ページの先頭です

掲載日:2021年8月6日

住宅ローンの変動金利のメリット・デメリット、向いている人の特徴

PC用アイキャッチ画像 SP用アイキャッチ画像

住宅ローンの利用を検討している方の中には、固定金利と変動金利のどちらにすべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

住宅ローンは返済期間が長い、金額も大きく、選択を誤ると返済計画に支障が生じる可能性があるので両者の違いをよく理解してから選ぶことが重要です。

この記事では、ファイナンシャルプランナーの矢野 翔一さんに住宅ローンの変動金利と固定金利の違い、変動金利のメリット・デメリット、どのような人に向いているのかを解説していただきました。

1. 住宅ローンの変動金利の特徴と固定金利との違い

住宅ローンの金利は、変動金利と固定金利の大きく二種類に分けられます。

両者の違いが分からないまま、何となく金利を選択した場合、返済負担が大きくなり返済計画に支障が生じる可能性もあるので注意が必要です。

そのようなトラブルを未然に防ぎながら住宅ローンを安心して利用するためには、変動金利と固定金利の違いをよく理解してから契約することが大切です。

変動金利とは何なのか、変動金利と固定金利の違いについて詳しく見ていきましょう。

住宅ローンの変動金利とは?

変動金利とは、返済期間中に適用金利が上昇・下落する可能性のある金利タイプです。適用金利が見直されるタイミングは金融機関によって異なりますが、半年に一度見直されるのが一般的です。

変更された金利が返済額に反映されるタイミングは、以下のように返済方式によって異なります。

・元利均等返済:5年ごとに返済額が見直されるケースが多い
・元金均等返済:金利が変更になったタイミングに合わせて返済額が変わる

元利均等返済には、5年ごとに返済額を見直す(5年ルール)、見直しで返済額が増加する場合の一度の上昇幅は125%まで(125%ルール)というルールが設けられています。

しかし、金融機関によっては同じ元利均等返済でも、5年ルールや125%ルールを設けていないケースも見られるため、金融機関ごとの違いをよく確認することが大切です。

元金均等返済では金利が変更になったタイミングで返済額が変わります。5年ルールや125%ルールが適用されないので注意しましょう。

変動金利と固定金利の違い

固定金利とは、返済期間中の適用金利が一定になる金利タイプです。変動金利のように、一定期間で金利が見直されることがありません。

融資実行のタイミングで返済総額や総利息額が確定するため、金利の変動に振り回されずに済むのが変動金利との大きな違いです。

しかし、金利が下がっても変動しないため、恩恵を受けることができません。また、変動金利よりも金利が高く設定されているケースが多いという点にも注意が必要です。

2. 住宅ローンで変動金利を選ぶメリット・デメリット

住宅ローンで変動金利を選ぶメリット・デメリット

変動金利は固定金利よりも金利が低く設定されているケースが多く、変動金利に興味を持っている方も多いと思います。

しかし、「金利が低い」という理由だけで変動金利を選ぶのは危険です。変動金利には、メリットだけでなくデメリットも伴うため、双方をよく理解してから選ぶことが重要です。

変動金利のメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

変動金利のメリット

変動金利は固定金利と比べて借入した当初の金利が低い傾向があります。

特に近年はマイナス金利政策により金融機関が低金利での融資を実行しており、金利が低水準で推移しています。

今後も金利が低水準のまま変わらなかった場合、固定金利を選ぶよりも変動金利を選んだ方が少しでも返済額を抑えられるでしょう。

変動金利のデメリット

変動金利では、金利が下がれば恩恵を受けて返済額を抑えることが可能です。しかし、金利が上がれば返済額が増えるリスクを伴い、家計を圧迫することになるので注意が必要です。

また、住宅ローンは返済期間が長く、返済に支障が生じることがないように長期的な収支計画を立てる必要があります。

しかし、上記のように金利変動により返済額がプラスにもマイナスにも変わる可能性があるため、長期的な収支計画を立てにくいという点にも注意が必要です。

金利変動に備えて貯蓄を作る必要がありますが、どのくらいの貯蓄を作ればいいのかを算出しにくい点も変動金利のデメリットといえるでしょう。

3. 変動金利型の住宅ローンに向いている人の特徴

変動金利型の住宅ローンに向いている人の特徴

変動金利のメリットとデメリットは分かったものの、金利の選択は返済額に大きな影響を与えることなので固定金利にするか変動金利にするか決めきれずにいる方も多いと思います。

