ページの先頭です

借換住宅ローンガイダンス

《講座1》借換ローンガイダンス 《講座2》借換でどう変わる? 《講座3》金利入門

《講座1》住宅ローンガイダンス 《講座2》住宅ローン借り入れまでのステップ(手順) 《講座3》金利入門

借換とは、現在借りている住宅ローンを別の条件の住宅ローンに借り入れし直すこと。高い金利で住宅ローンを組んだ方は、金利を見直し、毎月の返済額を軽減することで、家計のバランスを改善できるというケースも多く見られます。


1.借換とは?

借換とは、現在借りている住宅ローンを別の条件の住宅ローンに借入し直すこと。高い金利で住宅ローンを組んだ方は、金利を見直し、毎月の返済額を軽減することで、家計のバランスを改善できるというケースも多く見られます。

借換検討のポイント

一般的に、以下に該当する場合は借換検討のタイミングとなります。

  • 固定金利選択方式の固定期間がもうすぐ終了し、適用金利が高くなってしまう
  • 変動金利方式を選択したが、今後の金利が不安

借換で生まれる家計のゆとり

今までの金利より低い金利の住宅ローンに借り換えることで、支払利息を軽減する効果が得られる借換。上手に借り換えることで、返済額を大幅に軽減し家計にゆとりが生まれる可能性があります。

お借換試算例

ローンシミュレーションで、借り換え後の返済額を試算することができます。
借換にメリットがあるかどうか、ぜひ試算してみてください。

ローンシミュレーション

借換の際のご注意

借換は、新たに住宅ローンを組むことと同じです。保証会社保証料や保証会社事務手数料といった諸経費がかかるほか、ローン審査も必要になってきます。また、団体信用生命保険は再度ご加入が必要となる場合があります。これらのコストや手続きの手間をふまえたうえで、返済総額軽減効果のメリットがあるかどうかをご検討ください。

2.借換の目安は?

将来の家計を改善する効果が大きく期待できる借り換えですが、すべての方に効果があるというわけではありません。また、住宅ローンによっては借り換えができないものもあります。まずは、ご自分の住宅ローンが借り換えに適しているかどうか、みずほ銀行の店舗にてご相談ください。

効果的な借換の目安

下記の条件にあてはまる方は、一般的に借り換えの効果があるといわれています。

  • 現在のローンと検討中の新しいローンの金利差が年率1%以上ある
  • ローンの借入残高が1,000万円以上ある
  • 返済期間が10年以上ある
  • *この条件はあくまでも目安です。この条件に該当する場合でも必ずメリットがあるわけではありません。

次に、借換のメリット・デメリットについて考えてみましょう。

お問い合わせ

まずは気軽にネットでAI事前診断

最短1分で借入の可能性が分かる!物件が決まっていなくても、みずほ銀行の口座を持っていなくてもOK!

店舗でのご相談

平日はもちろん、土日やお仕事帰りにもお気軽にお越しください。

来店予約サービス

その他のご相談

インターネット・電話でのご相談等についてはこちらからご確認ください。

ページの先頭へ