ページの先頭です

取引時確認について(法人のお客さま)

「犯罪による収益の移転防止に関する法律」に基づき、口座の開設・200万円を超える大口の現金取引・10万円を超える現金の振込などの際に、お客さまの「取引時確認」をさせていただきます。ご理解のうえ、ご協力くださいますようお願い申しあげます。

取引時確認が必要な取引

  1. 口座開設、貸金庫、保護預りなどのお取引の開始時
  2. 200万円を超える大口の現金によるお取引時
  3. 10万円を超える現金でのお振込、公共料金等の払込み(国や地方公共団体への各種税金・料金の納付を除く)などのお取引時

上記以外にも取引時確認をさせていただく場合があります。

取引時確認における確認事項・お持ちいただく書類について

お客さまが法人の場合

確認事項 お持ちいただく書類
名称・本店または主たる事務所の所在地 本人確認書類(原本)をお持ちください
取引を行う目的 お持ちいただく書類はございません(店頭で確認させていただきます)
事業内容 登記事項証明書・定款等をお持ちください
来店された方の氏名・住所・生年月日 本人確認書類(原本)をお持ちください
当該法人のお客さまのための取引であることが分かる書類 委任状のご提示等、みずほ銀行所定の方法で確認させていただきます
25%超の議決権(株式等)を取得されている方の有無、および、その方の氏名・住所・生年月日 お持ちいただく書類はございません
(店頭で確認させていただきますので、あらかじめご確認をお願いします)
  • *1ご本人確認書類については、「本人確認書類(法人のお客さま)」をご覧ください。

本人確認書類(法人のお客さま)

ご留意事項

  • 上記以外にも確認させていただく場合があります。
  • 一度「取引時確認」をさせていただいたお客さまは、通帳・キャッシュカードのご提示などみずほ銀行所定の方法により「取引時確認」をさせていただく場合があります。
  • お客さまの氏名(名称)・住所・生年月日のほか、本人確認書類の名称・記号番号等を記録させていただきます。また、本人確認書類の写しを取らせていただく場合があります。
  • 「取引時確認」ができない場合、お取引には応じられないこともございます。

(2015年11月13日現在)

ページの先頭へ