ページの先頭です
メニュー

メニュー

閉じる
本文の先頭です

事業計画書の書き方は?記載する項目ごとに詳しく解説

掲載日:2022年11月28日 法人口座開設準備

キービジュアル

事業計画書とは、事業内容や戦略を具体化して社内外に示すための資料のことで、経営者のビジョンや目標を実現するために重要かつ、事業を行ううえでの道標になるものです。本記事では、事業計画書を作成する理由・目的を紹介したうえで、一般的な書き方と、作成にあたって気を付けたいポイントを解説します。

事業計画書を作成する理由・目的

イメージ

そもそも事業計画書は何のために、誰のために作成するものなのでしょうか。効果的な事業計画書を作るためには、その理由や目的を明確にしておくことが大切です。以下で詳しく見ていきましょう。

経営者自身の事業計画を整理するため

事業計画書は、経営者がビジネスプランを整理するために重要な役割を果たします。思い描いている計画を書面に落として具体化すれば、経営方針に一貫性を持たせることができます。

事業計画書とは、ビジネスプランを実現させるための地図や設計図のようなものです。ビジネスプランを整理して事業計画書を作成すると、事業の戦略やターゲット、収益見込みといった様々な要素を分析しやすくなります。新たなアイデアが生まれたり、気付きや課題が見つかったりするケースも少なくありません。

経営者自身の事業計画を整理するため

事業計画書は、経営者がビジネスプランを整理するために重要な役割を果たします。思い描いている計画を書面に落として具体化すれば、経営方針に一貫性を持たせることができます。

事業計画書とは、ビジネスプランを実現させるための地図や設計図のようなものです。ビジネスプランを整理して事業計画書を作成すると、事業の戦略やターゲット、収益見込みといった様々な要素を分析しやすくなります。新たなアイデアが生まれたり、気付きや課題が見つかったりするケースも少なくありません。

社内で計画を共有するため

従業員にビジネスプランを共有するための資料としても、事業計画書は有効です。事業目標とそれを達成するためのステップを示すことで、社内でめざすべき方向性が共有でき、 スムーズな事業経営を図れます。

従業員は事業目標を達成するために「自分は何をすべきか」「会社から何を求められているか」が明確になるので、個人レベルでも目標が立てやすくなり、モチベーションアップにもつながるでしょう。事業計画書は経営者だけのものではなく、ともに働く仲間に共有して、円滑に事業を進めるために重要な役割を果たすものでもあるのです。

資金調達のため

創業期に事業資金を調達するためにも事業計画書は必要です。事業資金を調達するには、金融機関等から融資を受ける、投資家から出資してもらうという方法が代表的ですが、どちらも事業計画書の内容が融資や出資の判断材料となります。

融資を受ける場合、元金に利子を上乗せして返済する必要があります。そのため、特に創業期は「返済能力」を事業計画書の内容から判断されることが一般的です。出資を受ける場合も、その事業の将来性や成長性が分かる事業計画書が求められます。

なお事業計画書だけでは実際の経営状況は判断できないため、融資後・出資後に貸し手・出資者から決算書や確定申告書類の開示を求められることがあります。

事業計画書に記載する項目と書き方

イメージ

事業計画書の書き方に明確な決まりはありませんが、一般的に盛り込まれるべき項目はあります。主な項目とその内容、書き方について以下でチェックしていきましょう。

ビジョン・事業コンセプト

ビジョン・事業コンセプトは事業計画書の根幹となる部分です。ビジョンは「めざすべき将来像」、事業コンセプトは「事業のベースとなる考え方」のこと。まず事業コンセプトを定めて「何を目的にしているのか」「どのような事業なのか」を明らかにします。そのうえで事業のゴールとなるビジョンを掲げるのが一般的です。

事業コンセプトを定める際は、ターゲットを明確化することが大切です。「誰に向けたサービス・商品なのか」を意識することで、事業の方向性や戦略を決めやすくなります。ビジョンを掲げる際は、言葉や概念で共有できる「定性的な目標」、数字で判断できる「定量的な目標」のどちらも掲げられると良いでしょう。

創業期は定量的な目標を掲げるのは難しいかもしれませんが、数値目標があることで、具体的なアクションが取りやすくなります。「3年後に売上○○万円」「5年後に市場シェア○○%」というように大まかな目標を立ててみましょう。

業界・競合分析・事業の優位性

業界・競合分析や事業の優位性(強み)も事業計画書に盛り込まれる主な項目です。まず参入する業界や似たような商品・サービスを提供する企業のリサーチを入念に行い、自社が狙うべきポジションを探します。

業界分析では、市場規模やトレンド等を記載します。市場規模は国(総務省統計局)や民間のリサーチ会社が発表しているデータで調べる方法が一般的です。業界トレンドは専門誌やインターネットのほか、業界関係者から情報収集できます。

