ページの先頭です

本人確認書類(個人のお客さま)

「犯罪による収益の移転防止に関する法律」に基づき、口座の開設・200万円を超える大口の現金取引・10万円を超える現金の振込などの際に、お客さまの本人確認をさせていただいております。
ご理解のうえ、ご協力くださいますようお願い申しあげます。

本人確認書類一覧(個人のお客さま)

本人確認書類は、氏名・住所・生年月日の記載があるものに限ります。
本人確認書類上の住所と現住所が相違している場合、公共料金の領収書等の補足書類をご提示いただく場合がございます。

本人確認書類 備考
顔写真の貼付あり
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書(*1)
  • 特別永住者証明書、在留カード(*2)
  • 旅券(パスポート)
  • 個人番号カード
  • 各種福祉手帳(顔写真の貼付あり)
  • 身体障害者手帳
  • 住民基本台帳カード 等
提示時点で有効なもの 原本をご提示ください
  • 官公庁が発行(発給)した氏名・住所・生年月日の記載があるもの(顔写真の貼付あり)
提示時点で有効なもの(有効期限がない場合は作成後6ヵ月以内)
顔写真の貼付なし
  • 各種健康保険証
  • 介護保険証等
  • 各種年金手帳
  • 各種福祉手帳(顔写真の貼付なし)
  • 母子健康手帳 等
提示時点で有効なもの 原本をご提示ください
①原則種類の異なる他の本人確認書類や公共料金の領収書等の補足書類が必要です。
②補足書類の代わりに、後日、通帳・キャッシュカード・お取引にかかわる書類等を当行より郵送し、到着したことにより本人確認とさせていただく方法があります。(*5)
  • 印鑑証明書(取引に実印を使用する場合)
作成後6ヵ月以内
  • 住民票の写
  • 住民票の記載事項証明書
  • 印鑑登録証明書(取引に実印を使用しない場合)
  • 戸籍謄本・抄本(附票の写が添付されているもの)
作成後6ヵ月以内 原本をご提示ください
後日、通帳・キャッシュカード・お取引にかかわる書類等を当行よりお客さまに郵送し到着したことを確認させていただきます(*3)
  • 官公庁から発行(発給)した氏名・住所・生年月日の記載があるもの(顔写真の貼付なし)(*4)
提示時点で有効なもの(有効期限がない場合は作成後6ヵ月以内)
  1. *12012年4月1日以降の発行に限ります。
  2. *2外国人登録証明書は一定期間在留カード・特別永住者証明書とみなされます。
  3. *310万円を超える現金によるお振込等を行う場合はお取り扱いができません。
  4. *4個人番号(マイナンバー)の「通知カード」は本人確認書類としてお取り扱いできません。
  5. *510万円を超える現金によるお振込等を行う場合は、②によるお取り扱いはできません。

口座開設方法によって、必要となる本人確認書類が異なる場合があります。くわしくは以下をご覧ください。

(2016年10月1日現在)

ページの先頭へ