ページの先頭です

みずほ特約付き円定期預金

みずほ特約付き円定期預金のご注意事項 リスクや手数料等についてはこちらをご覧ください。

円定期預金に「元金の支払いに関する特約*1」を組み合わせた商品です。
満期日に元金を外貨で償還(あらかじめ定めた相場で相対通貨に変換してお支払い)する可能性があります。
預金通貨は円のみ、相対通貨は米ドル、ユーロ、オーストラリアドル、ニュージーランドドルよりお選びいただけます。
個人のお客さまの場合、1,000万円相当額以上のお取り扱いとなります。

  • *1「元金の支払いに関する特約」に関しては、下記「特約付き円定期預金のしくみ」をご覧ください。

ひとつの口座で円も外貨もベンリに運用!2013年5月26日 日曜日より、みずほダイレクト専用定期預金「みずほグローバル口座」のお取り扱い開始!

  • *旧みずほ銀行の店舗と旧みずほコーポレート銀行の店舗で商品・サービスのお取扱条件が一部異なります。本商品・サービスのお取扱条件は旧みずほ銀行の店舗のものになります。旧みずほコーポレート銀行の店舗でのお取扱条件につきましては、お取扱店舗までお問い合わせください。

特約付き円定期預金のしくみ

[元金の支払いに関する特約]判定日(満期日2営業日前)における相対通貨の当行公示仲値が、お申し込み日に設定した「判定相場」より円安の場合(同一の場合を含む)。→元金および利息を円貨でお受け取り(円償還)。/判定日(満期日2営業日前)における相対通貨の当行公示仲値が、お申しみ込日に設定した「判定相場」より円高の場合。→元金は相対通貨で、利息は円貨でお受け取り(外貨償還)。

  • *2「判定相場」は「受渡相場」と同一に設定されます。「判定相場」「受渡相場」は「作成時相場」より円高の水準に設定されます。

ここにご注目

左右スクロールで表全体を閲覧できます

特長

通常の円定期預金に比べ、好利回りが期待できます。
外貨償還の場合の通貨(相対通貨)を4種類の通貨からお選びいただけます。
米ドル、ユーロ、オーストラリアドル、ニュージーランドドルの中からお選びください。

左右スクロールで表全体を閲覧できます

ご注意
  1. 外貨償還後、外貨を円にする際に為替手数料がかかります。
  2. 外貨償還の場合、円ベースで元本割れとなる可能性があります。
  3. 円償還の場合、譲渡相場以上の円安メリットは得られません。
  4. お申し込みの撤回および期日前解約はできません。
  • 預金通貨は円のみ、相対通貨は米ドル、ユーロ、オーストラリアドル、ニュージーランドドルよりお選びいただけます。
  • 1,000万円から、ご利用いただけます。
  • *お取引についての最終的な決定は、お客さま自身の判断に基づいてなさいますようお願い申しあげます。
  • *店舗によっては本商品の取り扱いを行っていない場合がございます。
  • *くわしい内容については、説明書(契約締結前交付書面等)をご覧ください。

