ページの先頭です

商品説明動画

以下の投資信託の商品説明動画をご覧いただけます。
商品説明動画を見るには、Adobe Flash Playerが必要です。

野村PIMCO・世界インカム戦略ファンド Aコース(為替ヘッジあり 年2回決算型)/Bコース(為替ヘッジなし 年2回決算型)

世界各国(新興国を含みます。)の債券等(国債、政府機関債、社債、モーゲージ証券、資産担保証券、ハイ・イールド債券、企業向け貸付債権(バンクローン)等)および派生商品等を実質的な主要投資対象とします。

GS フォーカス・イールド・ボンド 年2回決算コース(愛称:ターゲット・ボンド)

日本を含む世界の債券に分散投資し、ポートフォリオの組入資産の平均利回りを約3%に維持することを目指すファンドです。

HSBCインド債券オープン(毎月決算型)(愛称:実ゾウ)

主にインド共和国の債券等に投資するファンドです。毎月決算型と1年決算型の2ファンドからお選び頂けます。

ワールドアセットバランス(愛称:ワールドOne)

投資効率を重視した資産配分で運用するファンドです。リスクに対するリターンを重視した分散投資を行います。
基準価額の水準や市場環境に合わせて合計資産比率を機動的に調整するリスク抑制コースも選べます。

投資のソムリエ

さまざまな局面に対応する低リスク型ファンドです。基準価額の変動リスク年率4%程度を目標に運用し、資産価格の下落の危険性が高まった際は、安定資産や現金等へ入れ替えます。

投資信託ご購入にあたってのご注意事項

  • 投資信託は預金・金融債・保険契約ではありません。
  • 投資信託は預金保険・保険契約者保護機構の対象ではありません(ただし、お預かりした円資金は、信託設定前は預金保険の対象となります)。
  • みずほ銀行が取り扱う投資信託は投資者保護基金の規定による支払いの対象ではありません。
  • みずほ銀行は投資信託の販売会社であり、投資信託の設定・運用は委託会社(外国籍投資信託の場合には管理会社)が行います。
  • 投資信託の運用による利益および損失は投資信託をご購入されたお客さまに帰属します。
  • 投資信託については、元本の保証はありません。
  • 投資信託は、その信託財産に組み入れられた株式・債券・リートなどの価格が、金利変動・為替変動、その発行者に係る信用状況の変化などで変動し、基準価額(外国籍投資信託の場合は1口あたり純資産価格)が下落することにより、投資元本を割り込むことがあります。なお、外貨建て投資信託については上記に加え、外貨建てでは投資元本を割り込んでいない場合でも、為替変動により円換算ベースでは投資元本を割り込むことがあります。
  • 投資信託の購入から換金・償還までの間に直接または間接的にご負担いただく費用には以下のものがあります(みずほ銀行で販売中の追加型投資信託の上限を表示しています)。
    • *購入時手数料(購入金額、口数等に応じ、基準価額に対して、最大3.78%(税抜3.5%))
    • *運用管理費用(信託報酬)(純資産総額に対して、最大年率2.268%(税抜2.1%))(ただし、運用成果に応じてご負担いただく実績報酬は除きます)
    • *信託財産留保額(換金時の基準価額に対して最大0.500%)
    • *監査費用・売買委託手数料等その他費用
      実際の費用の種類・額および計算方法はファンドにより異なります。また、その保有期間・運用状況等により換金時および期中の手数料等が変動するファンドもございます。その詳細は各ファンドの「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」、「商品基本資料」でご確認ください。
  • 一部の投資信託には、信託期間中に中途換金できないものや、換金可能日時があらかじめ制限されているものもあります。
  • 投資信託をご購入の際は必ず最新の「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」、「商品基本資料」の内容をご確認のうえ、ご自身でご判断ください。「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」、「商品基本資料」はみずほ銀行の支店および出張所等(一部を除きます)の窓口にご用意しております。ただし、みずほインターネット専用投信の「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」、「商品基本資料」は窓口にご用意しておりません。みずほダイレクト[インターネットバンキング]の電子交付サービスによりお受け取りになり、内容をご確認ください。

(2017年9月11日現在)

ページの先頭へ