ページの先頭です

ミャンマー向け外国送金における送金目的コード(ITRSコード)について

ミャンマー中央銀行規制(Instruction of No.1341/kaka(1)/4/58/2019–2020ほか)に基づき、ミャンマー向けの外国送金につきましては、送金目的コード「ITRSコード」(International Transactions Reporting System Code)の受取銀行宛通知が求められております。
つきましては、今後ミャンマー向け外国送金ご依頼に際しましては、円滑な現地でのご入金のため、以下の通り、ご対応をお願いいたします。

1. ご対応方法

  1. (1)外国送金ご依頼時は、「ITRSコード」(PDF/216KB)をご確認のうえ、ご記入・ご入力ください。
  2. (2)「ITRSコード」ご記入・ご入力欄
    ご依頼方法 ご記入・ご入力欄
    外国送金依頼書兼告知書 「送金目的/内容」欄に、『ITRS CODE:●●●●』とご記入ください。
    みずほe–ビジネスサイト 「みずほ銀行宛連絡事項」欄に、『ITRS CODE:●●●●』とご入力ください。
    パソコン/ホストコンピュータサービス(一括伝送) 「EB外国送金 件数合計表」の「備考」欄に、『ITRS CODE:●●●●』とご記入ください。
    みずほグローバルe–バンキングを利用した国内送金(外国送金) 当該の取引が発生する場合、事前に取引店へご相談ください。
    SWIFT事業法人接続
    国内Host to Host

ご注意

  • 上記「ご記入いただく事項」が無い場合、「着金遅延」や「資金返却」の可能性がございます。
  • また、受取銀行からの照会やそれに伴う手数料のご負担が生じるケースも想定されますので、あらかじめご留意ください。
  • 2020年5月現在の規制に基づき、ご案内しております。必要に応じて追加で情報提供をお願いする可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

2. ご記入・ご入力方法

  1. 外国送金依頼書兼告知書

    「送金目的/内容」欄に、『ITRS CODE:●●●●(4桁の数字)』とご記入ください。

  2. みずほe–ビジネスサイト

    「みずほ銀行宛連絡事項」欄に、『ITRS CODE:●●●●(4桁の数字)』とご入力ください。

  3. パソコン/ホストコンピュータサービス(一括伝送)

    「EB外国送金 件数合計表」の「備考」欄に、『ITRS CODE:●●●●(4桁の数字)』とご記入ください。

    • *上述の「EB外国送金 件数合計表」の「備考」欄にご記入いただく方法以外に、全銀フォーマットの「送金指示内訳(可変レコード)」にて、以下の可変レコードを利用して、「みずほ銀行宛連絡事項」として『ITRS CODE:●●●●』をご入力いただくことも可能です。
      可変コード 最大文字数
      ZZ1××× 最大35文字
      ZZ2××× 最大35文字
      ZZ3××× 最大140文字

送金コード「ITRSコード」一覧表(PDF/217KB)

本件に関するお問い合わせ

みずほ銀行のお取引部店にお問い合わせください。

<受付時間>平日 9時00分~17時00分
*12月31日~1月3日、土・日曜日、祝日・振替休日はご利用いただけません。

(2020年6月20日現在)

ページの先頭へ