ページの先頭です

みずほグローバルe-バンキング各種機能のご紹介

海外進出企業のクロスボーダー資金管理ニーズに対応したWebベースのシステムです。

各種機能

データ ダウンロード・アップロード

照会系データのダウンロード(貴社PCへの取り込み)と、依頼系データのアップロード(貴社PCからの送り出し)が可能です。

「照会系データのダウンロード」
全ての照会データ(口座情報・取引情報)を取り込めます。

「依頼系データのアップロード」
送金・輸入信用状開設の依頼データを一括作成し、承認・送信が可能です。
送金依頼・輸入信用状開設依頼にご使用するテンプレートの一括登録が可能です。

「貴社業務との連携」
受け渡しデータは汎用的なCSV形式のテキストファイルですので、みずほグローバルe-バンキングは、貴社の業務システムや業務データと、柔軟に連携し、業務の効率化をサポートします(データフォーマットは金融分野の世界標準SWIFTに準拠しています。くわしくは別途ご相談ください)。

グローバル・マルチアクセス

インターネットへ接続できるパソコンであれば、世界中のどこからでも、同時に複数のユーザーでアクセスが可能ですので、お客さまはリアルタイムに連携した業務フローをグローバルに構築できます。

「複数のオペレーターで」
複数のご担当者が入力業務、照会業務等を、異なる場所からでも同時並行で作業できます。

「入力ご担当者と承認責任者が連携して」
リアルタイムで更新される入力データを、統括拠点など、離れた場所からでも承認できます。

10ヵ国語(11種類)切り替え表示

みずほグローバルe-バンキングは画面表示を英語、日本語、中国語(繁体字・簡体字)、タイ語、韓国語、ベトナム語、インドネシア語、ポルトガル語、スペイン語、マレーシア語に切り替えてご利用いただけます。

中国語画面で作成した依頼データを、日本語画面で承認するなど、お客さまのスムーズな業務展開をサポートします。また、中国語圏の拠点では依頼系メニューの一部で漢字入力が可能です。
(切り替え表示は項目、タイトル、メッセージ等です。データ部分は原則英語となります。)

ページの先頭へ