また競合分析では、商品・サービスの特徴やターゲット、価格帯等の詳細まで記載します。競合他社のウェブサイトで調べたり、実際にその企業の商品・サービスを利用したりする方法があります。これらの分析結果を踏まえて、自社の優位性を見つけましょう。

業界・競合分析や優位性は表やポジショニングマップにすることで、経営者自身が整理しやすく、第三者に対しても伝わりやすくなります。

販売・仕入計画

販売計画や仕入計画は今後の見込み収益を示すための大切な情報です。販売計画を作る際は、以下のような数式を用いて、根拠のある数字を試算します。

【販売計画の計算例】

  • 平均商品単価×年間販売数
  • 平均客単価×1日あたりの来店客数×年間営業日数
  • 平均客単価×席数×回転率×年間営業日数

計算方法は業態やサービス内容によって異なります。自社のビジネスに合わせて、妥当性のある計算式を使いましょう。また季節変動がある場合は、月単位の販売計画を立てて年間販売計画を予想することが大切です。年間の販売計画が立ったら、3~5年分の販売計画を作りましょう。

仕入計画も販売計画をベースに同じ年数分の計画を作ります。仕入原価率が分かっていれば、そこから仕入金額が予想できます。

採用・育成計画

従業員を雇う場合は、採用計画や育成計画も事業計画書に盛り込みましょう。まず事業に必要な業務を洗い出し、どの業務に何人必要か明らかにします。事業規模を拡大する予定があれば、それに合わせて2年目以降の採用人数を見積もります。

採用人数が決まったら、人件費を算出します。正社員かアルバイト・パートかによって人件費は変わってくるので、雇用形態ごとに単価設定が必要です。また会社が負担する社会保険料や福利厚生費、残業代等も人件費に含めます。

一般的に人件費は経費の中でも割合が高く、収益性を左右する要素の一つです。同業種の平均的な人件費や売上に対する人件費の割合をリサーチして、妥当な人件費を見積もりましょう。

人材育成計画も事業において大切な要素です。事業のビジョンと照らし合わせながら、必要に応じて求めるスキルや期待する成果を事業計画書にも書き記しましょう。

投資・調達計画

創業期は設備資金や運営資金等まとまったお金が必要です。まず、事業に必要な設備を洗い出して費用を見積もりましょう。小売業や飲食業のように店舗を持つのであれば、内装や什器、テーブルや椅子等を準備しなければなりません。オフィスを構える場合も、デスクやパソコン等が必要です。

運転資金(事業に必要な日常的なお金)の見積もりも事業計画に盛り込みたい項目です。運転資金には、仕入原価や人件費、広告宣伝費、水道光熱費等があります。起業してすぐは順調に売上が立たないことも考えられるため、これらの費用の3~6ヵ月分程度は準備しておくと良いでしょう。

設備資金や運営資金を調達するための計画も大切な要素です。自己資金だけで足りなければ、出資や融資によって資金を調達しなければなりません。出資や融資は必ずしも受けられるとは限りませんが、多くもなく少なくもなく、正しく見積もることを心掛けましょう。

損益計画・損益分岐点

損益計画とは、ビジネスプランを実行することでどれだけ利益が出そうか数値化したものです。3~5年分の計画を立てるのが一般的で、出資や融資を受ける際にも重要視される項目です。

前述した売上・仕入計画や人件費、投資計画等をベースに試算します。また売上目標を立てる際のベースとなる損益分岐点を算出することもあります。損益分岐点とは利益(売上から経費を差し引いた金額)がゼロになるときの売上高のこと。つまり損益分岐点を超える売上があれば利益が生じ、損益分岐点を下回る売上では損失が出ます。

具体例を用いて損益分岐点を計算してみましょう。

【前提条件】

  • 売上高:100万円
  • 変動費(売上に応じて金額が変化する費用、例:仕入原価、販売手数料):40万円
  • 固定費(必ず発生する費用、例:賃料や正社員の固定給):30万円

【計算式】
損益分岐点
= 固定費 ÷{(売上高 - 変動費)÷ 売上高}
= 30万円 ÷{(100万円 - 40万円)÷ 100万円}
= 50万円

このケースの損益分岐点は50万円なので、それを超える売上があれば利益が生じるといえます。

事業計画書を作成するにあたってのポイント

イメージ

効果的な事業計画書を作成するためには、いくつか気を付けたいポイントがあります。主に以下のような点を意識して作成しましょう。

自社に合った内容にする

事業計画書では「なぜその事業に取り組むのか」という根拠が重要です。テンプレートを使って作成する場合でも形式的に項目を埋めるのではなく、「なぜその業界や分野に参入するのか」「本当にその分野にビジネスチャンスはあるのか」という点を、業界・競合分析を入念に行ったうえで過不足なく盛り込みましょう。

