ページの先頭です

みずほオリジナルサービス

Debit Card(みずほビジネスデビット)

法人口座残高を上限とした即時決済が可能。ビジネスのキャッシュレス・ペーパーレス化を促進できます。

記事イメージ

サービス概要

法人・個人事業主・任意団体を対象としたVisaビジネスデビットカード。世界200以上の国・地域で利用可能です。普通預金口座をお持ちであれば原則誰でも作成できます。

おすすめポイント

法人口座残高を上限とした即時決済によりビジネスのキャッシュレス・ペーパーレス化を促進!また会員専用WEBは法人向け管理機能が充実しています。

ケーススタディ

精算業務の負担をデビット活用で軽減! 特定非営利活動法人キッズドア

  • 会社紹介日本国内の子ども支援に特化した特定非営利活動法人。経済的に苦しい家庭や児童養護施設、被災地で暮らす子どもたちが、夢をあきらめず、将来に希望を持って活躍できるように、企業・行政・個人・学生と手を携えながら、広く支援活動を展開。

特定非営利活動法人キッズドアホームページへ

サービスを利用したきっかけ

現在、62拠点で学習支援事業を展開しています。各拠点の毎月の運営費は仮払いで支給し、その後に精算処理を行っています。我々の場合、細かい支払いが非常に多く、毎月の支払件数は全拠点合計で数千件にもおよぶため、非常に負担となっていました。改善策を検討する中、みずほビジネスデビットであれば精算業務を削減できるのではないかと思い、サービスを利用してみることにしました。試しに3つの拠点にデビットカードを発行したほか、私自身、事務局長として地方拠点に出張する機会が多く、そのたびに仮払いや立替払いが発生していたため、事務局長用としても1枚発行しました。

利用してよかったこと

3拠点では、拠点運営に必要となる日用品や食材、書籍などの購入にデビットカードを利用しています。その結果、現金での支払件数がこれまでの半数以下になり、精算にかかる負担を大幅に削減することができました。さらに、拠点で多額の現金を管理する必要もなくなり、拠点のスタッフからも好評です。私自身も、出張交通費や宿泊費の仮払い申請や精算処理が不要になったことで、同様に業務の効率化につながっています。今後、使用範囲や導入拠点の拡大を前向きに検討していきたいと思っています。

2018年12月10日 更新

その他のケーススタディ

記事イメージ記事イメージ

2018年11月12日

記事イメージ記事イメージ

2018年5月30日

ページの先頭へ