ページの先頭です

必要書類のご準備/遺言書がある場合

遺言書がある場合の相続手続きには以下の書類等が必要です。戸籍謄本・遺言書等は、お預かりしてコピーを取ったうえで、原本をお返しします。
なお、遺言相続の場合、「遺言書」の内容に応じ、お取扱方法が異なります。遺言書および検認を確認できる資料がご用意できた段階で、お取引店またはお近くのみずほ銀行までご相談くださいますようお願い申しあげます。

ご用意いただくもの

当行所定の書類

  • (*1)法務局発行の「法定相続情報一覧図の写し」(登記官の認証文言付きの書類原本)をご提出いただく場合は、被相続人が亡くなられたことを確認させていただくための戸籍謄本のご提出は原則不要です。
    「法定相続情報一覧図の写し」の取得方法および制度の詳細については、法務省のホームページをご参照ください。

遺言書および、家庭裁判所の検認が済んでいることを確認できる資料

遺言書の種類には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言等があります。秘密証書遺言、自筆証書遺言の場合は、検認(*)済であることの確認のため、遺言検認調書謄本または検認済証明書が必要です。

  • *検認とは、遺言書の形状、加除訂正の状態、日付、署名など遺言書の内容を確認し、遺言書の偽造・変造を防止するための手続きです。

亡くなられた方の戸籍謄本

亡くなられた方の死亡日の記載がある戸籍謄本をご用意ください。

受遺者・遺言執行者の印鑑証明書

  • 受遺者全員(遺言執行者がいる場合は受遺者全員に加え遺言執行者)の印鑑証明書をご用意ください。
  • 発行日より6ヵ月以内のものをご用意ください。
    ただし、ご融資取引がある場合は、発行日より3ヵ月以内のものをご用意ください。
  • 海外に居住されている場合は、印鑑証明書に代って大使館・領事館や海外の公証人役場(notary public)等で発行する「サイン証明書」が必要になります。

遺言執行者選任審判書

遺言執行者が遺言書で選任されていない場合に必要です。

受遺者・遺言執行者(預金等の払戻をうける方)の実印等

相続による預金等の払戻の場合は、実印が必要です。
名義書替をされる場合には、預金等を引き継がれる方が今後みずほ銀行との取引に使用する印鑑もご用意ください。

預金通帳・証書等

亡くなられた方の預金通帳・証書等をご用意ください。

  • *貸金庫をご利用の場合は鍵をご用意ください。
  • *キャッシュカード、カードローンカード、貸金庫カードはご相続手続に不要なため、お持ちの場合は、はさみ等で磁気部分を切断して破棄してください。

相続関係届書

相続関係届書については亡くなられた方のお取引店またはお近くのみずほ銀行にお申し付けください。なお、ケースにより署名・捺印いただく方が異なります。

ページの先頭へ