ページの先頭です

i–mizuhoインデックスシリーズ

投資信託のご注意事項 リスクや手数料等についてはこちらをご覧ください。

i–mizuhoインデックスシリーズ Q:どんな特徴があるのですか?

i–mizuhoインデックスシリーズは、さまざまな投資ニーズに応える、インターネット専用のインデックスファンドです。

i–mizuhoインデックスシリーズの特徴 21ファンドの幅広いラインアップ シンプルで低コストのインデックス運用、購入時手数料無しのノーロードファンド 世界最大級の資産運用会社「ブラックロック」が運用

資料を読む
販売用資料(PDF/3,331KB)

最新の基準価額を調べる
i–mizuhoインデックスシリーズのファンド情報

もっと「知りたい」方はこちらをご覧ください。

売れ筋は? i–mizuhoインデックスシリーズランキング

世界のどんな資産に投資可能? 各ファンドのご紹介

ポートフォリオはどうやって作る? ご参考ポートフォリオ

組み合わせをプロに任せたい みずほインデックス投資戦略ファンド(愛称 i:パズル)のご紹介

特徴1 21ファンドの幅広いラインアップ

  • 「債券」・「株式」のみならず、「リート(不動産投資信託)」や「コモディティ(商品)」等を幅広くラインアップ。
  • 地域別では、「国内」だけでなく、「先進国」・「新興国」をカバーするほか、個別の国・地域へも投資可能に。
  • 一部のファンドは「為替ヘッジあり」のタイプもご用意し、為替変動リスクを抑えたいお客さまの運用ニーズにも対応。

i–mizuhoインデックスシリーズラインナップ一覧表

i–mizuho国内債券インデックス i–mizuho先進国債券インデックス(為替ヘッジあり) i–mizuho先進国債券インデックス(為替ヘッジなし) i–mizuho先進国インフレ連動債券インデックス i–mizuhoオーストラリア債券インデックス i–mizuhoハイイールド債券インデックス(為替ヘッジあり) i–mizuhoハイイールド債券インデックス(為替ヘッジなし) i–mizuho国内株式インデックス i–mizuho先進国株式インデックス(為替ヘッジあり) i–mizuho先進国株式インデックス(為替ヘッジなし) i–mizuho米国株式インデックス i–mizuho欧州株式インデックス i–mizuhoオーストラリア株式インデックス i–mizuho新興国株式インデックス i–mizuho東南アジア株式インデックス i–mizuho中国株式インデックス i–mizuho国内リートインデックス i–mizuho先進国リートインデックス(為替ヘッジあり) i–mizuho先進国リートインデックス(為替ヘッジなし) i–mizuhoコモディティインデックス i–mizuhoゴールドインデックス

特徴2 シンプルで低コストのインデックス運用

  • インデックス運用とは、市場の代表的な指数(例:日経平均株価(日経225)等)を運用の基準とし、これらのパフォーマンスに連動する運用成果を目指す運用手法です。
  • i–mizuhoインデックスシリーズは、購入時手数料がかからないノーロードファンドとし、保有期間中のコスト(信託報酬)も低く抑えることで、お客さまが投資しやすい商品に仕上げました。

インデックス運用ファンドの値動きのイメージ図

信託報酬がパフォーマンスに与える影響のグラフ

信託報酬の比較と、パフォーマンスに与える影響

i–mizuhoインデックスシリーズと業界平均の信託報酬比較

i–mizuhoインデックスシリーズと業界平均の信託報酬比較のグラフ

i–mizuhoインデックスシリーズの実質的な信託報酬(税込)は年0.4104%~年1.182%程度となります。

  • *上記は、アクティブファンドを含む国内公募追加型株式投資信託(DC、SMA、ETF等除く)を対象に、モーニングスターにより分類・集計された資産クラスの業界平均信託報酬と、この各資産クラスと比較可能なi–mizuhoインデックスシリーズの各ファンドの信託報酬の平均を比較した表です。2017年3月末時点。
  • *信託報酬の差異は、四捨五入の関係で計算が合わないことがあります。

