ページの先頭です

法定相続人について

相続人となる方は、民法により以下のように定められています。

配偶者

亡くなられた方の配偶者(戸籍法に基づく婚姻の届け出をした方に限ります)は常に相続人となります。

第1順位の相続人

亡くなられた方のお子さまは第1順位の相続人となります。

第2順位の相続人

亡くなられた方の直系尊属(父母、祖父母など)は、第1順位の相続人およびその代襲相続人*がいない場合に限り、相続人となります。

  • *法定相続人になるべきお子さまやご兄弟・ご姉妹が先に亡くなられている場合、その亡くなられた方のお子さま、またはご兄弟・ご姉妹のお子さまが代襲相続人となります。

第3順位の相続人

亡くなられた方のご兄弟・ご姉妹は、第1順位の相続人およびその代襲相続人・第2順位の相続人がいない場合に限り、相続人となります。

相続人の範囲と順位

相続人の範囲と順位の図

法定相続分

ケース 法定相続分
相続人 割合
配偶者のみ 配偶者 100%
子および配偶者 お子さま 2分の1
配偶者 2分の1
直系尊属および配偶者 直系尊属 3分の1
配偶者 3分の2
兄弟姉妹および配偶者 兄弟姉妹 4分の1
配偶者 4分の3

ご注意事項

ただし、配偶者・第1順位・第2順位・第3順位であっても相続欠格事由のある方、亡くなられた方に相続人より廃除された方は相続人となることができません。また、相続開始の時点ですでに亡くなられている場合や相続欠格事由がある、もしくは廃除されている場合はそのお子さまが代襲相続人となります。

実際に相続人について確認されたい場合には法定相続人の確認(PDF/55KB)をご活用ください。

相続にかかるそのほかのお手続きはこちらをご覧ください。

ページの先頭へ