ページの先頭です

iDeCoの運用

確定拠出年金は自分で選んだ商品で運用し、その運用結果によって将来の受け取り額が決まります。
なお、投資信託は預金とは異なり、運用結果によっては損失が生じる可能性があります。

商品を選ぶ前に最低限理解したいポイント

元本確保型と元本確保型以外の違い

運用商品は「元本確保型」と「元本確保型以外」に分類されます。

元本確保型(定期預金等) 原則、元本(預けたお金)が保証される運用商品です。積み立てた資産に、所定の利息等が上乗せされます。 元本確保型以外(投資信託等) 元本が保証されていない運用商品です。運用成果によって資産が増えることもあれば減ることもあります。

ポイント1:運用商品は資産ごとにリスクとリターンが異なります

資産の種類によってリターンとリスクの水準はある程度特徴が見られます。

リスクとリターンのイメージ図
  • *図はあくまで一般的な傾向であり、必ずしもこの通りの分布とならない場合もあります。

ポイント2:投資信託など値動きのある商品で運用する場合、リスクをおさえるには分散投資が効果的です。

投資の世界には「1つのカゴにすべての卵を盛るな」という格言があります。もしものときでも大きな損失を被ることがないよう、値動きの特徴が異なる複数の資産を組み合わせて運用しましょう。なお、定期預金のみで運用する場合は、原則元本が保証されています。

分散投資をしなかった場合と分散投資をした場合のイメージ図

ポイント3:分散投資の組み合わせ(資産配分)は、人それぞれ異なります。

年齢、リスクに対する考え方などによって、どんな資産配分が適しているかは様々です。

ポイント4:年金資産は定期的に見直しましょう。

運用を開始した後も、運用環境、年齢、目標の変化にあわせて、適宜、資産を見直すことが大切です。

運用商品の指定方法

配分指定書の記入方法について

お申込時に「確定拠出年金配分指定書」をご提出いただくことで、運用する商品を指定できます。「確定拠出年金配分指定書」はウェブ上で申込書類を作成する際に、印刷される書類の一部として出力されます。ご加入後は、ウェブ等で何度でも運用商品は変更できます。

「確定拠出年金配分指定書」の説明図

運用がはじめての方にもおすすめ!マンガで運用のキホンが学べます!

<あらすじ>

独身サラリーマンのユウジ。日々、「健康」にも「お金」にもまるで気を遣っていない、単調で怠惰な日常を送っていた。そんな、ユウジの元にある日突然、親戚を名乗るマコおばさんが現れ、奇妙な同居生活が始まる。
ちょっとおせっかいなマコおばさんに「健康」も「お金」もバランスが大事だと教えられ、ユウジは自身の将来やお金の運用について考え始める。
果たして、ユウジは理想の未来を迎えられるのだろうか。

資産運用サポートロボアドバイザー SMART FOLIO〈DC〉はこちらから体験できます

SMART FOLIO〈DC〉ご留意事項

  • 「SMART FOLIO〈DC〉」はお客さまのリスク許容度に応じたモデルポートフォリオに沿った資産運用のシミュレーション結果をご提示するものです。「SMART FOLIO〈DC〉」において提示するモデルポートフォリオは、みずほ第一フィナンシャルテクノロジー株式会社が金融工学の理論(現代ポートフォリオ理論等)を活用して、一定の前提のもと、みずほ銀行が正確であると判断した情報(過去の数値等を含む)に基づき提供させていただいておりますが、将来起こりうるマーケットの変動等が網羅されているわけではなく、その正確性、確実性、完全性や将来の運用成果を保証するものではありません。

お問い合わせ

iDeCoに関する詳しい内容のご照会、ご相談は

  • みずほ銀行 確定拠出年金コールセンター
    0120–867–401
    フリーダイヤルをご利用いただけない場合[通話料有料] 045–949–6250
  • みずほ銀行 確定拠出年金コールセンター
    0120–867–401
    フリーダイヤルをご利用いただけない場合[通話料有料] 045–949–6250
  • <オペレーターサービス利用時間帯>
    平日 9時00分~21時00分
    土・日曜日、祝日・振替休日 9時00分~17時00分
    (12月31日~1月3日、ゴールデンウィークの一部の日およびメンテナンスの日はご利用いただけません)
    委託運営先 確定拠出年金サービス株式会社

個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)お申込に関するご留意事項

  • 原則、60歳まで途中のお引出、脱退はできません。
  • 運用商品はご自身で選択します。運用の結果によっては損失が生じる可能性があります。
  • 加入から受取が終了するまでの間、所定の手数料がかかります。
  • 60歳時点で通算加入者等期間が10年に満たない場合、段階的に最高65歳まで受取を開始できる年齢が遅くなります。
  • 運用商品の配分指定をされなかった場合、毎月の掛金や移換される資産は、所定の期間経過後、全額「みずほDC定期預金(1年)」で運用されます。
    *インターネットやコールセンターで運用商品の見直しが可能です。
  • 積み立てられた商品の売買には、所定の日数がかかります(通常3~8営業日かかります)。
  • 退職などに伴い企業型確定拠出年金の加入資格を喪失した方は、6ヵ月以内にお手続きください。

このウェブサイトは、金融ソリューションに関する情報提供を目的として作成されたものです。記載内容は、みずほ銀行が信頼できると判断した各種データに基づき作成されておりますが、その正確性、確実性を保証するものではありません。本資料は発行時点の法令に基づいて作成しております。今後の法令等の改正および商品内容の見直しにより変更になる可能性がありますのでご留意ください。(2019年7月1日現在)

ページの先頭へ