また、事業の優位性の説明も十分に記載する必要があります。単純に競合他社と商品・サービスを比較するだけではなく、今後の見通しも踏まえて説明しなければなりません。

総務省が公開している「事業計画作成とベンチャー経営の手引き」によると、事業計画に多く見られる問題点の一つとして「競争優位性の説明が非常に不足」という内容があげられています。

現実的な目標・計画にする

壮大な目標・計画を掲げても、それが非現実的なものであれば事業計画書が成立しません。現実的な計画を立てるように心掛けましょう。達成可能な目標の立て方としては、「SMARTの法則」という枠組みを使う方法があります。これは以下5つの要素の頭文字を取ったもので、目標設定のための方法です。

  • S(Specific):具体性、明確性
  • M(Measurable):計測可能性、計量性
  • A(Achievable):達成可能性
  • R(Relevant):関連性
  • T(Time-bound):明確な期限

これらの要素を踏まえて目標を設定することで、より現実的な計画に近づけられるでしょう。上記の要素を満たす事業計画を立てるには、テストマーケティングや市場調査を行い、客観的なデータを基に計画を立てる必要があります。

誰に向けて書くのかを意識する

事業計画書を作る目的は一つではありません。経営者がビジネスプランを整理するために書く事業計画書と、社内にビジネスプランを共有するための事業計画書では盛り込むべき内容が異なります。そのため、事業計画書を書く際はターゲットを意識しましょう。

例えば、社内向けの事業計画書ならビジョンや採用・育成計画等、従業員の業務やモチベーションに関わる内容に比重を置くと良いでしょう。出資者や金融機関に見てもらうなら、販売・仕入計画や収益計画、事業戦略のように事業の成長性を裏付ける内容が必要です。

事業計画書は必ずしも1種類である必要はないので、経営者がビジネスプランを整理する際に作った事業計画書をベースに、ターゲットに合わせて必要な部分を抜粋・加工して作成し直すのも一案です。

事業計画書の書き方についてよくある疑問

イメージ

ここでは事業計画書の書き方について、よくある疑問とその回答を紹介します。スムーズに事業計画書を作成できるよう、取りかかる前にチェックしておきましょう。

事業計画書の書式やページ数は決まっている?

事業計画書に決まったフォーマットはありません。書式やページ数は経営者が自由に決められます。ただし、ページ数が多すぎると読みにくくなるので注意が必要です。多くても15~20ページ程度を目安としましょう。

また書式が見にくかったり文字数が多かったりするのも、読み手の負担になりやすいので気を付けたいポイントです。誰が見ても分かりやすいよう、シンプルで要点を押さえた書き方を意識しましょう。

事業計画書のフォーマットを提供しているサイトや金融機関もあるので、それをベースに作成するのも一案です。第三者向けに作成するなら、必要な情報を1枚にまとめても良いでしょう。

専門家のサポートを受けたいときの相談先は?

事業計画書を第三者に見せて意見を求めることは大切です。特に初めて作成する際は、知見のある人に内容をチェックしてもらい、計画の精度や読みやすさに配慮し、ブラッシュアップしましょう。

事業計画書の相談先としては、税理士や中小企業診断士、起業コンサルタント等の専門家があげられます。事業計画書の作成経験がある知り合いの経営者等に見てもらうのも有効です。また、地域の商工会議所で相談を受けてくれたり、専門家を紹介してくれたりする場合もあります。

まとめ

イメージ

事業計画書は事業の道標となる重要な資料です。経営者が思い描くビジネスプランを整理するために有効で、社内に共有して自社がめざすべき方向性を知ってもらう役割もあります。

事業計画書の書き方に決まったルールはありませんが、事業コンセプト・ビジョンや業界・競合分析等、盛り込んでおきたい項目はあります。本記事を参考に、目的に合った分かりやすい事業計画書を作りましょう。

そして会社設立後には、法人銀行口座を開設すると便利になります。個人用口座と分けることで、事業資金の流れが分かりやすくなり経理業務の負担を減らせるといったメリットがあります。みずほ銀行の法人口座なら、店舗で開設するほか、インターネット経由で開設することも可能です。事業計画書の作成と合わせて、法人銀行口座の開設を検討してみてはいかがでしょうか。

法人口座開設(法人のお客さま)

(記事提供元:株式会社ADKマーケティング・ソリューションズ)

  • *本稿に含まれる情報の正確性、確実性あるいは完結性をみずほ銀行が表明するものではありません。
    また、個別の表現については、必ずしもみずほ銀行の見解を示すものではありません。
    最新の情報をご確認のうえ、ご自身でご判断いただくようお願いいたします。

その他の最新記事

ページの先頭へ