ページの先頭です

電子署名に関するFAQ(よくあるご質問)


Q1電子メール本文中に文字化けが起こる
A1ご使用のメールソフトが正しいエンコード形式で参照できていない可能性があります。メールソフトのエンコード設定を手動で変更することにより回避できる場合があります。変更方法はQ7をご参照ください。
Q2電子メール本文中に何も表示されない
A2

携帯電話をご使用の場合
携帯電話はS/MIME(電子署名付き電子メール)に非対応のため、メール本文に何も表示されないことがあります。PC用S/MIME対応メールソフトをご使用ください。S/MIMEに対応しているPC用メールソフトは、Q6をご参照ください。

この事象において、電子メール中に添付ファイルが存在する場合は、Q3の事象に類似する可能性があるため、Q3についてもあわせてご確認ください。

Q3「smime.p7s」と「ATT00011.txt」というファイルが添付され、また、本文が空白で電子メールの件名だけが読める
A3ご使用のPCでアンチウイルスソフト製品を使用されている場合に、同製品が迷惑メールと判断し、メール本文を添付形式でメールソフト側に渡した可能性が考えられます。アンチウイルスソフト製品のメーカーにお問い合わせください。
また、その他のセキュリティ製品や、インターネットサービスプロバイダが提供する「ウイルス検知」や「spam検知」などのサービスをご使用の場合でも同様の事象が考えられますので、これら製品のメーカーやプロバイダにお問い合わせください。
Q4電子メールに、「smime.p7s」といった名称の添付ファイルがついてるがこれは何か?

Yahoo!メールの画像

A4一部のウェブメールや携帯電話メールなど、S/MIME非対応のメールソフトでは、電子署名付き電子メールの電子署名の検証を行うことができないため、電子署名が「smime.p7s」というファイル名で添付ファイルとして認識されます。
Q5電子メールを開封した時に「改ざんされている」というセキュリティ警告が出る

セキュリティ警告の画像

A5
  • ご使用のPCで、以下のアンチウイルスソフト製品を使用している場合、「改ざん検知」のメッセージが誤表示される事象があることを確認しております。
    各製品のサポートに従い適切な対処を行ってください。
    また、他の製品をご使用の場合でも、アンチウイルスソフトやその他セキュリティ製品、およびインターネットサービスプロバイダ提供のセキュリティサービスを一旦無効化して再度電子メールを参照してください(その際は、念のため製品のメーカやサービス提供元にお問い合わせください)。
  • ご使用のPCで、インターネットサービスプロバイダ提供のセキュリティサービスなどを使用している場合、この影響でセキュリティ警告が発生することも考えられます。恐れ入りますが、インターネットサービスプロバイダやサービス提供元にお問い合わせください。
  • フリーメールなどでは、インターネットサービスプロバイダが自動的に本文に広告を挿入してしまうため「改ざん」と判断されてしまう事例の報告があるようです。恐れ入りますが、インターネットサービスプロバイダやサービス提供元にお問い合わせください。
Q6S/MIME対応メールソフトはどのような種類があるか?
A6みずほ銀行では、Microsoft Outlook、Microsoft Windowsメールの対応メールソフトを確認しております。
詳細はS/MIMEのメーラー別対応状況の調査結果(フィッシング対策協議会)をご確認ください。
なお、Yahoo! メール、Gmailなどのウェブメールや携帯メールは非対応となるため、電子署名が「smime.p7s」というファイル名で添付されたり、携帯メールの場合電子メール本文が表示されないことがあります。
Q7文字エンコード形式の変更方法
A7

S/MIME対応メールソフトをご使用の場合

主なメールソフトでの変更方法をご案内します。その他のメールソフトをご使用の場合は、各メーカーへお問い合わせください。
  • Outlook
    該当する電子メールをダブルクリックして開き、[メッセージ]タブの[アクション]をクリック → [その他のアクション]から[エンコード]を選択し、正しく表示されるエンコードを設定してください。
    • *日本語(自動選択)/日本語(シフトJIS)/日本語(EUC)/Unicode(UTF–8)などから変更してください。
  • Thunderbird
    [表示]メニュー → [文字エンコーディング]から、正しく表示されるエンコードを設定してください。
    • *自動判別 日本語/日本語(ISO–2022–JP)/日本語(Shift_JIS)/日本語(EUC–JP)/Unicode(UTF–8)などから変更してください。

ウェブメールをご使用の場合

Yahoo! メール、Gmailでの変更方法をご案内します。その他のウェブメールをご使用の場合は各サービス提供元へお問い合わせください。
  • Yahoo! メール
    [操作]メニュー → [エンコードを設定]から、正しく表示されるエンコードを設定してください。
    • *日本語(ISO–2022–JP)/日本語(EUC–JP)/日本語(SHIFT–JIS)/ユニバーサル Unicode(UTF–8)などから変更してください。
  • Gmail
    詳細はGmailヘルプをご確認ください。
  • ウェブメール共通
    ウェブメールの個別設定で解決しない場合は、ウェブメールをご使用いただいているウェブブラウザ(Internet Explorer、Firefox等)のエンコード形式の変更をお試しください。
  • Internet Explorer の場合
    [表示]メニュー → [エンコード]から、正しく表示されるエンコードを設定してください。
    • *日本語(自動選択)/日本語(シフトJIS)/日本語(EUC)/Unicode(UTF–8)などから変更してください。
  • Firefox の場合
    [表示]メニュー → [文字エンコーディング]から正しく表示されるエンコードを設定してください。
    • *日本語(ISO–2022–JP)/日本語(EUC–JP)/日本語(SHIFT–JIS)/ユニバーサル Unicode(UTF–8)などから変更してください。
  • Chromeの場合
    詳細はGoogle Merchant Center ヘルプをご確認ください。
  • Safariの場合
    [表示]メニュー → [文字エンコーディング]から正しく表示されるエンコードを設定してください。
    • *日本語(ISO–2022–JP)/日本語(EUC–JP)/日本語(SHIFT–JIS)/ユニバーサル Unicode(UTF–8)などから変更してください。
ページの先頭へ