金利をどちらにするのかを決めきれないでいる方には、変動金利型の住宅ローンに向いている人の特徴を把握することをおすすめします。

変動金利型の住宅ローンに向いている人の特徴が自分に合っていれば、安心して契約に臨めるでしょう。変動金利型の住宅ローンに向いている人の特徴は以下の3つです。

・借入当初の返済額をできるだけ抑えたい人
・借入期間が短い人
・将来の返済額増加に耐えられる資金力のある人

それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

借入当初の返済額をできるだけ抑えたい人

変動金利と固定金利の金利を比べると、変動金利の金利の方が低く設定されているのが一般的です。

例えば、みずほ銀行の2021年5月1日時点のみずほ銀行ネット住宅ローンの両者の金利(基準金利)は以下の通りです。

変動金利:年0.375%
固定金利:年1.04%

仮に3,000万円を返済期間35年の元利均等返済で契約した場合の返済額は以下の通りです。

変動金利 3,201万6,180円※
固定金利 3,580万2,480円

※シミュレーションの都合上、変動金利は35年間0.375%で推移したと想定

変動金利の返済額の方が380万円程度少なくなっており、固定金利よりも変動金利の方が返済額を抑えられていることが分かります。

そのため、当初の返済額を抑えたい方は変動金利が向いていると言えます。しかし、変動金利の金利が固定金利を上回った場合、最終的な返済額も上回る可能性があるという点に注意しましょう。

借入期間が短い人

借入期間が長ければ長いほど、金利変動が生じるリスクが高まります。そのため、借入期間が短い人は、金利が上昇しても影響を受けにくいため、変動金利型に向いていると言えます。

ただし、借入期間が短い場合でも、5年ごとに返済額を見直す5年ルール、上昇幅を125%までとする125%ルールを設けている金融機関の場合、金利上昇の影響を大きく受ける可能性があるので注意が必要です。

5年ルール、125%ルールを設けている金融機関であれば、一気に返済負担が大きくなることや返済に支障が生じることを心配せずに済むでしょう。

将来の返済額増加に耐えられる資金力のある人

将来的に金利が上がって返済額が増えることになった場合、当初想定していた返済計画を上回るため、返済に支障が生じる可能性があります。

将来的に金利が上がって返済額が増えても返済を継続できる資金力のある人は、返済に支障が生じるリスクが低いため、変動金利に向いていると言えます。

また、金利が上昇しても5年ルールを設けている金融機関であればすぐに毎月の返済額が増えるわけではありません。資金力のある人の場合は、それまでに繰上返済を行うことで返済期間を短縮すれば影響を抑えられるでしょう。

4. 金利だけでなく変動金利の特徴を理解してから契約しよう

変動金利は固定金利よりも金利が低く設定されていることがほとんどなので、変動金利型の住宅ローンの利用を検討している方も多いと思います。

しかし、変動金利は金利が下落した場合に返済額を抑えられるという恩恵を受けられるものの、金利が上昇した場合は返済額が大きくなるという点に注意が必要です。

特に住宅ローンは他のローンとは異なり返済期間が長いため、その間にどのような金利変動が生じるかを予想することはほぼ不可能です。

契約してから「こんなつもりではなかった」と返済計画に支障が生じて返済が困難になることがないように、変動金利の特徴、メリット・デメリット、向いている人などをよく理解してから契約しましょう。

矢野 翔一さんの写真

矢野 翔一(やの しょういち)

2級ファイナンシャルプランニング技能士(AFP)/宅地建物取引士/管理業務主任者の資格を保有し、不動産賃貸業、学習塾の経営に携わりながら自身の経験と保有資格の知識を活かしながら専門家ライターとして金融関係、不動産全般の記事執筆に携わる。

ほかの人が次に読んでいる記事

ページの先頭へ