ページの先頭です

通信暗号化方式「SSL3.0」のサポート終了について

2016年2月23日

「みずほダイレクト」および「インターネット残高照会サービス」は、セキュリティ強化のため、脆弱性が報告されている通信の暗号化方式SSL3.0による接続を終了いたします。
終了後はTLS1.0以上(SSL3.0の次の暗号化方式)に対応していない環境からはご利用いただけなくなります。

SSL3.0のサポート終了日

2016年3月6日 日曜日 以降順次
作業の実施状況等により、変更時期が前後する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ご利用できなくなる可能性のある環境

1.パソコン

  • Internet Explorer6以前のブラウザをご利用の場合
  • ブラウザのセキュリティ設定等により、TLSの設定をオフにしている場合

2.携帯電話(フィーチャーフォン)

  • 主に2009年以前に発売開始された携帯電話(フィーチャーフォン)をご利用の場合

対応方法

1.パソコン

  • (1)Internet Explorerをご利用の場合
    以下をご参考のうえ、TLS1.0・TLS1.1・TLS1.2を有効にしてください。
    Internet Explorer7以降は、初期設定で「TLS」が有効となっており、設定変更されない限り、「TLS」で接続がなされます。また、より安全にご利用いただくために、SSL3.0を無効化してご利用されることをお勧めします。
    • Internet Explorerの[ツール]メニューの[インターネット オプション]をクリックします。
      画面
    • [インターネット オプション]ダイアログボックスの[詳細設定]タブをクリックします。
    • [セキュリティ]カテゴリで、[SSL3.0を使用する]のチェックボックスをオフにし、[TLS 1.0を使用する]、[TLS 1.1の使用]、および [TLS 1.2の使用]のチェックボックスをオンにします。
      画面
    • [OK]をクリックします。
    • Internet Explorerを終了し、再起動します。
  • (2)その他のブラウザをご利用の場合
    • Firefox・Chromeをご利用の場合
      Firefox・ChromeはTLSに対応しており、Firefox34以降、Chrome40以降のWebブラウザは、すでに「SSL3.0」では接続できないようになっています。
      Firefoxのウェブサイト
      Chromeのウェブサイト
    • Safari(Mac OSX)をご利用の場合
      Safari(Mac OSX)はTLSに対応しております。SSL 3.0の脆弱性については、OS X Yosemite v10.10で修正されており、OS X Mountain Lion v10.8、OS X Mavericks v10.9にはSSL 3.0の脆弱性に対応するソフトウェアアップデートが提供されています。
      セキュリティアップデート2014–005のウェブサイト
      OS X Yosemite v10.10 のセキュリティコンテンツについてのウェブサイト

2.携帯電話(フィーチャーフォン)

主に発売開始が2009年以前の携帯電話をご利用の場合は、「TLS」の対応状況を各メーカーや携帯電話会社にお問い合わせください。
docomoのウェブサイト
SoftBankのウェブサイト
au(一部端末についてはソフトウェアのアップデートが必要になります。)

本件のお問い合わせ先

みずほダイレクトヘルプデスク 0120-3242-99 海外からのご利用などフリーダイヤルをご利用いただけない場合は03-3211-9324[通話料有料] <受付時間>月曜日~金曜日9時00分~21時00分 土・日曜日、振替休日9時00分~17時00分 *1月1日~2日はご利用いただけません。 *12月31日、1月3日は9時00分~17時00分の受付となります。

ページの先頭へ