ページの先頭です

本人確認書類撮影時の注意点

撮影時のご注意

運転免許証または個人番号カードの顔写真や記載事項がはっきり読み取れるように撮影してください。撮影が不鮮明な場合等、撮影した情報が読み取れず、再度初めからお申込をお願いすることがあります。

確認記載事項

  • 運転免許証の場合
    • おもて面:氏名、住所、免許証番号、生年月日、有効期限、顔写真、各公安委員会発行印
    • カードの厚み:おもて面であること、カードの厚み
    • うら面:住所・氏名の変更日および変更内容、各公安委員会発行印
  • 個人番号カードの場合
    • おもて面:氏名、住所、発行番号、生年月日、性別、有効期限、顔写真、発行元の名称・公印

良好な撮影事例(運転免許証の場合)

運転免許証の記載内容が1字1字判読できて、運転免許証全体が写っている。

おもて面例

おもて面撮影 運転免許証をガイド枠に合わせて撮影してください。

厚み例

厚み撮影 運転免許証をガイド枠に合わせて撮影してください。

うら面例

うら面撮影 運転免許証をガイド枠に合わせて撮影してください。

お申込不備となる撮影事例

撮影の際は、以下の点にご注意ください。

1.本人確認書類に光が反射している

おもて面撮影 スマホを遠ざけてください

フラッシュはオフにして撮影し、光が入り込まないようにご注意ください。

2.撮影画面のガイド枠に合わせて撮影していない

おもて面撮影 スマホを遠ざけてください

おもて面撮影 スマホを遠ざけてください

本人確認書類撮影時に撮影画面中のガイド枠に合わせて撮影してください。ガイド枠からはみ出していたり、斜めになっていると正確な読み取りができません。

3.本人確認書類を読み取れない状況で撮影しない

おもて面撮影 スマホを遠ざけてください

おもて面撮影 スマホを遠ざけてください

撮影時の環境が暗すぎる場合や背景に模様が入っている場合は、本人確認書類を正しく認識できない場合があります。無地の紙や机の上で撮影してください。

4.うら面の文字が判読できない(運転免許証の場合のみ)

うら面撮影 スマホを遠ざけてください

撮影時にピントを合わせて、画面が薄暗くならないことを確認して文字を判読できるように撮影してください。

5.ネットワーク圏外での撮影はしない

本人確認書類の認識にはネットワーク接続が必要となります。ネットワーク圏外での撮影は行わないでください。

6.カメラのアクセス許可をオフにしない

本アプリでのお申込にはカメラでの撮影が必要となります。撮影ができない場合、スマホの設定をご確認ください。

ページの先頭へ