満期日取扱方法変更

外貨定期預金の満期日の取扱方法は、自動継続方式の「元利継続型」と「利息受取型」もしくは自動解約方式(円貨受取もしくは外貨受取)のいずれかを選択できます。

元利継続型(自動継続方式)

利息を元金に組み入れ、預入時にご指定いただいた期間にて継続します。

利息受取型(自動継続方式)

満期時に利息をあらかじめ指定された口座に入金し、前回と同じ元金・期間の外貨定期預金を継続作成します。

利息受取口座は、代表口座取引店の(総合)普通預金、貯蓄預金、外貨普通預金口座(同一通貨)からお選びいただけます。

  • *満期日の取扱方法変更にて、変更後の取引方法に利息受取型はご指定できません。

自動解約方式

満期日に自動的に解約し、解約後の元利金をご指定の受取口座に入金いたします。受取口座は、代表利用口座店の普通預金、貯蓄預金、代表利用口座店または利用口座店の外貨普通預金口座(同一通貨)からお選びいただけます。

  • *円貨受取の場合、満期日当日のみずほ銀行所定の公示相場(TTB(米ドルの場合10時00分ごろ、ユーロ・英ポンド・スイスフランの場合11時00分ごろに決定))でのお取り扱いとなります。
  • *受取口座へのご入金は、満期日当日にみずほ銀行がご入金手続を完了した時点となりますので、あらかじめご了承ください。
  • *外貨定期預金の満期日当日の解約および満期日為替予約はお取り扱いしておりません。お近くのみずほ銀行店舗にてお取り扱いします。
  • *満期日取扱方法の変更は、満期日1ヵ月前応当日の翌営業日から、満期日の前営業日の15時00分までの受け付けとさせていただきます。

モバイルバンキング

サービス内容 外貨普通預金の振替
外貨定期預金の口座開設・振替・お預け入れ
取扱通貨
  • 外貨普通預金:米ドル、ユーロ、英ポンド、スイスフラン、オーストラリアドル、ニュージーランドドル
  • 外貨定期預金:米ドル

テレホンバンキング

サービス内容 外貨普通預金の口座開設・振替
外貨定期預金の口座開設・お預け入れ
ご利用にあたり、事前に商品説明資料(契約締結前交付書面)の受領と説明をお受けいただくことが必要となります(お持ちの「契約締結前交付書面」の発行年月日などを確認させていただきます)。
取扱通貨 米ドル、ユーロ、英ポンド、スイスフラン、オーストラリアドル、ニュージーランドドル

ご利用時間(外貨預金)

外貨普通預金

通貨 取扱時間
米ドル・ユーロ・英ポンド・スイスフラン・オーストラリアドル・ニュージーランドドル 平日9時00分~21時00分

外貨定期預金

通貨 取扱時間
米ドル・ユーロ 平日9時00分~21時00分*1
英ポンド・スイスフラン 平日11時00分~15時00分
  • *1平日15時00分~21時00分の受付分は翌営業日扱い。
  • *なお、為替相場が決定・変更される時刻(9時00分(米ドル・ユーロ)・10時00分(米ドル)・11時00分(ユーロ・英ポンド・スイスフラン)・15時00分(米ドル・ユーロ))をまたぐ場合や、為替相場が急激に変動した場合など、お取り扱いできない場合がございますので、ご了承ください。
  • *外貨定期預金については残高照会や、入出金明細にすぐには反映されません。
  • *土・日曜日、祝日、振替休日、12月31日~1月3日はご利用いただけません。

為替相場

為替相場

円預金→外貨預金 原則としてみずほ銀行所定のTTSレートを適用します。
外貨預金→円預金 原則としてみずほ銀行所定のTTBレートを適用します。

みずほ銀行所定のTTSレート・TTBレートの基準

外貨普通預金

米ドル・ユーロ・英ポンド・スイスフラン・オーストラリアドル・ニュージーランドドル
9時00分~21時00分 市場連動相場

外貨定期預金

米ドル
9時00分~10時00分 9時00分時点の実勢相場を基準とした為替相場
10時00分~15時00分 公示相場
15時00分~21時00分 15時00分時点の実勢相場を基準とした為替相場
ユーロ
9時00分~11時00分 9時00分時点の実勢相場を基準とした為替相場
11時00分~15時00分 公示相場
15時00分~21時00分 15時00分時点の実勢相場を基準とした為替相場
英ポンド・スイスフラン
11時00分~15時00分 公示相場
  • *公示相場公表の時間に伴い、遅れる場合がございます。また、相場が大きく変動した場合は、異なる為替相場が適用される場合があります。

ご留意事項

  • *外貨預金(外貨普通預金、外貨定期預金)には為替リスクがあり、為替相場の変動によって為替差益または為替差損(円貨ベースで「元本割れ」となることがございます。)が生じます。
  • *満20歳未満の方は外貨預金取引をご利用いただけません。
  • *為替変動がない場合でも、お預け入れ時とお引き出し時の円換算レートは異なります。
    原則として、お預入時には円から外貨へのみずほ銀行所定の換算レート(TTS)、お引き出し時には外貨から円へのみずほ銀行所定の換算レート(TTB)が適用されます。例えば米ドルの場合、為替手数料としてお預け入れとお引き出しを合わせて2円のご負担となりますので、公示レートが1ドルにつき2円を超える円安にならない場合は元本割れの可能性もあります。
  • *インターネット支店の場合、インターネット支店以外のみずほ銀行本支店での外貨預金のお取引はできません。
  • *利子所得は法人のお客さまは総合課税(国税15.315%)、個人のお客さまは源泉分離課税(国税15.315%、地方税5%)として課税されます。
  • *為替差益は「雑所得」として総合課税の対象となり、確定申告が必要です。(ただし、年収2,000万円以下の給与所得者の方で為替差益を含めた給与所得以外の所得が年間20万円以下の場合は申告不要です)。為替差損は、他の黒字の「雑所得」から控除できます。他の所得区分との損益通算はできません。
  • *復興特別所得税の課税により、2013年1月1日から2037年12月31日までの25年間、預金利息等にかかる税率は20.315%(国税15.315%、地方税5%)となります。
  • *外貨預金には為替リスクがありますので、お取引の経済効果、為替リスクを十分ご理解いただいた上で、お客さま自身の判断に基づいてお申し込みくださいますようお願いいたします。
  • *マル優のお取り扱いはできません。
  • *預金保険の対象とはなりません。
  • *円を外貨にする際(預入時)および外貨を円にする際(引出時)は手数料(1米ドルあたり片道1円・往復2円、1ユーロあたり片道1円50銭・往復3円、1英ポンドあたり片道4円・往復8円、1スイスフランあたり片道90銭・往復1円80銭)がかかります(お預け入れおよびお引き出しの際は、手数料分を含んだ為替相場であるみずほ銀行所定のTTSレート(預入時)、TTBレート(引出時)をそれぞれ適用します)。
  • *為替相場の変動により、お受取の外貨元利金を満期時点で円換算すると、当初外貨預金作成時の払い込み円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。
  • *為替相場の変動がない場合でも、往復の為替手数料(1米ドルあたり2円、1ユーロあたり3円、1英ポンドあたり8円、1スイスフランあたり1円80銭)がかかるため、お受取の外貨元利金の満期時点での円換算額が当初外貨預金作成時の払い込み円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。

(2020年4月13日現在)

ページの先頭へ