ページの先頭です

支払企業における特色等

「でんさいネットサービス」の支払企業における特色や、「でんさい」の発生方法等は、以下のとおりです。

ご検討いただき、ご関心のある場合は、預金等のお取引をいただいております支店、もしくは最寄りの支店までお問い合わせください。また、所定の審査の結果、ご希望にそいかねる場合もございますので、あらかじめご了承ください。

主な特色

手形発行事務の軽減

  • 手形発行・交付にともなう事務の軽減・合理化を図ることが可能
  • 手形にかかわるトラブル・紛失リスクを回避

手形発行に伴うコストの削減

  • 手形用紙代・手形郵送代、印紙税の節減を実現

スキーム概要図

スキーム概要図

「でんさい」の発生・決済方法

発生方法

支払企業が、納入企業に対して「でんさい」を発生させる場合、みずほe-ビジネスサイトまたはみずほビジネスWEBを経由して「でんさいネットサービス」にログインし、「でんさい」発生のデータ登録を行います。電子債権記録機関である株式会社全銀電子債権ネットワーク(以下、「でんさいネット」といいます)にて「でんさい」の発生記録がされた(=「でんさい」が発生した)場合、支払企業および納入企業に対して電子メールにより「でんさい」の発生が通知されます。

発生方法

期日決済方法

「でんさい」の支払期日には、発生させた「でんさい」の資金決済が必要となります。資金決済は、「でんさいネット」からの決済銀行(みずほ銀行)に対する指図に従い、支払企業が決済銀行(みずほ銀行)に有する口座から「でんさい」の支払期日における債権者の指定口座に対し、資金が自動で送金されること(口座間送金決済といいます)により行われます。
支払企業には、支払期日の2営業日前に電子メールにて、資金決済に関する通知がありますので、その通知内容をご確認のうえ、決済に必要な資金を口座にご準備いただく必要があります。

ページの先頭へ