ページの先頭です

みずほ銀行オリジナルサービス

Debit Card(みずほビジネスデビット)

法人口座残高を上限とした即時決済が可能。ビジネスのキャッシュレス・ペーパーレス化を促進できます。

記事イメージ

3つのポイント

ポイント1

ポイント 1

法人口座からの
リアルタイム決済

ポイント2

ポイント 2

世界中のVisa加盟店で
利用可能

ポイント3

ポイント 3

Webで上限設定
簡単リスクコントロール

ケーススタディ

スタートアップ企業でもデビットなら高額決済可能 株式会社ビットキー

  • 事業紹介2018年5月設立。分散コンピューティング・暗号化技術を基盤に開発したスマートロック「bitlock LITE(ビットロック ライト)」は、スマートフォンから鍵の施錠・開錠が可能。住宅やホテルなどの宿泊施設、貸し会議室、オフィスなどへの販売を計画。

株式会社ビットキーホームページへ

サービスを利用したきっかけ

設立当初より、投資家などからの支援を受け、事業を大きく展開していきたいと考えていたため、法人口座は知名度の高いメガバンクで開設したいと思っていました。中でもみずほ銀行さんは、大手企業や中堅企業だけでなく、我々のようなスタートアップ企業の支援にも積極的な印象があったので、みずほ銀行さんで口座を開設することにしました。法人口座開設ネット受付を通じて、スムーズに口座を開設することができただけでなく、資金管理に有効なインターネットバンキングやみずほビジネスデビットなどのサービスも同時に申し込むことができました。

利用してよかったこと

主にオフィスの賃料やネット広告費の支払いに、みずほビジネスデビットを利用しています。ビジネスデビットなら法人口座の残高を上限に決済が可能なため、一定の利用限度額が設定されるクレジットカードと違って我々スタートアップ企業でも高額決済が可能な点に利便性を感じています。最近は、様々な支払いにおいてカード決済が求められるケースが増えており、ビジネスデビットを活用する機会も同様に増えていくのではないかと思います。

2019年5月27日 更新

その他のケーススタディ

記事イメージ記事イメージ

2019年3月11日

記事イメージ記事イメージ

2019年3月11日

記事イメージ記事イメージ

2018年12月10日

記事イメージ記事イメージ

2018年11月12日

記事イメージ記事イメージ

2018年5月30日

ページの先頭へ