ページの先頭です

外貨預金を学ぶ

外貨預金とはへ戻る

外貨預金とは、外国通貨建ての預金のことです。金利は通貨によって異なりますが、現在の金利環境において、通貨によっては、円預金よりも好金利で運用できる可能性があります。さらに、為替相場動向によっては為替差益も期待できます。もちろん為替変動リスクも忘れてはいけません。為替相場の変動によって為替差損が発生し、円ベースで元本割れとなる可能性もありますので、注意が必要です。そのほか、円を外貨にする際および外貨を円にする際に為替手数料がかかる等、外貨預金には円預金にはない特徴があります。

外貨預金の基本的なしくみ

外貨定期預金を例に外貨預金のしくみをご説明します。

1万米ドルを外貨定期預金で1年間運用する場合の例

  • *1税引き前利息3米ドル(1万米ドル×0.03%×365日/365日)− 税金0.60米ドル(3米ドル×15.315%+3米ドル×5%)= 税引き後利息2.40米ドル(補助通貨未満は切り捨てて計算しています)
  • 本運用例の預金利息にかかる税率は20.315%(国税15.315%、地方税5%)で算出しています。
  • *2上記チャートにおける「①円安時」、「②円高時」は、外貨から円へ交換する際に適用するTTBレートをお預け入れ時点の<TTSレート1米ドル100円>と比較したものです。
  • *3お客さまのご希望により、満期日の前営業日まで為替予約を締結することができます。
  • お預け入れ(円から外貨に交換)およびお引き出し(外貨から円に交換)の際には、手数料を含んだ当行所定のTTSレート、TTBレートを適用します。

1 円安時


2 円高時


3 為替予約


為替相場、利率等の数値はすべて参考値です。

外貨預金に関するご留意事項

外貨預金は預金保険の対象外です。

為替リスクがあります

  • 為替相場の変動により、お受け取りの外貨を満期時点で円換算すると、当初外貨預金作成時の払い込み円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。上記「円高時」をご覧ください。
  • 為替相場の変動がない場合でも、往復の為替手数料(1米ドルあたり2円、1ユーロあたり3円、1英ポンドあたり8円、1スイスフランあたり1円80銭、1オーストラリアドルあたり5円、1ニュージーランドドルあたり5円10銭、その他通貨は1通貨あたり最大16円)がかかるため、お受け取りの外貨を満期時点で円換算すると、当初外貨預金作成時の払い込み円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。
    下記「外貨預金に適用される為替相場(TTS・TTB)」をご覧ください。

外貨預金に適用される為替相場(TTS・TTB)

  • *1公示仲値・・・市場レートを参考にみずほ銀行が決めるレートです。
  • *210万米ドル相当額以上のお取引の為替レートは店頭までお問い合わせください。

外貨預金のお取り扱いに関する手数料

(注)

  • 外貨でのお預け入れ・お引き出しおよび外貨でのご送金は、店舗によってはお取り扱いできない場合がありますので、事前にご相談ください。
  • 外国通貨の硬貨(コイン)はお取り扱いしておりません。
  • 預金通貨と異なる外国通貨とのお取引の際の手数料につきましては店頭にてご確認ください。
  • 上記手数料には消費税等はかかりません。
  • 上記手数料は、今後変更となる場合があります。
  • *1「異名義間のお振替」や「お引き出し口座またはお預け入れ口座どちらかの通帳がない」場合、別途手数料がかかります。
  • *2国内にある当行本支店からの送金や、国内にある銀行からの送金で、送金依頼人がご本人の場合、手数料はかかりません。
  • *3海外で発生する手数料について、「依頼人負担」とすることをお客さまが選択された場合は、別途コルレス先支払手数料2,500円が必要となります。

為替予約がご利用になれます

  • 為替予約とは、満期日にいくらの為替レートで外貨と円を交換するのかをあらかじめ予約する取引です。予約する為替レートは、締結時点の相場情勢によって決定され(締結日のTTBレートとは異なります)、満期日の円での受取額を確定させることができます。
  • 為替予約は、満期日の前営業日までいつでも行うことができますが、一度締結した為替予約の取消・変更はできません。
  • 自動継続扱いの外貨定期預金に為替予約をした場合、満期日に自動解約となります。
  • やむを得ない事情で、満期日前に為替予約をした外貨定期預金を解約する場合、別途、費用などがかかる場合もあります。
  • 特約付き外貨定期預金(ワンポイント・エクストラ・ロングセーブ)は、お預け入れ期間中の為替予約は締結できません。ただし判定日(満期日2営業日前)に「外貨償還」が確定した場合には、お客さまのご希望により満期円転用の為替予約を締結することも可能です。

外貨預金にかかわる税金について(2016年1月1日現在)

