ページの先頭です

みずほ総合口座の国債等公共債保護預り取引の
新規取り扱い終了のご案内

日頃よりみずほ銀行をご利用いただきありがとうございます。
みずほ総合口座の国債等保護預り取引につきまして、2008年5月18日をもって新規取り扱いを終了させていただきました。また、これにともない2008年5月19日より、みずほ総合口座取引規定を改定しております。
なお、2008年5月19日以降は、総合口座において取り扱い可能な取引につきまして、下記のとおりとさせていただいておりますので、ご了承くださいますようお願い申しあげます。

<総合口座において取引可能な取引>

2008年5月18日まで 1、普通預金 2、定期預金等 3、国債等公共債保護預かり 4、前記2の定期預金等または前記3の国債等を担保とする当座貸越 5、その他当行所定の取引 → 2008年5月19日以降 1、普通預金 2、定期預金等 3、前記2の定期預金等を担保とする当座貸越 4、その他当行所定の取引

<総合口座での取り扱いを終了する取引>

  • 国債等公共債保護預り
  • 国債等公共債を担保とする当座貸越
  • *2008年5月19日以降に国債等公共債をご購入される場合は、「債券保護預り口座(非担保口)」にて取り扱いさせていただきます。
  • *総合口座を国債等公共債の保護預り口座としてご利用中のお客さまについて
    • 2008年5月18日までにご購入いただいた国債等公共債の保護預り取引に限っては払い込み元金が償還されるまで、そのまま総合口座にて取り扱いさせていただきます。
      2008年5月19日以降にご購入される国債等公共債については、「債券保護預り口座(非担保口)」にて取り扱いさせていただきます。
    • 国債等公共債を担保とする総合口座当座貸越についても、払い込み元金が償還されるまでご利用いただけますが、払い込み元金が償還された場合は、その時点で取り扱いを終了させていただきます。
    • ご利用中の国債等公共債の保護預り口座について、総合口座から「債券保護預り口座(非担保口)」へのお切り替えをご案内しております。

くわしくは、店頭までお問い合わせください。

(2008年8月26日現在)

ページの先頭へ