ページの先頭です

シンジケートローン市場

日本のシンジケートローン市場

近年のシンジケートローン市場規模の拡大は『「お客さま」「投資家」「アレンジャー」それぞれの効果』、『JSLA(日本ローン債権市場協会)等による環境整備』、『企業サイドのデットIRへの理解』が相乗的に働いていることに起因しています。
日本におけるシンジケートローンの組成額は、2017年度は30.5兆円(全国銀行協会公表ベース)となっており、今日では社債とならぶ資金調達手段として位置付けられています。

今後とも有力な資金調達手段の一つとして位置付けられるシンジケートローン市場

国内シンジケートローン市場の組成額推移

(出典)2006年度~2017年度:全国銀行協会貸出債権市場取引動向

ページの先頭へ