ページの先頭です

みずほ財形預金プラス

2011年4月30日までにお預け入れいただいた財形金融債は、預入時の利率・期日を継承した財形預金プラス(移行口)に切り替えいたしましたが、期日到来後および2011年5月1日以降にお預け入れいただく明細は財形預金プラスにてお取り扱いいたします。

財形預金プラスは一般財形、財形住宅、財形年金の3商品があります。

財形預金プラスにつきましては、丸の内中央支店で口座を集中管理いたします。

一般財形預金プラス

預入商品 スーパー定期(期間5年、半年複利)
利払方法 満期時に一括してお支払いします。
満期 5年
満期時の取り扱い 満期日時点の新しい利率で自動継続されます。
期日前解約時の取り扱い

満期日前に口座解約、一部払戻し、全額払戻しする場合は、期日前解約利率(*)により計算した利息とともに払い出します。

なお、お振込の際は所定の振込手数料が差し引かれます。

財形住宅預金プラス

預入商品 スーパー定期(期間5年、半年複利)
利払方法 満期時に一括してお支払いします。
満期 5年
満期時の取り扱い 満期日時点の新しい利率で自動継続されます。
解約・払戻時の取り扱い
  • 持ち家の新築・購入・増改築目的の場合のみ払戻可能です(新築・購入・増改築等の対象には制限があります)。
  • 住宅取得後1回の払い戻しもしくは、取得前後の2回の払い戻しが可能です(払戻可能額や払戻日には制限があります)。
  • 住宅目的以外の払い戻しの場合、全額解約となり過去5年の遡及課税が行われます。
  • 満期日前に口座解約、一部払戻し、全額払戻しする場合は、期日前解約利率(*)により計算した利息とともに払い出します。

なお、お振込の際は所定の振込手数料が差し引かれます。

財形年金預金プラス

預入商品 スーパー定期(期間5年、半年複利)
利払方法 満期時に一括してお支払いいたします。
満期 5年
満期時の取り扱い 満期日時点の新しい利率で自動継続されます。
期日前解約時の取り扱い

満期日前に口座解約、一部払戻し、全額払戻しする場合は、期日前解約利率(*)により計算した利率とともに払い出します。

なお、お振込の際は所定の振込手数料が差し引かれます。

年金受取時の取り扱い 年金お受け取りの際は期日前解約利率(*)は適用されず、約定利率が適用されます。
なお、お振込の際は所定の振込手数料が差し引かれます。
年金受取以外の解約・払戻時の取り扱い

年金お受け取り以外の解約・払い戻しの場合は、全額解約となり、過去5年の遡及課税が行なわれます。年金受取開始後5年を越えている場合は期日前解約利息に対して課税され、以後も課税扱いとなります。

なお、お振込の際は所定の振込手数料が差し引かれます。

*期日前解約利率

  預入商品
預入していた期間 スーパー定期5年
6ヵ月未満 普通預金利率
6ヵ月以上 2年未満 約定利率×10%
2年以上 3年未満 約定利率×20%
3年以上 4年未満 約定利率×40%
4年以上 5年未満 約定利率×70%

注意事項

  • *財形住宅と財形年金は残高が非課税限度額(合算で550万円)を超過すると非課税限度超過日以降に支払われる利息に対して課税されますのでご注意ください。
  • *みずほ財形預金プラスは、当行が元本保証しておりますが、当行の業務または財産の状況の変化を直接の原因として元本欠損が生じる場合があります。みずほ財形預金プラスは、預金保険の対象として、同保険の範囲内で保護されます。くわしくは「預金保険制度について」のページをご参照ください。

(2013年7月1日現在)

ページの先頭へ