ページの先頭です

「みずほのiDeCo」商品ラインアップの追加について

未来の世界/未来の世界(ESG) 追加しました! グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし) 愛称:未来の世界 グローバルESGハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし) 愛称:未来の世界(ESG)

新商品のご案内

海外株式

未来の世界

グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)愛称:未来の世界

選定理由
主な投資対象を日本および新興国を含む世界の株式とし、持続可能な競争優位性を有し、高い成長性が期待される企業の中から割安なものへの厳選投資を通じた個別銘柄選択効果により、中長期的に高い収益の獲得をめざすファンド。
積極的に主要投資対象のリスクをとりつつ投資資金の増加を図る商品として選定(原則として為替ヘッジなし)。

未来の世界(ESG)

グローバルESGハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)愛称:未来の世界(ESG)

選定理由
主な投資対象を日本および新興国を含む世界の株式とし、持続可能な競争優位性を有し、高い成長性が期待され、ESG課題へ積極的に取り組む企業の中から割安なものへの厳選投資を通じた個別銘柄選択効果により、中長期的に高い収益の獲得をめざすファンド。
積極的に主要投資対象のリスクをとりつつ投資資金の増加を図る商品として選定(原則として為替ヘッジなし)。

2020年10月に新規追加した商品

バランス

One国際分散投資戦略ファンド(目標リスク6%/8%)

One国際分散投資戦略ファンド
(目標リスク6%/8%

選定理由(目標リスク6%)
主な投資対象を世界(日本を含む)の株価指数先物取引、債券先物取引、商品先物取引、スワップ取引、指数に連動する投資成果をめざす上場している投資信託証券(ETF)および為替予約取引等とし、投資環境に応じて資産配分比率を変更することにより、基準価額の変動リスクを年率6%程度に抑えながら中長期的に安定的な収益をめざすファンド。主要投資対象のリスクをとりつつ投資資金の増加を図る商品として選定。外貨建資産には、投資環境に応じて弾力的に為替ヘッジを行うことがある。(市場が大きく変動した場合には、目標リスク水準を上回る可能性がある。)
選定理由(目標リスク8%)
主な投資対象を世界(日本を含む)の株価指数先物取引、債券先物取引、商品先物取引、スワップ取引、指数に連動する投資成果をめざす上場している投資信託証券(ETF)および為替予約取引等とし、投資環境に応じて資産配分比率を変更することにより、基準価額の変動リスクを年率8%程度に抑えながら中長期的に安定的な収益をめざすファンド。主要投資対象のリスクをとりつつ投資資金の増加を図る商品として選定。外貨建資産には、投資環境に応じて弾力的に為替ヘッジを行うことがある。(市場が大きく変動した場合には、目標リスク水準を上回る可能性がある。)

投資のソムリエ(ターゲットイヤー2035/2040/2045/2050/2055/2060))

投資のソムリエ(ターゲットイヤー
2035/2040/2045/2050/2055/2060

選定理由
主な投資対象を国内外の債券・株式・リートおよび新興国の債券・株式とし、投資環境の変化に応じてそれぞれの配分比率を適宜変更することにより、基準価額の変動リスクを一定水準に抑えつつ、運用期間の経過とともに目標変動リスクを徐々に低減させるターゲット・イヤー型運用を行うファンド。投資環境の変化と運用期間の経過に応じたリスクコントロールを行いつつ、安定的な収益の確保をめざすライフサイクルファンドとして選定。外貨建資産には、投資環境に応じて弾力的に為替ヘッジを行うことがある。

国内株式

MHAM日本成長株ファンド<DC年金>

MHAM日本成長株ファンド<DC年金>

選定理由
主な投資対象を国内の株式とし、競争力の優位性と利益の成長性を重視したボトムアップアプローチに基づく個別銘柄選定を通じて、信託財産の成長を図ることを目標として運用するファンド。参考指数はTOPIX(東証株価指数)。積極的に国内株式のリスクをとりつつ投資資金の増加を図る商品として選定。

One高配当利回り厳選ジャパン

One高配当利回り厳選ジャパン

選定理由
主な投資対象を国内の株式とし、配当利回りが高く、長期にわたり配当可能な企業に厳選投資することで、投資信託財産の成長をめざすファンド。積極的に国内株式のリスクをとりつつ投資資金の増加を図る商品として選定。

