ページの先頭です
本文の先頭です

セリフにこめられた想い
<何ものでもない自分編>

何ものでもない自分が、少しは浮かばれるとでも言うのか

一瞬なにが起こったか
わからなかった…

ズシッ!

ズシッ!

腹の奥へ、奥へと打ち込まれる、
言葉のボディブロー!

何ものでもない自分が…少しは浮かばれるとでもいうのかね…!

それは、酔った足立課長代理が、
俺と孝志に言い放ったセリフ…

うなだれる仲根

会社ではそれなりに評価され、
充実していないわけではないが、
夜、部屋に帰ってひとりになると感じる

…あの不安…焦燥感…

ざわ・・ざわ・・

何ものでもない、自分への密かなイラ立ち…

カッカッ

それを、このセリフが、
あぶりだしてしまったのだ。

「未来」を考えろっての…!「今」を切り取ってる暇があったらよ…

インスタで
「今」を切り取ってる
暇があったら、
「未来」を考えろ。

ごもっとも。

足立課長代理の、説教はごもっともだが、

違うっ!断じてっ!

インスタはやめない…

いいね!56件

いいね!をもらって、
なにがわるい。

その先に、

なにがあるのかわからないが…

道は…かぎりなく遠いか…!!!

ページトップへ戻るページトップへ戻る

ページの先頭へ