ページの先頭です

お手続きの流れ

インターネット上でお申し込みが完了

手続き方法は金利方式の切換・一部繰上返済ともに、同じです。

住宅ローンご利用中のお手続きのフロー図。みずほダイレクトにログイン、画面にお申し込み内容を入力、お申し込み完了。お客様のご登録メールアドレスに申込完了のお知らせが届きます。*結果確認画面でもご覧になれます。

  • 同一の約定返済日に対し、金利方式切換・一部繰上返済を同時にお申し込みいただけます。その際、申し込み内容は「一部繰上返済・金利方式切換の同時お申し込み」を選択してください。
  • 申し込みの取り消しは、約定返済日(休日調整後)の前営業日の18時00分までとなります。申し込み取消後は再度お申し込みいただけますが、受付時限を過ぎている場合はお受けできません。
  • 一部繰上返済または金利方式切換と同時にお申し込みいただく場合、一部繰上返済・金利方式切換同時お手続きと同時にお申し込みいただく場合、返済額増額指定サービスは手数料無料でお手続きいただけます。

返済額増額指定サービスについて

条件変更お申し込み(一部繰上返済・金利方式切換)と同時にお申し込みの場合、無料でお手続きいただけます。
返済額増額指定サービスをご利用中の場合も、条件変更をお申し込みいただけますが、当該サービスを解除します。

返済額増額指定サービスについて

みずほダイレクト[インターネットバンキング]をご利用なら

一部繰上返済または金利方式切換と同時のお申し込みの場合、お取引画面上で返済額増額指定サービスが手数料無料でお手続きいただけます。

インターネットバンキングでのお手続きをご希望のお客さま

お申し込みをいただく前にご理解いただきたい内容や、重要事項についてご説明します。

ご用意いただく書類

  1. みずほダイレクト「ご利用カード」
  2. 「返済予定表」または「固定金利適用期限到来」のご案内はがき
    *返済予定照会はみずほダイレクト[インターネットバンキング]でもご利用いただけます。

お手続き前にシミュレーションでご検討

お電話でのお手続きをご希望のお客さま

みずほダイレクト[テレホンバンキング]なら、オペレーターとご相談しながらお手続きいただけます。お気軽にお電話ください。

テレホンバンキングについて

みずほダイレクトで取り扱いできない住宅ローン

下記の場合、みずほダイレクト[インターネット/テレホンバンキング]では申し込みできません。
お取引店の店頭でご相談ください。

  • *下記以外にも、お取引の内容によっては、お取り扱いできない場合もございます。あらかじめご了承ください。

取り扱いできない住宅ローン

  • アパートローンや事業性資金のローンなど、資金使途が住宅性資金以外のローン
  • 住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の住宅ローン(フラット35など)
  • 一部の企業提携住宅ローン(ご勤務先とのご契約により、利子補給制度や給与天引制度がある場合など)
  • 一部の宅建業者提携住宅ローン

その他、取り扱いできない条件

  • 元利金のご返済が遅延している場合
  • すでに、店頭やみずほダイレクトで、金利方式切換や一部繰上返済をお申し込み済みの場合
  • 金利方式切換をご希望で、固定金利適用期間中の場合
  • 金利方式切換をご希望で、元利金返済据置期間中の場合
  • 一部繰上返済をご希望で、元金または元利金返済据置期間中の場合
  • [元利均等返済を選択された方]
    一部繰上返済後の返済(増額月加算返済をご利用の方は均等・増額月加算双方の返済)が一回以上ない場合
  • [元金均等返済を選択された方]
    一部繰上返済後の返済(増額月加算返済をご利用の方は均等・増額月加算双方の返済)が二回以上ない場合
  • *記載の手数料は消費税等を含みます。

(2018年3月17日現在)

ページの先頭へ