海外株式

たわらノーロード新興国株式

たわらノーロード新興国株式

選定理由
主な投資対象を新興国の株式とし、ベンチマークであるMSCIエマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース、配当込み、為替ヘッジなし)に連動する投資成果をめざすファンド。海外株式のリスクをとりつつ投資資金の増加を図る商品として選定(原則として為替ヘッジなし)。

OneグローバルESG厳選株ファンド<DC年金>

OneグローバルESG厳選株ファンド<DC年金>

選定理由
主な投資対象を日本を含む世界の株式とし、ESG課題へ積極的に取り組む企業への厳選投資を通じた個別銘柄選択効果により、中長期的に高い収益の獲得をめざすファンド。積極的に主要投資対象のリスクをとりつつ投資資金の増加を図る商品として選定(原則として為替ヘッジなし)。

Oneグローバル中小型長期成長株ファンド<DC年金>

Oneグローバル中小型長期成長株ファンド<DC年金>

選定理由
主な投資対象を日本を含む世界の中小型株式とし、外部環境の変化に高い耐性を持ち、自助努力による長期的な成長を続けることが期待できる“ハイクオリティ”企業に長期投資を行うことで、投資信託財産の中長期的成長をめざすファンド。ファンドのベンチマークは設定していない。積極的に海外株式のリスクをとりつつ投資資金の増加を図る商品として選定(原則として為替ヘッジなし)。

もっと、ずっと選ばれるサービスをめざして

地球儀の写真

従来、「みずほのiDeCo」の商品ラインアップは、コストが安いこと、内容が分かりやすいことを重視してパッシブファンド(投資対象の平均的な値動きと同様の運用成果をめざすファンド)を中心にそろえておりましたが、より積極的に収益を追求しながら資産形成したいというお客さまのニーズにもお応えできるよう、アクティブファンド(投資対象の平均的な値動きを上回る運用成果をめざすファンド)のお取扱を拡大しました。
また、老後資金準備というiDeCoの制度趣旨に合致する商品として、あらかじめ目標とする年(ターゲット・イヤー)を決めて、その年に向けて積極運用から徐々に安定運用に切り替えていくターゲット・イヤー型のファンドも仲間入りしています。
運用初心者の方だけでなく経験豊富なお客さまにも選んでいただけるように、運用初心者の方が経験者になっても選び続けていただけるように、幅広いごニーズにお応えできる商品ラインアップをめざしています。

お問い合わせ

iDeCoに関する詳しい内容のご照会、ご相談は

  • みずほ銀行 確定拠出年金コールセンター
    0120–867–401
    フリーダイヤルをご利用いただけない場合[通話料有料] 045–949–6250
  • みずほ銀行 確定拠出年金コールセンター
    0120–867–401
    フリーダイヤルをご利用いただけない場合[通話料有料] 045–949–6250
  • <オペレーターサービス利用時間帯>
    平日 9時00分~21時00分
    土・日曜日、祝日・振替休日 9時00分~17時00分
    (12月31日~1月3日、ゴールデンウィークの一部の日およびメンテナンスの日はご利用いただけません)
    委託運営先 確定拠出年金サービス株式会社

iDeCo:イデコ(個人型確定拠出年金)お申込に関するご留意事項

  • 原則、60歳まで途中のお引出、脱退はできません。
  • 運用商品はご自身で選択します。運用の結果によっては損失が生じる可能性があります。
  • 加入から受取が終了するまでの間、所定の手数料がかかります。
  • 60歳時点で通算加入者等期間が10年に満たない場合、段階的に最高65歳まで受取を開始できる年齢が遅くなります。
  • 運用商品の配分指定をされなかった場合、毎月の掛金や移換される資産は、所定の期間経過後、全額「投資のソムリエ(ターゲット・イヤー)」で運用されます。
    *インターネットやコールセンターで運用商品の見直しが可能です。
  • 積み立てられた商品の売買には、所定の日数がかかります(通常3~8営業日かかります)。
  • 退職などに伴い企業型確定拠出年金の加入資格を喪失した方は、6ヵ月以内にお手続きください。

このウェブサイトは、金融ソリューションに関する情報提供を目的として作成されたものです。記載内容は、みずほ銀行が信頼できると判断した各種データに基づき作成されておりますが、その正確性、確実性を保証するものではありません。本資料は発行時点の法令に基づいて作成しております。今後の法令等の改正および商品内容の見直しにより変更になる可能性がありますのでご留意ください。(2021年3月1日現在)

ページの先頭へ