(ご参考)信託報酬がパフォーマンスに与える影響(イメージ図)

i–mizuhoインデックスシリーズと業界平均の信託報酬比較のグラフ

上記は、信託報酬控除前の運用利回りを年3%と仮定、基準価額が10,000円でスタートした場合の各信託報酬のパフォーマンスの相違を示しています。

特徴3 世界最大級の資産運用会社「ブラックロック」が運用

ブラックロックの運用資産は、グループ全体で総額5.15兆米ドル(約600兆円)(*1)の資産を運用しており、運用機関資産残高ランキングは1位(*2)となっています。ブラックロックは、インデックス・ファンドの先駆者として、また、世界最大級のインデックス運用会社としても確固たる地位を築いてきました。さらに、ETF(上場投資信託)の分野では、「iシェアーズ」というブランドで業界をけん引しています。

  1. (*1)2016年12月末現在(適用レートはWMロイター 1米ドル=116.635円)
  2. (*2)出所:タワーズワトソン 2015年ランキングレポート

写真:ブラックロック本社(ニューヨーク)
写真:ブラックロック本社
(ニューヨーク)

ブラックロックのウェブサイトはこちら

BLACKROCK

ブラックロックのウェブサイト内のi–mizuhoインデックスシリーズに関するページはこちら

i–mizuhoインデックスシリーズについて(ブラックロックウェブサイト)

投資信託のお申し込み・お取引

これから投資信託を始める方

投資信託口座の開設から取引を行うまでの流れ

投資信託口座を開設済みの方

みずほダイレクトインターネットバンキング ログイン

電話でのお問い合わせ

みずほインフォメーションダイヤル

0120-3242-86(ルビ:フリーダイヤル みずほに ハロー) 3# <受付時間>月曜日~金曜日 9時00分~17時00分 *12月31日~1月3日、祝日、振替休日を除く お問い合わせ内容等によっては、運用会社へのご連絡をお願いする場合がありますのであらかじめご了承ください。

投資信託ご購入にあたってのご注意事項

  • 投資信託は預金・金融債・保険契約ではありません。
  • 投資信託は預金保険・保険契約者保護機構の対象ではありません(ただし、お預かりした円資金は、信託設定前は預金保険の対象となります)。
  • みずほ銀行が取り扱う投資信託は投資者保護基金の規定による支払いの対象ではありません。
  • みずほ銀行は投資信託の販売会社であり、投資信託の設定・運用は委託会社(外国籍投資信託の場合には管理会社)が行います。
  • 投資信託の運用による利益および損失は投資信託をご購入されたお客さまに帰属します。
  • 投資信託については、元本の保証はありません。
  • 投資信託は、その信託財産に組み入れられた株式・債券・リートなどの価格が、金利変動・為替変動、その発行者に係る信用状況の変化などで変動し、基準価額(外国籍投資信託の場合は1口あたり純資産価格)が下落することにより、投資元本を割り込むことがあります。なお、外貨建て投資信託については上記に加え、外貨建てでは投資元本を割り込んでいない場合でも、為替変動により円換算ベースでは投資元本を割り込むことがあります。
  • 投資信託の購入から換金・償還までの間に直接または間接的にご負担いただく費用には以下のものがあります(みずほ銀行で販売中の追加型投資信託の上限を表示しています)。
    • *購入時手数料(購入金額、口数等に応じ、基準価額に対して、最大3.78%(税込))
    • *運用管理費用(信託報酬)(純資産総額に対して、最大年率2.268%(税込))(ただし、運用成果に応じてご負担いただく実績報酬は除きます)
    • *信託財産留保額(換金時の基準価額に対して最大0.500%)
    • *監査費用・売買委託手数料等その他費用
      実際の費用の種類・額および計算方法はファンドにより異なります。また、その保有期間・運用状況等により換金時および期中の手数料等が変動するファンドもございます。その詳細は各ファンドの「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」、「商品基本資料」でご確認ください。
  • 一部の投資信託には、信託期間中に中途換金できないものや、換金可能日時があらかじめ制限されているものもあります。
  • 投資信託をご購入の際は必ず「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」、「商品基本資料」の内容をご確認のうえ、ご自身でご判断ください。「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」、「商品基本資料」はみずほ銀行の支店および出張所等(一部を除きます)の窓口にご用意しております。ただし、みずほインターネット専用投信の「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」、「商品基本資料」は窓口にご用意しておりません。みずほダイレクト[インターネットバンキング]の電子交付サービスによりお受け取りになり、内容をご確認ください。
ページの先頭へ