<個人のお客さま>

外貨定期預金
  • 利子所得は法人のお客さまは総合課税(国税15.315%)、個人のお客さまは源泉分離課税(国税15.315%、地方税5%)として課税されます。
  • 満期日以降、お受け取りの外貨元利金を円転した場合には、為替差損益が発生する可能性があります。
  • ●為替差益が発生した場合は雑所得となり、確定申告による総合課税の対象となります。ただし、年収2,000万円以下の給与所得者の方で 為替差益を含めた給与以外の所得が年間20万円以下であれば確定申告は不要です。
  • ●為替差損は他の黒字の雑所得から控除することができます。他の所得区分との損益通算はできません。
特約付き外貨定期預金
  • 個人のお客さま(源泉分離課税)
    円償還の場合は円ベース利息額の20.315%、外貨償還の場合は外貨利息額の20.315%が源泉徴収されます。
  • 法人のお客さま(総合課税)
    円償還の場合は円ベース利息額の15.315%、外貨償還の場合は外貨利息額の15.315%が源泉徴収されます。
  • お預け入れ時の通貨が外貨の場合に、円償還となると、外貨の当初持ち値(=当初外貨預金を作成したときの相場)を基準とした為替差損益が発生する可能性があります。
  • 外貨償還の場合に、満期日以降にお受け取りの外貨元金を円転した場合には、為替差損益が発生する可能性があります。
  • ●エクストラ(バリアタイプ)ならびにロングセーブについては、円からのお預け入れで円償還となった場合*1に発生する為替差益は、個人のお客さまは20.315%の源泉分離課税となり、法人のお客さまは15.315%の源泉所得税が課税されます。
  • ●「*1」以外で為替差益が発生した場合は雑所得となり、確定申告による総合課税の対象となります。ただし、年収2,000万円以下の給与所得者の方で為替差益を含めた給与以外の所得が年間20万円以下であれば確定申告は不要です。
  • ●為替差損は他の黒字の雑所得から控除することができます。他の所得区分との損益通算はできません。
金利特約付き外貨定期預金
  • 個人のお客さま(源泉分離課税)は外貨利息額の20.315%、法人のお客さま(総合課税)は外貨利息額の15.315%が源泉徴収されます。
  • 満期日以降、お受け取りの外貨元金を円転した場合には、為替差損益が発生する可能性があります。
  • ●為替差益が発生した場合は雑所得となり、確定申告による総合課税の対象となります。ただし年収2,000万円以下の給与所得者の方で為替差益を含めた給与以外の所得が年間20万円以下であれば確定申告は不要です。
  • ●為替差損は他の黒字の雑所得から控除することができます。他の所得区分との損益通算はできません。
特約付き円定期預金
  • 個人のお客さま(源泉分離課税)は利息額の20.315%、法人のお客さま(総合課税)は利息額の15.315%が源泉徴収されます。
  • 外貨償還の場合に、満期日以降にお受け取りの外貨元金を円転した場合には、為替差損益が発生する可能性があります。
  • ●為替差益が発生した場合は雑所得となり、確定申告による総合課税の対象となります。ただし年収2,000万円以下の給与所得者の方で為替差益を含めた給与以外の所得が年間20万円以下であれば確定申告は不要です。
  • ●為替差損は他の黒字の雑所得から控除することができます。他の所得区分との損益通算はできません。
  • 外貨預金には、マル優はご利用いただけません。
  • くわしい税務処理・会計処理につきましてはお客さまご自身でご確認ください。

期日前解約時のお取り扱いについて

【外貨定期預金の場合】
原則として期日前解約はできません。万が一、当行がやむを得ないものと認めて期日前解約に応じる場合には、預入日から期日前解約日までの適用利率は期日前解約日における当該通貨建ての外貨外貨普通預金利率となります。

【特約付き定期預金の場合】
お申し込みの撤回および期日前解約はできません。万が一、当行がやむを得ないものと認めてお申し込みの撤回または期日前解約に応じる場合には、当行所定の計算方式および割引率を使用して算出した損害金を直ちにお支払いいただきます。また、当行がやむを得ないものと認めて期日前解約を行う場合、預入日から期日前解約日までの適用利率は解約日における預金通貨と同じ通貨の外貨普通預金利率となります。なお、この場合、解約元利金から損害金を差し引いた金額が当初お預け入れの元本金額を下回る(=元本割れ)可能性があります。

外貨預金をはじめる前に

金利・為替レートを確認する

金利や為替レートは通貨によって異なり、日々変動しています。リスクと上手につきあうためには、日ごろからしっかりと相場をチェックしてお客さまご自身の相場観を養うことが大切です。 また、複数の通貨にバランスよく投資することで、ひとつの通貨の為替レートや金利の変動によるリスクを他の通貨でカバーできる可能性が高まりますので、リスクの分散を図ることができます。

運用期間を考える

外貨定期預金は短期(1年以内)ものが中心です。ただし、満期がきたからといってすぐに外貨を円に交換する必要はありません(*)。たとえば、外貨定期預金(自動継続方式・利息受取型)のように、元金は外貨のままじっくり運用を続けながら、満期日ごとにお利息を円または外貨でお受け取りいただく、という運用方法もお選びいただけます。

  • *特約付き定期預金の特約による「円償還」の場合を除きます。

商品を考える

ベーシックな「外貨普通預金」や「外貨定期預金」のほか、外貨預金や円預金に各種特約を組み合わせた「特約付き定期預金」等さまざまな商品があります。商品性をご理解いただき、お客さまの相場観、ニーズに合った商品をお選びください。

ページの先頭へ