ページの先頭です

「みずほビジネスWEB」に関するご案内

振込操作時の振込手数料に関し以下のとおりご案内申しあげます。

1.改定後税率の適用基準日について

振込指定日を基準に、下表のとおり適用される消費税率が決まります。

振込指定日 振込手数料に適用される消費税率
2019年9月30日 月曜日 まで 8%
2019年10月1日 火曜日 以降 10%

(例)9月30日 月曜日に依頼した10月1日 火曜日を指定日とする振込手数料は、消費税率10%が適用されます。

2.税率改定後の振込手数料について(規定額)

(総合振込・振込振替)

税込金額

お取引区分 振込金額 振込手数料
(消費税率改定前) (消費税率改定後)
みずほ銀行同一支店内宛*1 3万円未満 0円 0円
3万円以上 0円 0円
みずほ銀行本支店宛*2 3万円未満 216円 220円
3万円以上 432円 440円
他行宛 3万円未満 540円 550円
3万円以上 756円 770円

(給与振込)

税込金額

お取引区分 給与振込手数料
(消費税率改定前) (消費税率改定後)
みずほ銀行同一支店内宛*1 0円 0円
みずほ銀行本支店宛*2 108円 110円
他行宛 324円 330円
  • *1同一の営業拠点にある支店間のお振込は「当行同一支店宛」扱いとなります。
  • *2みずほ信託銀行宛のお振込は「みずほ銀行本支店宛」扱いとなります。

3.振込操作時の振込手数料について

みずほ銀行で振込振替のみをご利用のお客さま、総合振込ご利用時に「基準手数料を使用する」で設定されているお客さまは、みずほ銀行で振込手数料を税率10%の税込金額に変更しますのでお客さまによる変更操作は不要です。
総合振込ご利用時の振込手数料を個別に設定されている場合(=「基準手数料を使用しない」で設定されているお客さま)のみ、マスターユーザまたは管理者ユーザによる変更操作が必要となります。
変更操作を行わないと、以下の影響が生じる場合があります。

(1)総合振込をご利用中のお客さまへの影響

下記事例は、支払金額50,000円の取引で、「先方負担手数料」機能を利用して振込を実施しているケースです。
振込金額は「支払金額 ─ 先方負担手数料」で算出されます。設定している「先方負担手数料」を改定後の税率で計算した手数料(税込)金額へ変更していただく必要があります。

税率改定前 税率改定後

  • (a)税率改定後に先方負担手数料の設定を756円から770円に変更することで、振込金額が49,230円となり、支払金額を50,000円にすることができます。
  • (b)税率改定後に先方負担手数料の設定変更をしていないと、振込金額が49,244円のままとなり、振込手数料は増税分を含めて770円となるため、支払金額は50,014円になり、振込手数料の増税分14円が依頼人負担となります(50,000円にできません)。

なお、振込手数料を登録変更していないと、各種帳票には税率変更前の手数料金額が表示されますので、ご注意ください。

(2)総合振込をご利用中のお客さまへのお願い

①「基準手数料を使用する」で設定されているお客さま

税率10%の振込手数料税込金額が自動的に計算されますので、お客さまによる変更作業は不要です。
(10月1日 火曜日以降の日付を指定日とする場合、振込手数料は消費税率10%で計算が行われます)

②「基準手数料を使用しない」で設定されているお客さま(=振込手数料を個別に設定されている場合)

お客さまが個別に登録されている手数料であるため、みずほ銀行での登録内容変更は行いません。
お客さま自身で登録内容を変更いただきますようお願いいたします。

  • (A)2019年9月30日までに、2019年10月1日以降を振込指定日とした振込依頼を行う場合
    →9月30日 月曜日までの日付を振込指定日とする振込操作完了後、10月1日 火曜日以降の日付を振込
    指定日とする振込予約操作を行う前に、振込手数料の登録内容を変更願います。
  • (B)2019年10月1日以降に振込依頼を行う場合
    →10月1日 火曜日以降の初回利用時に登録内容の変更をお願いします。
  • *操作方法は別紙『「振込手数料」設定変更操作マニュアル』をご参照ください。
操作マニュアル
操作マニュアル(PDF/406KB)

【本件に関するお問い合わせ先】

消費税率改定専用窓口

フリーダイヤル:0120–957854

フリーダイヤル:0120–957854

受付時間:
月曜日~金曜日 9時00分~17時00分
(祝日・振替休日はご利用いただけません)

ページの先頭へ