ページの先頭です

借換でどう変わる?

《講座1》借換ローンガイダンス 《講座2》借換でどう変わる? 《講座3》金利入門

《講座1》住宅ローンガイダンス 《講座2》住宅ローン借り入れまでのステップ(手順) 《講座3》金利入門

他の金融機関から借りている住宅ローンから、新たに別の金融機関で借り入れる住宅ローンの借換には、どんな効果が期待できるでしょうか。「返済負担を減らしたい」、「将来の金利を心配しなくてすむローンにしたい」という2つのケースについて、どんな借換ができるか、実際にどんな効果が得られるかを見ていきましょう。
「金利プランの選び方」もご参考ください。

金利プランの選び方

ケース1.金利が高いローンを低金利のローンに借換

10年前にマンションを購入し、金利4%(固定金利)のローンを返済中。 最近はもっと金利が低いローンもあるようだなぁ。なんだか損しているような気がする‥‥

ご返済中のローンが下図の条件にあてはまる場合は、返済負担を軽減できる可能性がありますよ 現在返済中のローンは…… ・借入残高が1000万円以上残っている ・残りの返済期間が10年以上ある ・金利が高い(借り換えローンとの差が1%以上ある)

お借換試算例

返済額は借り換えるとどうなる?

様々な金利タイプの中からいずれかをお選びいただけますが、みずほ銀行の<借換シミュレーション>では、将来の金利によって返済額がどう変わるかも試算できます。さまざまな金利タイプで、借り換えの効果を試算してみるのもいいですね。

教育費の負担も大変だから、借り換えるとかなり助かるわ

借換シミュレーション

ケース2.変動金利のローンを一定期間固定金利ローンに借換

3年前に一戸建てを購入。変動金利型のローンを返済しているが‥‥ この先、金利が上昇するのではないかと心配。 何かいい方法はないかな?

返済額は少し増えますが、固定金利型のローンへの借り換えで安心感が得られますよ

返済額はどうなる?

変動金利や固定金利期間が短いローンは金利が低いのが魅力ですが、金利上昇が心配という方も少なくないようです。そんな心配を解消する方法としては、固定金利期間が長いローンや全期間固定に借り換える、という方法があります。

ただし固定金利期間の長いタイプは金利が高くなりますので、借り換え前より返済額が増えるケースがほとんどです。返済に無理がないか、しっかり確認したいところですね。ご資金に余裕があれば、借入額を減額して借り換え、その後の返済額を抑える、という方法もあります。

金利が低い今のうちに、借り換えたいな

  • *あくまでも例にすぎず上記の条件で借入中のローンに必ず上記のメリットを享受できることを保証するものではありません。

最後は、難しいイメージのある「金利」について、わかりやすくご説明します。

お問い合わせ

まずは気軽にネットでAI事前診断

最短1分で借入の可能性が分かる!物件が決まっていなくても、みずほ銀行の口座を持っていなくてもOK!

店舗でのご相談

平日はもちろん、土日やお仕事帰りにもお気軽にお越しください。

来店予約サービス

その他のご相談

インターネット・電話でのご相談等についてはこちらからご確認ください。

ページの先頭へ