みずほ特約付き円定期預金の商品内容

左右スクロールで表全体を閲覧できます

商品名 みずほ特約付き円定期預金
ご利用いただける方 個人のお客さま
法人のお客さま
お預け入れに関する事項 お預け入れ方法 一括お預け入れ
午前9時から午後3時までご利用いただけます。
最低預入金額 個人のお客さま、法人のお客さま…1,000万円以上
預金通貨
相対通貨 米ドル、ユーロ、オーストラリアドル、ニュージーランドドル
  • *ただし、市場環境の影響により、預入期間によってはお取引いただけないことがございます。あらかじめご了承ください。
期間 1ヵ月、3ヵ月
  • *ただし、市場環境の影響により、預入期間によってはお取引いただけないことがございます。あらかじめご了承ください。
満期時のお取り扱い
  • 満期日に一括して払い戻します。
  • 自動解約扱いとなります。
  • *満期日に2営業日前に、支払通貨(円もしくは相対通貨)を決定し、満期日にお申込時にご指定いただいた預金口座に円もしくは相対通貨で入金いたします(自動継続はお取り扱いしておりません)。満期日以降の利率は、ご指定いただいた預金口座の当行所定の店頭表示利率となります。
利息 適用利率 お申込日に決定する利率を満期日まで適用いたします。
利払い方法 満期日に一括してお支払いいたします。
計算方法 付利単位を1円とした1年を365日とする日割計算。
税金のお取り扱い
  • 個人のお客さま(源泉分離課税)は利息額の20.315%、法人のお客さま(総合課税)は利息額の15.315%が源泉徴収されます。
  • 利息はマル優の対象外です。
  • 満期日以降、外貨償還した元金を円転した場合には、為替差損益が発生する可能性があります。
    <個人のお客さま>
    為替差益は雑所得となり、確定申告による総合課税の対象となります。ただし、年収2000万円以下の給与所得者の方で為替差益を含めた給与所得以外の所得が年間20万円以下の場合は申告不要です。為替差損は、他の黒字の雑所得から控除できます。他の所得区分との損益通算はできません。
    <法人のお客さま>
    総合課税
  • 税制改正により、法人のお客さまが2016年1月1日以降お受け取りをされる預金利息については、地方税の特別徴収が廃止となっています。
くわしくはお客さまご自身で公認会計士・税理士にご相談くださいますようお願い申しあげます。
その他参考となる事項
  • 自動継続はお取り扱いしておりません(自動解約となります)。
  • 証書口のみのお取り扱いとなります(通帳口はお取り扱いしておりません)。
お申込時のご注意点
  • この預金の支払通貨が外貨に確定した場合、円ベースで元本割れとなるリスクがあります。
    • *特約付き円定期預金には為替変動リスクがあります。この預金の支払通貨が外貨に確定した場合、お受け取りの外貨を満期時点で円換算し、税引後利息を合算しても、当初の預入額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。
  • お受け取りの外貨を円にする際(引出時)は手数料(1米ドルあたり1円、1ユーロあたり1円50銭、1オーストラリアドルあたり2円50銭、1ニュージーランドドルあたり2円55銭)がかかります(お引き出しの際は、手数料分を含んだ為替相場である当行所定のTTBレートを適用します)。
  • 外貨償還の場合には、元金を必ずあらかじめ定めた「受渡相場」で相対通貨に交換してお支払いいたします。
    • *外貨償還の場合には、満期日の実勢為替相場が受渡相場よりも円高水準にあり、実勢為替相場で通貨交換した方がより多くの外貨と交換できる場合でも、元金を必ずあらかじめ定めた「受渡相場」で預金通貨を相対通貨に交換してお支払いいたします。
  • 預金通貨と異なる外国通貨とのお取引の際の手数料は店頭にてご確認ください。
  • お申し込みの撤回および期日前解約はできません。
    • *くわしくは、説明書(契約締結前交付書面等)をお読みください。
  • その他のご注意事項
    • *自動解約でのお取り扱いとなります。
    • *この預金は預金保険の対象であり、当行にお預け入れいただいている他の預金保険の対象となる預金等と合算して、元本1,000万円までと保険事故発生日までの利息が保護されます。ただし、本預金の利息等については、お預け入れ時における通常の円定期預金(本預金と同一の期間(※)および金額)の店頭表示金利までが預金保険の対象となり、それを超える部分は預金保険の対象外となります。
      • (※)お預け入れ時において、本預金の契約期間と同一期間の店頭表示金利がない場合においては、当該契約期間内で最も長い期間となります。また、外貨償還となり、元金をご指定の外貨預金口座に入金した後は、預金保険の対象外となります。
    • *預金通貨での償還が確定するまで満期日の為替予約を締結することはできません。ただし、預金通貨での償還が確定した場合には、お客さまのご希望により満期日の為替予約を締結することも可能です。

商品概要説明書(契約締結前交付書面)

お取り引き

みずほダイレクト[インターネット/モバイルバンキング]でみずほグローバル口座のお取り引きができます。

みずほダイレクトのご契約がまだの方

みずほダイレクトのお申し込み

みずほダイレクトをご契約済みの方

みずほダイレクトインターネットバンキング ログイン

(2016年10月24日現在)

ページの先頭へ